メニューをスキップしてコンテンツへ
ホーム >  開催報告

開催報告

中小機構は、2014年11月20~22日の3日間、東京ビッグサイトで開かれた「オーガニックEXPO2014」内で、NIPPON MONO ICHIを開催しました。

開催概要

NIPPON MONO ICHI(オーガニックEXPO内中小機構ブース) 開催概要

◆開催日: 2014年11月20日~22日

◆開催地: 東京ビッグサイト東4ホール オーガニックEXPO内

◆出展者: 新連携・地域資源活用・農商工連携事業計画の認定事業者9社

◆主催者: 中小企業基盤整備機構

 

オーガニックEXPO2014 開催概要

◆出展者: 14カ国から297社・団体

◆主催者: オーガニックEXPO実行委員会、株式会社スペースメディアジャパン

◆来場者: 1万8000人以上

※オーガニックEXPOは、世界6都市で開かれる有機製品専門の展示会「BIOFach」の日本版です。

出展者の様子とコメント

ニッポン・モノ・イチ(オーガニックEXPO内)の当日の様子

丸安ニット(名古屋市西区)

 ニッポン・モノ・イチに出展した丸安ニット(名古屋市西区)は、日本古来の和紙を糸に使った靴下、ネクタイ、ストールなどを出品した。和紙糸を使用することで吸放湿に優れ、抗菌・消臭のほか、紫外線を吸収する効果も持ち、「3000回洗っても大丈夫」(伊藤安則代表取締役)という。昨年からインターネットや百貨店などで販売を始めたが、「染色業などの方と具体的な協業の商談もでき、非常に濃い内容だった」と話した。

 

木の里工房 木薫(もっくん)(岡山県西粟倉村)

 ヒノキや杉などの間伐材を使った家具や遊具などを出展した木の里工房 木薫(もっくん)(岡山県西粟倉村)はオーガニックEXPOに初出展した。西粟倉村の100年構想に沿って間伐によって森林を保護・育成するために、同社は「林業と家具製造を行っている」(江見寿也氏)という。「無垢素材の温か味と香りなどが特徴で、来場者の評価も上々」と喜んでいる。

 

石垣島商店(東京都渋谷区)

 沖縄県石垣島の商品を集め、今年9月に東京・代官山に食材や雑貨などのアンテナショップをオープンした石垣島商店は、地元の3法事業認定事業者などの商品を出展した。アンテナショップに続きさらなるPRを狙っている。マネージャーの北村隆之氏は「バイヤーから扱いたいなどという声もいただき、うれしい誤算」としたうえで、「石垣島の発展を目指して、これからもいろいろなイベントに出展したい」と意気込んでいる。

本件に関するお問い合せ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
経営支援部 連携事業支援課
所在地:東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル5階
電話:03-5470-1524(ダイヤルイン)

ページのトップへ