トップページ > 産業用地・施設 > 田川工業用水道

田川工業用水道事業の概要等

 

※田川工業用水道事業は、平成26年4月1日より福岡県に移管いたしました。

【田川工業用水道事業の概要】

1.建設工期:昭和43年4月〜昭和51年3月
2.給水区域:福岡県田川市(白鳥団地及び周辺地域)
                 福岡県田川郡川崎町
                  (岩鼻団地、第2岩鼻団地、東田原団地、三井号四郎団地及び周辺地域)
3.水源及び給水能力:水源(陣屋ダム、遠賀川水系中元寺川表流水)、給水能力=10,000立方メートル/日
4.給水開始時期:昭和52年4月

 

 

【田川工業用水道事業の経緯】

昭和41年12月 旧地域振興整備公団(産炭地域振興事業団)が田川工業用水道事業を採択
昭和43年 5月 福岡県の中元寺川総合開発事業(陣屋ダム)の共同施行に参加
昭和44年12月 旧公団、福岡県、田川市、川崎町で陣屋ダム建設に関する基本協定書締結
昭和46年 8月 工業用水道事業法に基づく事業認可(通商産業大臣)
昭和51年 3月 陣屋ダム完成
昭和51年12月 河川法に基づく水利使用(中元寺川)の許可(建設大臣)
昭和52年 3月 工業用水道事業法に基づく供給規程の変更認可(通商産業大臣)
昭和52年 4月 工業用水道事業法に基づく給水開始の届出(通商産業大臣)
昭和52年 4月 田川工業用水道給水開始
昭和57年 4月 第1回給水料金の改定(18円/立方メートル → 25円/立方メートル)
平成 3年 3月 田川貯水タンク(白鳥貯水池)完成
平成 3年 4月 第2回給水料金の改定(25円/立方メートル → 48円/立方メートル)
平成23年 3月 工業用水道事業法に基づく事業認可の変更(経済産業大臣)
平成24年 2月 工業用水道事業法に基づく供給規定変更の認可(経済産業大臣)
平成24年 2月 第2岩鼻配水池完成
平成24年 3月 川崎町配水管延伸工事完成

平成26年 4月

福岡県に移管