平成12年度放映分

平成12年度ビジネス・ズームアップ TBS系放送

規格:VTR(VHS方式) 時間:15分

No. タイトル 内容
TV12-1 沖縄の特産をお菓子に!
ケーキ屋さんの顧客カード作戦
長いホテル修行で培った技術を生かし、洋菓子店を開業した職人かたぎの社長が、一転して沖縄県では画期的な顧客カード等による顧客管理システムを導入しました。顧客ニーズに徹底対応しての商品づくりで売り上げを伸ばしている同社の新商品開発のポイントを紹介します。
TV12-2 常識を覆す!
冷凍豆腐で新市場開拓
3K職場の代表格と言われる豆腐製造業界の革新を図るため、常識では不可能とされていた豆腐の冷凍化にチャレンジし、日本で初めて長期保存可能な「冷凍豆腐」を誕生させた企業が和歌山県にあります。国内のみならず、世界の健康食としての冷凍豆腐づくりにかける同社の活躍を紹介します。
TV12-3 トロピカル沖縄!
特産品で村おこし
地元商工会の村おこし事業を通じ、地元特産品開発の必要性を実感した商工会のメンバーが組合を設立しました。特産品販売店を開設し、オリジナル製品づくりに積極的に取り組んでいる村おこしグループの姿を紹介します。
TV12-4 路面アートから竹炭まで!
樹脂加工メーカーの新商品開発
人材、情報、設備等に制約のある中小企業にとって、大学との共同研究は自社の技術力を高める有効な方法の一つです。産学連携によって、「路面アートシステム」から竹炭まで、多様なジャンルの新商品・新技術を開発している同社の取り組みを紹介します。
TV12-5 握りやすいスプーンをつくる!
形状記憶樹脂で商品開発
輸出金属洋食器メーカーである同社は、当該業界の価格競争の状況を打破するため、得意のステンレス加工技術を活かし、新たに福祉食器分野に進出しました。デザイン性を重視した商品開発と新たな市場開拓にかける同社の経営戦略を紹介します。
TV12-6 花屋さんからの提案!
夢を売る経営戦略
花の路上販売からスタートし、現在では20店舗の生花店を展開している企業が長崎県にあります。花の小売りだけにとどまらず、ガーデニング事業やフラワー教室、住宅開発プロデュースなど、花に関する様々な事業を行うまでに成長しました。同社の経営戦略を紹介します。
TV12-7 中小企業白書からの提言!
情報化で経営革新
「わが国経済のダイナミズムの源泉」として位置づけられる中小企業が、情報技術革新、金融システム改革、規制改革等の経済・社会の構造変化に対応し、課題を克服しようとする姿を描いた平成12年版「中小企業白書」とITに積極的に取り組む中小企業の姿を伝えます。
TV12-8 ワインとビールとパエリアと!
地域密着型の観光農園
公害の町の再生を願う経営理念と地元特産品をベースに、大手資本とは違った手法によって地域密着型のリゾート施設「スペイン村」へと展開。地域資源を最大限に活かした観光農園づくりで、着実に発展を遂げている同社の取り組みを紹介します。
TV12-9 マニアのニーズをつかめ!
ウキ専門メーカーの戦略
全国の釣り「ウキ」2割のシェアを占めるメーカーが開発した「ななめウキ」が、マニアの間で大ヒットしています。自己のアイデアを工業所有権で守ることを心がけ、付加価値の高い商品づくりで、他社との差別化を図っている同社の経営戦略を紹介します。
TV12-10 女性の生き方を応援します!
全国一万人のネットワークサービス
女性のSOHOビジネスを支援するための会社を立ち上げ、主婦を中心とした登録会員のネットワークを活かして活躍している企業が広島県にあります。消費者の立場に立った視点の規格や企業や社会にパワフルに発信し続ける女性起業者の姿を紹介します。
TV12-11 土のリサイクルで自然を守れ!
土質改良技術に新しい波
90%が公共工事から発生するという建設発生土の有効利用を可能にした土質改良機を開発。良質土と不良土を最適混合し、土質基準に適合する土を大量かつ安定的に生産することを可能にさせています。同社のリサイクル会社に対応した取り組みを紹介します。
TV12-12 どんなカーブも自由自在!
木製品メーカーの独自技術
カマチは玄関先などに取り付けて端を美しく治める銘木製品ですが、職人の技術と手間がかかり、コスト高がネックとなっていました。同社は独自の湾曲技術の開発に取り組み、製品の低コスト・量産化に成功しました。同社のこだわりの製品づくりを紹介します。
TV12-13 旧家や蔵を再利用!
