中小機構について >  プレスリリース >  中小機構中部 >  平成27年度プレスリリース >  平成27年度 成長産業─ヘルスケア分野─参入支援セミナーの開催について

平成27年度 成長産業─ヘルスケア分野─参入支援セミナーの開催について

平成28年1月19日

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部(本部長・花沢文雄、略称:中小機構中部)は、今後の成長が期待されるヘルスケア産業への進出並びに同産業内での事業拡大を希望する中小企業に対する情報提供を通じ、地域経済の活性化に寄与することを目的として、医工連携・ライフサイエンス分野の技術シーズ・知財等を事業化するベンチャー企業・中小企業のビジネスを支援している、名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)と連携し、2企業の代表者を講師としてお招きしたセミナーを開催いたします。

 漁船用プロペラ製造会社として創業し、船舶用プロペラ事業でグローバルトップ企業の地位を確立しているナカシマグループ。今や独創的加工技術と製品開発力により、国産の人口関節メーカとしてトップ企業を目指している、帝人ナカシマメディカル株式会社(本社:岡山県岡山市)の会長である中島義雄氏。

 また、創業当初、地元で農機具の加工や販売、修理を生業とする鍛冶屋であった、有限会社角野製作所(本社:岐阜県恵那市)。難加工部品に挑戦し続け、自動車、航空機業界へ参入を果たし、中小機構の支援事業を活用し、医療業界への参入を果たそうとしている同社代表取締役社長である角野秀哉氏。

 プロペラ・メーカー、鍛冶屋から、なぜ医療分野へ進出したのか?参入の障壁・克服は?内部・外部環境の変化にどのように考え、対応してきたのか。現状のビジネスが好調であっても、いつ、その市場がなくなってしまうか分からない環境の中、企業は、自らの努力により仕事を確保する積極経営が求められています。

 本セミナーでは、ヘルスケア産業の最新の動向から、参入企業の心構え、戦略など、新市場開拓、新事業創出に向けた考え方などを事例を交えて学んでいただくとともに、新市場開拓、新事業創出をサポートする中小機構のプロセス支援事業を紹介いたします。

成長産業参入支援セミナーの概要

1.開催日:

平成28年2月22日(月曜)

2.時間:

13時30分〜16時10分 講演
16時15分〜16時45分 個別相談会(希望者のみ、事前予約制)

3.場所:

ミッドランドホール 会議室A
(名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア オフィスタワー5階)

4.テーマ及び講師:

講演I.

「船舶用プロペラから人工関節のトップメーカーへ
─造船不況対策からの第一歩、参入から国内医療機器のグローバル展開へ─」
帝人ナカシマメディカル株式会社 会長 中島 義雄 氏

講演II.

「難加工部品と航空・宇宙部品で鍛えた技術が新市場の壁を乗り越える
─創業百年の鍛冶屋が医療機器市場への本格的な進出に挑戦─」
有限会社角野製作所 代表取締役 角野 秀哉 氏
中小機構 統括プロジェクトマネージャー 榊原 郁夫 氏

5.対象:

新たにヘルスケア産業への参入を検討している中小企業の経営者、管理者
既に同産業へ参入していて、今後更に販路拡大を目指す中小企業の経営者、管理者等

6.定員:

40名

7.参加費:

無料

8.主催:

中小機構 中部

9.後援:

経済産業省中部経済産業局、あいち産業振興機構、岐阜県産業経済振興センター、三重県産業支援センター

10.協力:

中部経済連合会、愛知県経営者協会、一般社団法人日本電子回路工業会

11.申込方法:

参加ご希望の方は「募集案内・参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAX(052-220-0517)またはメール(chub-uketuke01@smrj.go.jp)にて中小機構中部へお申し込みください。(締切日:2月18日)

※「募集案内・参加申込書」は下記URLからダウンロードできます。
http://www.smrj.go.jp/chubu/seminar/090482.html

 

発表資料

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部本部
経営支援部 経営支援課(担当:高田)
〒460-0003 名古屋市中区錦2-2-13名古屋センタービル4階
電話:052-220-0516 FAX:052-220-0517

中小機構関連ページ