経営セーフティ共済

経営セーフティ共済内検索

掛金の掛止め/払込み再開

掛止めをする(掛金の払込みを止める)際や、払込みを再開する際の手続き方法です。

STEP1

必要書類を入手

書類について

STEP2

書類へ記入

所定の書類に必要事項をご記入ください。

STEP3

窓口へ提出

登録取扱機関の団体または金融機関の窓口に書類を提出してください。

STEP4

引き落としの停止、または再開

5日(土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日)までに中小機構に書類が届けば、同月に引き落としを停止、または再開します。

6日以降に中小機構に書類が届いた場合は、翌月から引き落としを停止、または再開します。

払込み再開の場合は、手続き完了後、中小機構から『掛金請求再開のお知らせ』を送付します。

必要書類

掛止めをする場合と、払込みを再開する場合で、ご用意いただく書類は異なります。

掛止めをする場合

<中小機構の様式書類>

掛金納付掛止届出書(様式 中 211) 

掛金納付掛止届出書【様式・記入例】(145KB)

払込みを再開する場合

<中小機構の様式書類>

掛金納付再開始届出書(様式 中 213)

掛金納付再開始届出書【様式・記入例】(134KB)

掛金預金口座振替申出書(変更用)(様式 中 105)

1年以上掛止めをしている場合には、この書類も提出してください。

  • 掛止めは、掛金総額が掛金月額の40倍に達している場合に可能です。
  • 掛金総額が上限の800万円に達した場合は、引き落としを自動的に停止し、中小機構から『掛金積立て限度のお知らせ』を送付します。