民話の里のまちづくり
民話の里として全国に知られている遠野市。この町の商店街では、「潤い溢れる落ち着いた町並み」の実現を目指しています。店舗の外面装飾の統一化など、地元商店主や商工会が取り組む中心市街地活性化事業の一例を紹介します。
TV12-14 親子三世代をつかめ!
地元に根ざした和風ファミレス
寿司と麺を中心とした一見どこにでもある和食レストランですが、地域独自の顧客ニーズに応えた様々な企画は固定客を確実に捉えました。地域一番店を目指し、常に環境変化に対応すべく新たな業態開発に取り組み続ける同社の経営戦略を紹介します。
TV12-15 加賀百万石・伝統の味を支える!
老舗しょうゆメーカーの経営革新
消費者のうす味志向により醤油の塩分濃度は低下する傾向にあります。HACCP導入で食品衛生管理を行うとともに、伝統的な製造方法を守りつつ時代のニーズに合わせた積極的な事業展開を図っている産地企業の技術戦略を紹介します。
TV12-16 繊維業界のドクター!
修整技術のプロ集団
織、染め、加工、縫製など各段階で発生するファッション衣料のトラブルは多岐にわたっています。繊維製品の不上がり品の欠点を、手加工で規格どおりの商品に蘇らせるプロの集団が存在しています。繊維産地で独自の技術を駆使する同社の活躍を紹介します。
TV12-17 オンリーワン企業を目指せ!
小物に特化したプラスチック加工
PEN樹脂は、単価が高く加工も難しいため、小型で複雑な容器に成形することは困難。同社のダイレクト・ブロー成形技術は、これまで対応できなかった数々の製品の容器開発に成功しました。ブロー成形で「小物・薄物」に特化し、オンリーワン企業を目指す同社の経営戦略を紹介します。
TV12-18 シドニー五輪を陰で支える!
ウエットスーツ素材メーカー
ウエットスーツは、着用する素材でタイムが違ってくると言われています。同社の素材は世界シェアの40〜50%を占め、タイム短縮に優れた威力を発揮しています。次々と新素材開発に取り組み、他社との差別化を図っている同社の姿を紹介します。
TV12-19 職人のぬくもりを伝える!
会津こだわりの駄菓子屋さん
会津駄菓子屋5代目社長は、新しいものと古き良きものとの融合により、商品だけでなく、売り方・店づくりに深いこだわりを持ち、地域に根ざした商店経営を展開しています。同社の食文化と深くかかわった伝統の味、製法を大切にした取り組みを紹介します。
TV12-20 トナーカートリッジが甦る!
技術力を活かした経営戦略
将来、レーザープリンタの市場が急速に拡大することを予想し、トナーカートリッジを再生させる企業を創業。ユーザーのコスト削減とリサイクル志向のニーズに応え、このニュービジネスをみごとに成功させました。新規創業者の経営戦略を紹介します。
TV12-21 風が吹けばビジネスチャンス!
風洞装置から航空部品へ
「風洞」装置は、人工的に気流を生じさせ、飛行機などの流体力学的性能の研究に用いられています。同社の風洞製造技術は、ハイテク技術が要求される航空部品製造へと繋がりました。日本有数の航空宇宙産業県である栃木県で、航空部品製造の本流を目指す同社の活躍を紹介します。
TV12-22 菓子づくりのお手伝い!
職人技を機械で実現
店ごとに違う和菓子の製法や味の違いを職人に替わって機械が実現しました。職人技がものをいう和菓子業界の中で、ユーザーの視点に立って職人技を機械化し、味を損なわずに取引先から高い信用力を得ている同社の技術開発への取り組みを紹介します。
TV12-23 靴下一筋のこだわり!
製販一体の流通システム
製販一体となった情報ネットワークで新たな流通システムを構築し、靴下業界の改革に成功。消費者ニーズに合った商品提供とともに、不良在庫や返品を無くすことを実現させました。最高の靴下をつくるための環境と情報ネットワークを構築した同社の取り組みを紹介します。
TV12-24 高齢者においしい食事を!
委託給食事業システム
病院給食へのアウトソーシングが解禁されたことに伴い、病院や老人ホームへ食事を提供することが可能になりました。親会社であるホテルの解散という危機を労使一体となって乗り越え、その経営のノウハウを委託給食事業に活かし成果を上げている同社の経営戦略を紹介します。
TV12-25 伝統を活かした独自の魅力!
機能とデザインを追求した陶器づくり
400年の伝統を持つ長崎県の波佐見焼。同社は、現代向きの機能とデザインを重視した陶器づくりで、消費者に新しい生活スタイルを提案し続け、数々のロングヒット商品を生み出しています。伝統を活かした独自のデザイン追求で、積極的な商品開発を行う同社の取り組みを紹介します。
TV12-26 産地のノウハウを活かした!
