メニューをスキップしてコンテンツへ
ホーム >  前回の開催概要 >  前回開催報告

前回開催報告

会場の様子

中小機構は、10月15~17日に大阪・大阪国際会議場で開催の『LIVING&DESIGN2014(住まいと暮らしのリノベーション)』内に「NIPPON MONO ICHI(ニッポン・モノ・イチ)」コーナーを設け、地域資源活用、農商工連携事業など新たに開発された商品の販路開拓・拡大を推進するため、事業認定を受けた6社の出展を支援しました。

『LIVING & DESIGN』とは

インテリア、住空間のリノベーションを提案する国際見本市で、122社(海外25社)が出展。
世界で活躍するクリエイター、デザイナーによる企画や空間プロデュース、業界を超えた企業とのコラボレーションにより、新たなビジネスの可能性を発信。
住宅関連メーカー、資材商社、デザイナーなど約7000人の専門家らが来場。

出展者の声

不快害虫の誘引や侵入を防ぎ快適な生活ができる照明を提案しています。マンションなど集合住宅関連からの引き合いが多く、うれしい悲鳴をあげている最中。今後の展開など中小機構からアドバイスをもらい積極展開したい。

株式会社ホト・アグリ(静岡県浜松市)          

カッターで簡単に切ることができ、カラーバリエーションと組み合わせは無限大です。今回の出展はデザイナーへのアピールとともに建材ルートなど販路開拓を目指しています。

株式会社グッドグラス(長野県松本市)          

実用的で沖縄のイメージをデザインした皿やグラスを製造販売しています。上質な琉球モダンの良さを知ってもらいたい。

株式会社グラスアート藍(沖縄県名護市)          

出展支援をサポートしたプロジェクトマネージャー  山本 聖

今回は、技術力にこだわりを持つ6社が集まりました。さらにデザイナーが共感するセンスもあります。来場者の訪問数が多く、確実な手ごたえを感じています。

本件に関するお問い合せ

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
経営支援部 経営支援課
住所:東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル5階
電話:03-5470-1524(ダイヤルイン)

ページのトップへ