平成31年度 人材支援アドバイザー募集

公告日: 2019年 3月 7日 受付期間締切日: 2019年 3月 20日

中小機構 人材支援部では「人材支援アドバイザー」を募集します。

下記募集要項を必ず確認の上、ご応募ください。

募集要項 (193KB)

募集概要

専門家の名称

人材支援アドバイザー

業務内容

  1. 研修事業に係る研修の企画、運営、教材の作成
  2. 研修事業における研修生の相談等に関する助言
  3. 研修事業に係る調査、資料作成
  4. 研修事業に係る協力先の発掘、調査
  5. 上記1.~4.に準ずる補助的業務
  6. 上記1.~5.に関連する業務

上記に関連して、次の2種の業務に分類して募集します。

A.研修開発業務

主として、上記1.~4.に関連した業務

B.研修支援業務

  • ア)研修事業のためのデータベースの定期的な運用管理業務
  • イ)研修事業のためのデータベースの軽微なデータ加工・集計、不具合の改修等を行う業務
  • ウ)Webを活用した研修事業のためのシステム及びネットワークの運用に係るサポート業webを活用した研修事業のためのシステム及びネットワークの運用に係るサポート業務
  • エ)データベースに係る調査、資料作成を行う業務
  • 各業務は、あくまで主たる業務であり、2種のうちの他の業務を依頼する場合もあります。

募集人数

いずれの業務も若干名

契約形態

業務委託契約

資格・要件

  1. 企業支援・実務の経験を有する等の経歴を有し経営的な視点から中小企業を支援する能力を十分に有する方、国の制度に基づく資格を有する方(公認会計士、税理士、技術士、情報処理技術者、中小企業診断士等)、または大学の教授、准教授、講師等
  2. A、Bの業務ごとに、必要な知識、経験等の要件を有する方

    A.研修開発業務

    次のいずれかの知識、経験等を有する方

    • ア)研修講師や企画・ケース開発に知見と関心を持ち、意欲的に提案や改善を行いながら前向きに取り組むことができる方
    • イ)営業や金融知識、経営改善、IT、販路開拓、ものづくりなど一つ以上の分野に対して高い専門性を有し、かつ意欲的に新たな分野にも取り組むことができる方
    • ウ)ビジネス・スクール等でのケースメソッドやケーススタディなどの講義に関する知見を有する方

    B.研修支援業務

    次のいずれかの知識、経験等を有する方

    • ア)情報処理に関する大学の学科等を卒業又は同等の知識・技術を有している方
    • イ)情報処理(データベース(リレーショナルデータベース)、システム、機器、セキュリティ、教育等)の経験と知識・技術を有している方
    • ウ)統計処理に関する業務経験を有している方
  3. 平成31年4月1日時点において70歳未満の方
  4. パソコン等のOA機器取扱いの経験(電子メール、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointについて使用)を有する方
  5. 健康状態が良好である方

応募書類

1)履歴書

以下の中小機構指定様式をダウンロードしてご記入ください。(写真貼付)
履歴書(指定様式) (56KB)

  • A.研修開発業務、B.研修支援業務のいずれか一つのみ、希望する業務を選択してください。

2)返信用封筒

定型、返信先明記。返信用切手(82円)を貼付。

  • 封筒には赤字で「人材支援アドバイザー 応募書類在中」とご明記ください。
    応募は郵送のみとさせていただきます。メールでのご応募は受付いたしかねますので、ご了承ください。

応募締切

平成31年3月20日(水曜)17時必着 ※郵送のみ

お問い合わせ

人材支援部 人材支援業務課
担当:分部(ワケベ)岩井(イワイ)
Tel: 03-5470-1642