中小機構について >  プレスリリース >  本部 >  平成28年度プレスリリース >  中小企業のIoT分野の新事業創出を推進

中小企業のIoT分野の新事業創出を推進

平成29年2月17日

 

−「J-GoodTech(ジェグテック)」でIoT分野のビジネスマッチングを展開−

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(所在地:東京都港区、理事長:高田 坦史、以下「中小機構」)は、臼田総合研究所株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 研究所所長:臼田 裕、以下「臼田総研」)並びにソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と連携して、中小企業のIoT分野での事業活性化に向けた取り組みを新たに進めることといたしました。

 

 IoT環境の充実と市場拡大が見込まれる中、中小企業のIoT市場参入と活用促進は、政府の「日本再興戦略2016」においても、わが国産業発展のための重要施策に位置づけられています。この度の連携は、中小機構が運営する中小企業と国内外企業のマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」(https://jgoodtech.jp(新規ウィンドウ表示))において実現した、ソフトバンクと臼田総研*のIoT分野におけるマッチングを契機として、三者の協力のもと中小企業のIoT分野への新規参入やIoT活用を後押しすることを目的としています。

 

 具体的には、国内の中小企業4000社以上が登録するジェグテックを活用し、IoT関連の製品開発や生産現場における中小企業のIoTの活用について情報発信や情報交換を行い、IoT市場への新規参入やIoT活用により生産効率向上を目指す中小企業を支援してまいります。その最初の試みとして、臼田総研及びソフトバンクが連携して開発する製品・サービスなどについて情報発信を行い、ジェグテックに登録する中小企業が新たな製品開発へ参画することやIoT活用について意欲や認知を高める機会を提供していきます。

 

* ジェグテック登録企業である臼田総研は、ジャイロ(角速度)、加速度、気圧、温度など世界最高の17軸のセンサーを搭載したチップを開発、製造しており、同社の製品は生産現場の故障予知や遠隔稼働監視、マーケティング活動などの様々な活用が今後期待されています。

 

(参考)J-GoodTechの概要
 ジェグテックは、優れた技術、製品、サービス等を有する日本の中小企業を、国内大手企業や海外企業につなぐマッチングサイトです。ウェブ上での情報発信、情報交換に加え、商談会等の開催や専門家による仲介サポートも実施することで効率的・効果的なマッチングを実現し、新たな取引や技術提携・販売提携などにつなげていきます。

 

発表資料

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構 販路支援部(担当者:樋口、湯田)
東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル 電話:03-5470-1824(ダイヤルイン)

中小機構関連ページ