トップページ > 経営支援・相談 > 小さな卓越企業 発掘&育成プログラム

小さな卓越企業 発掘&育成プログラム

  • 金融機関の皆様へ

    小さな卓越企業 発掘&育成プログラムとは?

    中小機構 近畿では、近畿経済産業局及び近畿財務局と連携し、金融機関の目利き力を支援・活用し、成長期待可能性のある中小企業を支援する取り組みとして「小さな卓越企業発掘&育成プログラム」を、平成26年度より実施しています。

    1.金融機関の皆様には、目利き力、経営支援力の更なる向上を目指し、

    2.ご紹介頂いた企業の成長を様々な角度からサポートする 

    という2方面の支援を行うプログラムです。

    特に金融機関職員の皆様には、中小機構 近畿が行う『支援の現場』に同行いただくことで、経営課題の把握・整理や支援提案手法の習得、及び中小企業の技術に着目した目利き力のさらなる向上等につながり、金融機関の経営支援力の強化の一助という位置づけも担います。

  • プログラム内容

    1:金融機関向け説明会
      当プログラムの内容及び過去の取り組み内容について説明します
     
    2:企業の紹介&訪問アドバイス
      ご紹介頂いた企業へ中小機構 近畿の専門家と共にお伺いし、『支援の現場』を学んで頂きます。(ご紹介企業からのご相談に応じ、各種アドバイスをさせて頂きます)

    3:金融機関向け出前講習会
      ご要望に応じて出前講習会をさせて頂きます

  •  「2.企業の紹介&訪問アドバイス」について

    金融機関より中小機構宛てに企業のご紹介

    金融機関本部にて打ち合わせ

    企業への訪問・打診

    ・中小機構 近畿のサポート支援 = 専門家派遣制度の活用・提案ほか

    ・近畿経済産業局のサポート支援 = 施策の活用提案ほか

     

    ■ご紹介頂く企業のイメージ

    1.優れた技術・製品・サービスを有するものづくり企業及びサービス業であり、国内外の新市場開拓に意欲的である(含、成長分野の新規事業)                                                           尚、サービス業については生産性向上・原価管理・経営計画等経営課題に取り組んでいる企業

    2.経営者が開発に対して積極的である

    3.財務面で大きな問題が見られない

    4.これまで公的支援機関の手が届いていない

    5.専門家派遣制度等を活用される場合、社内プロジェクトチームの組成が可能である

    ・発掘企業ご紹介シートはこちら (Wordファイル:65.5KB)

  • 本プログラムをご活用いただいている金融機関職員、企業経営者のお声

     

    ●金融機関からの声(訪問アドバイスを通じて)

    ・今後、地域密着型で企業支援することを本業とし、その本業から生じる資金需要に新規融資を行うことにより、本業支援・金融支援の連携の実を上げることが課題と感じています。

    ・同行した経験豊富な専門家による製品使用時の注意書きにおけるポイント、実用新案の問題点等が、非常に参考になりました。

    ・今回、企業様を推薦させて頂いて中小機構の業務内容や企業様が真に望んでおられるサポートがより具体的に理解出来たと思います。今後とも、様々な面での企業様のサポートをお願い致します。

     
    ●経営者からの声(訪問アドバイスを通じて)

    ・自社のみの改善取組はしたくても出来なかった。今回、専門家派遣制度のアドバイザーにより、考え方や進め方を学ぶことが出来ています。ありがとう。

    ・これまで相談相手がいなかったので、私(社長)の経営課題を聞いてもらえ、課題を整理してもらえたことに感謝します。

    ・金融機関の方にも当社がどんなものを作っているのか?どんな取組をしているのかを今回、初めて理解してもらえたと思う。今後、金融機関の方には、当社のことを理解した上で様々なサポートをしてもらえると嬉しい。


     

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

ご興味をお持ち頂いた方はお気軽にお問合せください

お問い合わせ先:

(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部
経営支援部 経営支援課 担当:山崎・能登・宮腰・稲田  
電話:06-6264-8613