トップページ > セミナー&イベント > 『小さな会社がアメリカでビジネスチャンスをつかむ!!』パネルディスカッション&セミナー

『小さな会社がアメリカでビジネスチャンスをつかむ!!』パネルディスカッション&セミナー

  • 定員に達したため、参加募集を締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

    先進国の中でも高い成長率を維持し、個人消費も好調なアメリカは、日本の中小企業・小規模事業者にとっても、大きなビジネスチャンスが存在します。
    本セミナーでは、アメリカで成功するために準備すべきこと、必要な戦略(輸出・投資・WEB)、トランプ新大統領の政策にどう対応していくべきかといった気になる点を、ニューヨークで活躍する講師陣より解説していただきます。
    パネルディスカッションでは、質問を参加者の皆様から事前に広く募集し、講師陣がとっておきのノウハウとともにお答えします。

  • パネルディスカッション&セミナー概要

    日時

    2017年3月28日(火曜) 14時00分〜16時30分  (開場13時30分)
     

    会場

    中小機構近畿 セミナールーム
    (大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング27階)
     

    プログラム

    1.開会挨拶

    2.米国で小売ビジネスをする上で押さえておくべきこと

    内藤 博久 氏 〈Moses & Singer LLP ニューヨーク州弁護士〉
    ニューヨークの大手法律事務所で長年にわたり、多くの日系企業の顧問弁護士を務め、数々の難題解決に尽力。中小機構の国際化支援アドバイザーも兼任。

    3.ニューヨークの店舗立ち上げ時に苦労したこと

    貞末 奈名子 氏 〈メーカーズシャツ鎌倉(株) 常務取締役 /Kamakura Shirts New York  Vice President〉
    1998年メーカーズシャツ鎌倉に入社。ニューヨーク店の立ち上げを指揮し、2年目で黒字化を達成。WEB立ち上げ、業務システム構築、店舗物件交渉にも携わる。

    メーカーズシャツ鎌倉(株): 1993年創業。高品質かつ国内生産でありながら、値ごろ感のある均一価格で「鎌倉シャツ」を販売し、日本全国で25店舗を展開。2012年ニューヨークに海外初出店し、現在は2店舗まで拡大。客層の8割は米国人が占める人気店に。

    4.パネルディスカッション

    内藤 博久 氏、貞末 奈名子 氏、小川 陽子 中小機構アドバイザー

    参加者の皆様からの質問に、パネリストがとっておきのノウハウとともにお答えします。
    ご質問は、参加申込時に申込用紙にご記載ください。
    (※時間の都合により全ての質問には答えられない場合がありますので、あらかじめご了承ください)
     

    主催

    主催:中小機構近畿

    後援(予定):近畿経済産業局、在大阪・神戸米国総領事館商務部、ジェトロ大阪、JICA関西
     

  • 参加申込みにおける個人情報の保護について

    中小機構近畿では「個人情報保護法」に基づき、個人情報の適切な管理に努めてまいります。
    皆様から頂戴しました参加申込書に記載されている内容をもとに、今後お客様に有益と思われる事業など当機構内で実施する事業のご案内を郵便、電子メール、FAX等でお送りさせていただくことがあります。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合せ先

国際化支援課(担当:河野、堀)

電話:06-6264-8624
Fax:06-6264-8614