平成16年度放映分

平成16年度 企業未来!チャレンジ21

 企業未来!チャレンジ21は、中小企業向けビジネスポータルサイト「J-Net21」にて、「動画で見る企業事例 〜 企業未来!チャレンジ21」として、一部インターネット配信することとなりました。そちらもご参照ください。(ビジネス・ホット情報は収録されておりません)
規格:VTR(VHS方式) 時間:15分

 

No. タイトル 内容
TV16-1 顧客候補をつかまえる方法!?
〜食品卸問屋の新しい形〜
(株)ニックフーズ
東京都で食品卸売業を営む(株)ニックフーズ(資本金2億4,880万円、従業員数40名)は、厳しい経営を強いられる卸売業界において、独自の情報仲介機能を生かした戦略で躍進している会社。顧客ニーズをサポートする提案型営業によって取引先を総合的にバックアップすることで卸売業の新たな役割を築き、逞しく事業を展開する同社の姿を紹介する。  
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕特許関係減免制度
TV16-2 革新的なこととは?
〜経営革新で伸びる自転車ハブメーカー〜
(株)中野鉄工所
中国製の低価格自転車の急増で国内自転車業界は苦戦を強いられている。大阪の自転車用ハブ専業メーカーとして、10年前まで国内シェア約50%占めていた(株)中野鉄工所(資本金6,000万円、従業員数31名)も、例外ではなかった。その現状を打破するため、同社は高付加価値化の実現に挑戦、世界初の画期的なハブの開発に成功した。新製品開発により成熟産業で新たな道を切り拓いた同社の生き残り戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕経営の原動力を育てる!中小企業大学校
TV16-3 IT技術で成功!
〜自動車用品ソフト会社の経営戦略〜
(株)カーレックス
自動車分野をターゲットに様々な角度からビジネスチャンスを見出してきた広島県の(株)カーレックス(資本金1億8,000万円、従業員数50名)が行き着いたのは、カー販売ソフトを売るということ。1994年の創業以来、付加価値を創造し、アイデアを売るという経営戦略を駆使してきた社長が、IT分野へ挑戦する姿を紹介する。  
〔ビジネスホット情報〕応援します!設備投資!「小規模企業者等設備資金制度」
TV16-4 会津の伝統をルネッサンス!
〜現代の暮らしにうるしの美〜
(株)坂本乙造商店
今では伝統工芸品以外で使用されることが稀になってきた漆だが、近代までは優れた天然塗料として重宝された素材であった。福島県の株式会社坂本乙造商店(資本金4,500万円、従業員数8名)は、漆の特長に着目し、飛行機の内装からインテリア用品まで、様々な利用方法を提案。伝統にとらわれない幅広い分野で、再び漆に活躍の場を与えた同社の温故知新とも言える事業活動を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕明日をひらく 高度化事業
TV16-5 我が道を行く!
〜高級志向の快眠寝具を追求〜
丸三綿業(株)
生糸の産地、群馬県で寝装具製造業を営む丸三綿業株式会社(資本金4,000万円、従業員数30名)は、消費者の快眠への欲求を満たす高品質の寝具を製造してきた会社。新たな取り組みとして、地元の製糸組合と協同でシルク製寝具を開発した同社の地場産業との連携活動を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕中小企業・ベンチャー総合支援センターとは
TV16-6 顧客とともに市場をつくる!
〜にがりブームで急成長!〜
(有)亀山堂
「にがり」の製造・販売業者の(有)亀山堂(資本金300万円、従業員数53名)は、インターネットの特性を生かして、顧客参加型の商品開発を行っている。ファンを作ることを信条に心が通うサービスを実践しながら、長崎ブランドの「にがり」を全国に発信している同社の活動を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕中小公庫の証券化支援業務
TV16-7 より強い会社をめざして!
〜耕うん機のツメでトップを走る〜
(株)太陽
