中小機構について >  プレスリリース >  中小機構近畿 >  「平成28年度 観光商談会in京都」を開催します

「平成28年度 観光商談会in京都」を開催します

平成28年11月11日

 

─地元発信の着地型観光商品で個人旅行客を獲得─

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部(略称「中小機構近畿」、所在地:大阪市、本部長:中島 龍三郎)は、インバウンド需要や国内観光による“観光ビジネス”を促進するために、魅力ある西日本各地の観光資源を活かし、個性とアイデアに溢れた取り組みを行う中小企業者と、総合旅行会社、ツアーオペレーター等バイヤーとの観光商談マッチングを京都で開催します。

 当観光商談会は、通算8回目(8年目)の開催であり、中小機構近畿では継続的に観光ビジネスの支援に取り組んでいます。“観光”が今後の地域経済を牽引する成長分野として飛躍する一助となることを期待しています。

本商談会の特長

バイヤーは、総合旅行会社・ツアーオペレーター・観光メディアの専門家等を招へい

  • バイヤー側には、訪日旅行および国内旅行を扱う総合旅行会社やツアーオペレーター等のバイヤー、並びに観光情報を発信する専門家等を招へいして直接商談。また、行政機関として近畿運輸局も参加。

セラーは、近畿エリアを中心に北陸〜九州の西日本各地から参加し、広域な観光商品を提案

  • セラーは、自社の観光商品だけでなく地域全体をバイヤーに売り込むべく面的に商品をアピール。
  • 国から地域資源活用事業計画(観光分野)の認定を受けた近畿管内の中小企業者を中心に北陸・中国・九州地域など西日本各地から広域な着地型観光商品を提案。

プログラムは、個別商談の他にも、セラー側のPRタイムや、座談会形式の交流会あり

  • 当日は1社あたり最大7商談のマッチング機会を設けます。
  • 商談に先立ち、セラーは地元地域と自社の観光商品の魅力を全バイヤーにアピールします。
  • 昼食時間を利用してバイヤー・セラー・支援者全員による座談会形式の交流会を行います。

観光商談会 in 京都 の概要

1.開催日:

平成28年11月24日(木曜) 10時30分〜17時00分

2.場所:

京都烏丸コンベンションホール
(京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634)

3.内容:

セラー企業によるPRスピーチ(30分)
個別商談会(1商談あたり20分、1社あたり最大7商談)
観光座談会(60分)

4.主催:

中小機構近畿

5.参加者:

<バイヤー>総合旅行会社、ツアーオペレーター、観光メディア等 15社
<セラー>西日本の観光サービス事業者等 15社

昨年の商談風景

昨年の商談風景

 

京都烏丸コンベンションホール

京都烏丸コンベンションホール

 

【別紙資料】

発表資料

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 近畿本部 (略称:中小機構近畿)
経営支援部 連携推進課  担当:立川・豊田
住所:大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング27階
電話:06-6264-8619(ダイヤルイン)