小規模企業共済

小規模企業共済内検索

掛金について

掛金月額

掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で自由に選択できます。

納付方法

毎月の掛金は、個人の預金口座からの振替による払込みとなります。振替日は、毎月18日(18日が休日の場合は翌営業日)です。
掛金の納付方法は、月払い、半年払い、年払いから選択できます。

加入後の掛金の納付例

初回の掛金から口座振替で納付する場合と、申込時に現金での納付をする場合について納付のタイミングと納付額を示した例です。

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金から口座振替でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

初回の掛金を現金でお支払いになる場合の納付例

増額・減額

掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で、増額または減額できます。

掛金の前納

掛金は前納できます。前納すると、一定割合の前納減額金を受け取ることができます。

税法上の取扱い

掛金は税法上、全額を小規模企業共済等掛金控除として、課税対象となる所得から控除できます。また、1年以内の前納掛金も同様に控除できます。なお、掛金は、共済契約者ご自身の収入の中から払い込んでいただきますので、事業上の損金または必要経費には算入できません。

掛金の全額所得控除による節税額一覧表

「課税される所得金額」とは、その年分の総所得金額から、基礎控除、扶養控除、社会保険料控除等を控除した後の額で、課税の対象となる額をいいます。

税額は平成29年4月1日現在の税率に基づき、所得税は復興特別所得税を含めて計算しています。住民税均等割については、5,000 円としています。

節税額の計算については「加入シミュレーション」をご利用ください。

「加入シミュレーション」ページ