中小機構について >  プレスリリース >  中小機構四国 >  地域を代表する経営者グループが、地域のファン創りに挑む 消費者にとって地域が身近になる、新たなブランドを創る事業がスタート

地域を代表する経営者グループが、地域のファン創りに挑む 消費者にとって地域が身近になる、新たなブランドを創る事業がスタート

独立行政法人中小企業基盤整備機構四国本部
平成28年8月3日

 

─8月5日(金曜)、松山大学と連携して開催─

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構四国本部(略称:「中小機構四国」、本部長:高山 千佳歳)は、このたび、松山大学等と連携し、四国サイコーダイガク(※)の新たな事業となる「四国自分ごとプロジェクト」を開講します。

 当プロジェクトは、四国内の経営者グループとブランディングの専門家が中小機構として初の試みとなる「消費者のライフスタイル」を起点とするブランド創りに取り組む事業です。今回は、首都圏のブランドプランナー等による研修や現場での支援を通じて、地域の「コト」で消費者の生活を豊かにする、といった視点で新しい地域ブランドを創ると同時に、地域のブランドを創出できる経営者の育成も目指しています。

 8月5日の開講式では「売るための最強の仕掛け、ブランディング」と題し、これまで多くの地域や企業のブランド化を支援してきた、株式会社ネイキッド・コミュニケーションズの吉田透氏にブランドコンセプトの創り方やブランディングの流れをお話しいただきます。

開講式概要

  • 日時:8月5日(金曜)13時30分〜17時30分
  • 会場:愛媛大学 総合教育棟1 305講義室(愛媛県松山市道後樋又10-13)

四国サイコーダイガクは、農林水産物や観光資源など数多くの素晴らしい地域資源が存在する四国の魅力を広く伝えていくため、四国をもう一度考え(再考)、四国をもう一度元気にし(再興)、四国を最も素晴らしい場所にする(最高)という想いを込めて、中小機構四国が平成21年5月に創設したものです(学校教育法上で定められた正規の大学ではありません)。

発表資料

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構 四国本部
経営支援部 人材支援課(担当:芳谷、秋庭)
住所:香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワータワー棟7階
電話:087-823-3220(ダイヤルイン)

中小機構関連ページ