中小機構について >  プレスリリース >  本部・中小機構関東 >  平成27年度プレスリリース >  中小企業成長支援ファンド「オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」に15億円の出資を行う組合契約を締結

中小企業成長支援ファンド「オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」に15億円の出資を行う組合契約を締結

平成27年8月25日

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)は、新事業開拓促進出資事業(ファンド出資事業)において、「株式会社オプトベンチャーズ」を無限責任組合員とする投資事業有限責任組合に対し、中小機構出資分として15億円を出資することで合意し、組合契約を締結しました。
 本組合の契約締結により中小機構出資分を含め総額41億円のファンド規模となります。

 『オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合』(以下、「本組合」)は、日本の社会問題解決に資するインターネットによる次世代技術を考案、開発するベンチャー企業を主たる投資対象とし、ハンズオン支援を通じて企業価値の向上を目指すファンドです。

 中小機構では、本組合への出資を通じて、リスクマネー提供によるベンチャー企業、中小企業の成長が後押しされ、国内産業の活性化につながるものと考えております。

 引き続き中小機構では、全国9ヵ所の地域本部等が有する支援ツール等を最大限に活用しながら、中小企業を支援して参ります。

 

(制度の内容及び実績について)

「オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」の概要

  • 「オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」は、株式会社オプトベンチャーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:野内 敦)を無限責任組合員とするファンドです。
  • 株式会社オプトベンチャーズは、インターネット・マーケティング事業の大手、株式会社オプトホールディング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:鉢嶺 登)の100%子会社です。 本組合は「インターネット技術で日本の社会問題を解決する」ことをテーマとして掲げ、主にアーリー、ミドルのステージのベンチャー企業に対してハンズオン型の投資を実施していきます。

【スキーム図】

スキーム図

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ファンド事業部ファンド事業課(古田、坂本)
住所:〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話:03-5470-1673(ダイヤルイン)
ホームページ:http://www.smrj.go.jp/fund/index.html

中小機構関連ページ