中小機構について >  プレスリリース >  本部・中小機構関東 >  「Japan Venture Awards 2017」募集開始

「Japan Venture Awards 2017」募集開始

平成28年8月22日

 

─求む!次なる日本のリーダーとなる起業家たち。─
(募集期間:平成28年8月24日(水曜)〜10月6日(木曜))

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:高田坦史、所在地:東京都港区)は、起業家の登竜門として、革新的かつ潜在成長力の高い事業や、地域の活性化に資する事業を行う、志の高い起業家を表彰する「Japan Venture Awards 2017」(略称:JVA2017)の応募者を、平成28年8月24日(水曜)より募集いたします。革新性や将来性、経営者の資質など複数の観点から厳正な審査をもって選定した受賞者は、平成29年2月6日(月曜)に開催する表彰式(場所:虎ノ門ヒルズ)にて発表いたします。

 本表彰事業は、リスクを恐れず新事業創出や市場開拓に挑む、優れたベンチャー企業等の経営者を発掘し、ベンチャー企業経営者のロールモデルとして、表彰を通じて広く社会に周知を図り、次世代を支える新事業や経営者の育成を図ることを目的としています。

 本表彰制度を開始した2000年以来、255名のベンチャー経営者が表彰されており、昨年度の経済産業大臣賞を受賞した及川智正氏率いる株式会社農業総合研究所は今年6月に東証マザーズに上場を果たしました。過去の受賞者には、世界で初めてミドリムシの大量培養に成功した株式会社ユーグレナの出雲充氏(JVA2012経済産業大臣賞)、2014年6月東証マザーズに上場したSkypeを使用したオンライン英会話サービス事業を手掛けている株式会社レアジョブの加藤智久氏(JVA2013中小機構理事長賞)など、昨今注目されているベンチャー企業経営者を多数輩出しています。

 本表彰事業及び応募要項につきましては、添付資料又はウェブサイト
http://j-venture.smrj.go.jp/(新規ウィンドウ表示)「ベンチャーアワード」で検索)をご参照ください。

 

【別紙資料】

発表資料

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
経営支援部 創業・ベンチャー支援課(担当者:大原、安田)
住所:東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話:03−5470-1574(ダイヤルイン)

中小機構関連ページ