高知県の(株)太陽(資本金6,000万円、従業員数184名)は、耕うん機やトラクターに取り付ける耕うん爪で全国シェア約40%を占めるトップメーカー。パテントに裏付けられた独自の技術、販売・営業ルートの確立、きめ細やかな顧客サービスで、シェアを拡大してきた同社の顧客重視の経営戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕中小製造業者のための高度化制度
TV16-8 米ぬかを使って大逆転!
〜セラミックスで精密部品を製造〜
(株)白田製作所
山形県の (株)白田製作所(資本金4,720万円、従業員数30名)は、高度な金属研削技術と大学との協力関係といった強みを活かし、多様な分野の製品を開発している。優れた技術を持ちながらも、一度は倒産の危機に陥った同社が、再生を目指して奮闘する姿を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕2004年版「中小企業白書」
TV16-9 伝統の可能性を求めて
〜自由な発想で博多織に挑む〜
(株)サヌイ織物
福岡県の博多といえば、日本の三大帯産地の一つ。(株)サヌイ織物(資本金1,000万円、従業員数10名)は、帯が主流である博多織において、財布やネクタイなどの小物製造に特化した会社だ。自由な発想で、様々な商品を提案してきた同社の伝統技術を生かした挑戦を紹介する。  
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕中小企業・ベンチャー挑戦支援事業〜資金とコンサルティングの両面から支援〜
TV16-10 情報化が未来をつくる!
〜小売店チェーンの挑戦〜
全日食チェーン商業協同組合連合会
中小小売業者を加盟店とする全日食チェーン商業協同組合連合会(出資金2,270万円、加盟店数1,722店)は、日本最大のボランタリーチェーン組織である。ITを駆使した情報ネットワークやストアコンセプトを明確にした新業態店の提案といったリテールサポートの充実により、強固なチェーン組織の構築を目指す同連合会の姿に、次代のボランタリーチェーンのヒントを探す。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ)
〔ビジネスホット情報〕「中小企業総合展2004」の出展者募集について
TV16-12 限りない情熱を持って
〜医療用器具メーカーの挑戦〜
東海メディカルプロダクツ(株)
愛知県の(株)東海メディカルプロダクツ(資本金5,000万円、従業員数80名)は、チューブ製造会社を経営していた社長が、次女の心臓疾患を治したい一心で立ち上げた医療器具会社だ。医学には全くの素人が、情熱と努力で、創業から10年で世界最高品質の高度な医療器具を開発した。ゼロから始めた同社が幅広い人的ネットワークを構築して、事業を展開する姿を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕技術革新をビジネスにつなげるSBIR
TV16-13 伝統を守る革新戦略!
〜生き残りをかけた酒造メーカー〜
(名)亀田屋酒造店
日本酒消費量の減少や大手メーカーの廉価な紙パック品の氾濫など、中小酒造メーカーを取り巻く環境は厳しい。創業130年を超える長野県の老舗酒造、(名)亀田屋酒造店(資本金100万円、従業員数10名)は、日本酒の良さを見直してもらいたいと、酒造りに関する資料館の設置や現代人の嗜好に合わせた商品の開発など、様々な取り組みを実施している。伝統を守りつつ、時代に合わせた変革を遂げた同社の生き残りを賭けた経営戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕中小企業基盤整備機構 発足
TV16-14 消費者のつぶやきを形に
〜運動用水着メーカーの商品開発術〜
フットマーク(株)
東京都のフットマーク株式会社(資本金8,500万円、従業員数51名)は、水泳帽の販売で国内シェアNO.1を誇る会社。今では、一般プールでも着用が義務付けられている水泳帽は、同社が小中学校における水泳指導の普及を追い風に広めたもの。「水と健康の商品・サービス」を掲げて、消費者の健康をトータルサポートする同社の活動を紹介する。
〔ビジネスホット情報〕機構発足・支部設立
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
 
