中小機構について >  プレスリリース >  中小機構北海道 >  中小企業大学校旭川校にて「観光業のためのマネージャー養成講座」を開催

中小企業大学校旭川校にて「観光業のためのマネージャー養成講座」を開催

 

平成29年10月6日

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する中小企業大学校旭川校(所在地:北海道旭川市、校長:澤田公徳)では、旅館・ホテル業の経営幹部、管理者等を対象とした研修「観光業のためのマネージャー養成講座」を、下記の通り開催します。
 当研修は、旅館・ホテル業界の売上・収益アップにつながる顧客ニーズへの対応策を「顧客の視点」で捉え、経営体質を改善・強化するための計数の見方を含むマネジメントの考え方と手法を学びます。

 

 

■日時: 平成29年11月20日(月曜)〜11月22日(水曜)(3日間)
■場所: 中小企業大学校旭川校 (旭川市緑が丘東3条2丁目2-1)
■受講料: 31,000円(税込)
■定員: 20名
■主催: 独立行政法人中小企業基盤整備機構 中小企業大学校旭川校

 

<プログラム>

◇11月20日(月曜)

10時30分〜12時30分 “旅のトレンド”からみる観光ビジネス
 講師:(株)日本旅行新規事業室(日本旅行総研) 室長 砂子 隆志 氏
13時30分〜18時30分 宿泊業の経営に活かす会計の勘所(演習を含む)
 講師:公認会計士 宮 直史 氏

◇11月21日(火曜)

9時00分〜12時00分 【事例研究】IT活用による旅館改革への挑戦
 講師:(株)陣屋 代表取締役社長 宮﨑 富夫 氏
 コーディネータ:砂子 隆志 氏
13時00分〜18時00分 「顧客の視点」から捉える着地型観光の進め方
 講師:観光ビジネス総研 代表 刀根 浩志 氏
 講師:(株)ダイヤモンド・ビッグ社 特別顧問 川端 祥司 氏

◇11月22日(水曜)

9時00分〜16時00分 顧客の視点」から捉える着地型観光
 ―地域資源と自社の強みを活かしたおもてなしの開発―(演習)
 講師:刀根 浩志 氏 ・川端 祥司 氏

 

お申し込み・研修の詳細はURL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/をご覧ください。

 

中小機構について

 中小機構は、日本の中小企業政策の総合的な実施機関として中核的な役割を担う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所に展開する地域本部を通じ、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化をはじめとする中小企業の様々なニーズに対し、経営アドバイス、共済制度、研修、ファンドを通じた資金提供など多様な支援メニューを揃えています。

 

発表資料

 

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構北海道本部
中小企業大学校旭川校 研修課  (担当者名:堀田)
 住所:旭川市緑が丘東3条二丁目2-1
 電話:0166-65-1200

中小機構関連ページ