TV16-15 ハッピーリタイヤを目指して
〜夢の共有で成長する運送業〜
(株)日商
顧客企業の経費圧縮により、厳しい環境に置かれている運送業界で急成長している会社がある。三重県の(株)日商(資本金5,000万円、従業員数160名)は、「一人一人の人間性の向上」を経営理念に掲げ、運送プラスαの提案型営業を行っている。社員教育の徹底により、顧客満足度経営を追求する同社の活躍を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕創業塾について
 
TV16-16 再び!国内で大量生産
〜独自技術で挑むプレス加工メーカー〜
(株)豊島製作所
埼玉県の(株)豊島製作所(資本金9,416万円、従業員数91名)は、常に経営環境の変化を見据える会社。売上の減少したスピーカー部品の専業メーカーから総合プレス加工メーカーへの転換や需要が伸びる電子材料の生産開始など、時代のニーズを的確に捉え、経営革新を繰り返す同社の経営姿勢を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕企業等OB人材派遣事業について
TV16-17 早い!とウマい!をシステム化
〜広島風お好み焼き宅配ビジネス〜
(株)ジェイ・エフ・ビー
広島風お好み焼きの宅配を行っている(株)ジェイ・エフ・ビー(資本金1,500万円、従業員数24名)は、広島市近隣では知られた食事宅配業者。緻密な計画の下で、常に新商品開発や店舗運営の改善を実行している。業態転換、事業の多角化と、先見の明を光らせ、積極的に事業の拡大を図る同社の経営を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕中小企業の会計と税制について
TV16-18 顧客の声をききながら
〜小豆島・伝統のつくだ煮メーカー〜
(株)岡田武市商店
香川県の小豆島で、地場産品のつくだ煮を製造する株式会社岡田武市商店(資本金1,000万円、従業員数55名)は、塩分が高く辛いというつくだ煮のイメージを覆す健康志向商品を提案する会社だ。小豆島からインターネットを通じて、全国につくだ煮を発信している同社の親子二人三脚で行う巧みな経営を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕確かな備えで明るい未来!小規模企業共済制度
TV16-19 連携でプレーでにぎわいを
〜松山の商店街がOB人材を生かす〜
松山中央商店街連合会
愛媛県松山市の松山中央商店街連合会は松山市の中心市街地に形成されている4つの商店街振興組合が集まって結成した連合会。商店街活性化のため、民間小売大企業のOBを商店街マネージャーとして招聘し、このマネージャーの下でアイデアに富んだソフト面の事業を展開している。最先端の小売のノウハウを培ったOB人材をうまく活用し、行政との緊密な連携で商店街の活性化を図る同連合会の取り組みを紹介する。
〔ビジネスホット情報〕「第二創業コース」の開設について
TV16-20 たくさんの情報を生かして
〜愛媛 福祉機器メーカーの取り組み〜
株式会社いうら
愛媛県の株式会社いうら(資本金7,000万円、従業員数116名)は、「お年寄りを寝たきりにさせない」をテーマに、福祉機器を製造する会社。多数の特許と情熱に裏付けられた商品は多くの利用者に愛されている。介護をする人とされる人、双方の幸せを願って、より良い福祉機器の開発に取り組んでいる同社の経営姿勢を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕情報満載“J−NET21”
TV16-21 “晴れのち曇り”のむこう側
〜気象予報会社の目指すものとは?〜
ウェザーサービス株式会社
平成元年、規制緩和により民間企業の気象予報業務への進出が許可された。千葉県のウェザーサービス株式会社(資本金3,450万円、従業員数7名)は、気象予報士の資格をもつ社長が、気象ビジネスに可能性を感じて設立した会社。大手通信・情報関連企業と連携し、インターネットやiモードで詳細な気象情報を提供するほか、最近ではスギ花粉情報の提供サービスを開始。ITと気象情報の融合化を目指し、独自の情報コンテンツビジネスを展開する同社の経営戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕中小企業の退職金を国がサポート!
TV16-22 営業はe-メールで!?
〜ソフトメーカーの公的支援活用〜
株式会社エイジア
中小企業総合事業団、地域振興整備公団、産業基盤整備基金は、それまで培ったノウハウを活かし、日本の産業を活性化させるべく一つに統合し、7月1日、新たに中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)として生まれ変わった。その中核となる中小企業・ベンチャー総合支援センターの専門家継続派遣制度等を利用し、短期間での株式公開に成功したソフトウェア開発・販売の株式会社エイジア(資本金:8,890万円、従業員21名)を公的支援の有効活用事例として紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕備えて万全 安心経営! 中小企業倒産防止共済制度
TV16-23 昔のデザインが今よみがえる
〜京都の人気手ぬぐい〜
株式会社エイラクヤ
京都府の(株)エイラクヤ(資本金2,600万円、従業員30人)は400年近く続く老舗企業。戦後はタオル卸をしていたが、中国からの輸入品との競合などから収益が悪化。婿養子で14代目となった現社長は不採算のタオル卸からの撤退を決断すると共に大胆なリストラを実行した。タオルに代わる収入源として、蔵に残っていた明治から昭和初期の日本手拭の復刻販売を開始し、現在では4つの直営店で販売を行っている。眠っていた経営資源を生かし、見事復活を遂げた同社の経営革新を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕ビジネスの合コンなんです 東京コンテンツマーケット2004
TV16-24 病院食を変えた給食会社
〜大阪からおいしさをこめて〜
株式会社第一食品
病院食といえば、かつてはまずい食事の代名詞のようなものだったが、その観念を覆したのが(株)第一食品(資本金4億3,640万円、従業員244名)だ。わが国初の「完全院外調理システム」を開発・導入し、一日6,000食を病院・施設に提供する。入院患者や施設の入居者に美味しくて栄養バランスのある、安全な食事を提供し、しかも病院・施設の膨大な設備や人件費の削減に役立つこの新たなビジネスを推進する同社の経営戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕日本最大級のベンチャーマッチングイベント 「ベンチャーフェアJAPAN2005」
TV16-25 オークションで業界を改革!
〜板金塗装のネットワーク〜
株式会社シーアイシー
自動車板金塗装修理のネットオークションを運営するというビジネスモデルを開発した愛知県の(株)シーアイシー(資本金1億1,100万円、従業員数95名)。これは消費者がガソリンスタンドなどに持ち込んだ修理車両をインターネットのオークション市場に公開し、板金業者が落札して修理を受注するというもの。消費者サービス向上と業界のシステム改革、ITの有効活用により新たなビジネスモデルを生んだ同社の経営戦略を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕「中小企業総合展2004 in Tokyo」開催のお知らせ 
TV16-26 新素材で飛躍!
〜独自の販売ルート開拓術〜
ダイヤロン株式会社
福井県のダイヤロン(株)(資本金6,250万円、従業員50名)は、家業の畳屋を継いだ現社長が、低迷する畳業界においても消費者のニーズに合った安全で良質の畳を提供すれば需要はあるはずだと判断し、化学畳の製造販売に進出した。消費者の視点に立った商品作りと従来の畳の流通ルートに頼らない独自の販売ルートの確立により売上拡大を実現し、高成長を続ける同社の経営姿勢を紹介する。
J-Net21にて動画配信中(新規ウィンドウ) 
〔ビジネスホット情報〕WEB研修で新しい自分を発見!