高性能ニンジン収獲機
自動車整備会社ならではのノウハウを活かした「ニンジン収穫機」の開発は、人間の重労働を解放することに成功しました。産地への貢献にとどまらず、農機具メーカーへの販路拡大を図るなど、全国的に事業を展開している同社の製品開発への取り組みを紹介します。
TV12-27 伝統に新風を!
京の街の呉服メーカー
伝統産業である呉服市場は、需要の減退などから厳しい状況に直面しています。従来の古い伝統を新しい形で展開しようと、硬直化した流通構造の改革など果敢に挑戦している企業が京都府にあります。同社のユニークな販売方法やこだわりの商品開発を紹介します。
TV12-28 ふるさとの味を薬膳で!
主婦が企業組合を結成
地元農村の主婦たちが企業組合を設立し、郷土料理ベースの薬膳料理を提供するレストランを開設しました。地元農産品の直売や手打ちそばの製造販売を手がけるなど、地域振興活動を通じて雇用機会の創出に貢献する同組合の取り組みを紹介します。
TV12-29 高精度の技術をめざせ!
産学協同でめっきのデパート
石炭産業の斜陽化の中、経営体制の方向転換が生き残りに成功。今では、機械加工からメッキ加工まで一貫した設備を有し、大学との共同開発を積極的に行うことで、道内有数の技術を持つ企業に成長しました。少数精鋭の技術者集団によって、研究開発型企業を目指す同社の活躍を紹介します。
TV12-30 店主が講師、お客さんは学生!
杜の都の商店街大学
商店街の活性化には、店主と顧客が身近に交流できる場面の設定は欠かせないものです。同商店街では、店主が講師となり学生であるお客さんに、様々なプロの技を伝授する「商店街大学」を定期的に開講しています。商店街のユニークな活躍を紹介します。
TV12-31 現場の声を活かせ!
食品メーカの新商品開発
惣菜や佃煮を得意とする食品メーカーが開発したお菓子「皮むき甘栗」が全国的に大ヒットしています。徹底した現場主義を貫く同社の新商品開発は、年間で100種類におよんでいます。既存事業の堅調さと新事業の成功で、さらに躍進する同社の経営戦略を紹介します。
TV12-32 工場の自動化を推進!
さぬきの研究開発型ベンチャー
工業LANボートを設計・開発する同社の技術は、光ケーブルなど配線方法に工夫を凝らしている他、電子ノイズや振動への耐環境性をアップしたものとなっています。有力製品を次々に開発し、顧客満足度の向上を図ろうとしている同社の技術開発戦略を紹介します。
TV12-33 混ぜる・練る!
独自技術の磁石材料メーカー
プラスチック磁石用コンパウンドは、コンピューターハードディスク駆動装置のモーターなどに使用されるものです。その磁石材料の製造で国内シェア60%を占める企業が岡山県にあります。独自技術で様々な機能性複合材料を開発する同社の研究開発への取り組みを紹介します。
TV12-34 異業種交流で異色戦略!
金属加工メーカーの販路拡大
産業の空洞化が進展する状況下にあって、長野県の金属プレス企業は自社の生き残りを賭け、部品の製造方法をプレス加工に置き換える技術を開発しました。さらに、異業種である地元企業とグループを結成し、共同受注戦略を展開しています。グループ代表である同社の取り組みを紹介します。
TV12-35 プロのテクニックが自由自在!
ミシンメーカーの新技術開発
小型ロックミシンは、煩雑な作業が必要で取扱い上の大きなネックとなっていましたが、同社は初心者でも簡単に操作できる画期的なシステムの開発に成功し、世界17カ国に特許を出願しています。小型ロックミシンに特化した同社の製品開発への取り組みを紹介します。
TV12-36 後発でトップシェア!
バインダーメーカーの先読み経営
文具業界は、外資系企業の参入や国内大手企業の通販等によって急激な構造変化が進んでいます。国内ファイル用具のトップシェアを占めている同社は、海外生産、分別廃棄可能なリングの開発など常に業界の常識を破る経営手法を打ち出しています。同社の先を読む経営戦略を紹介します。
TV12-37 独自路線で顧客を獲得!
ビルメンテナンス会社の新戦略
コンビニ等のチェーン店を対象に、床掃除や照明器具の交換などの作業をパッケージ化した「トータルメンテナンス」システムを提案し、受注を急増させているベンチャー企業が東京都にあります。知識集約型のニューサービスの確立をめざす同社の活躍を紹介します。
TV12-38 繊維を平たく伸ばす!
小さな大企業を目指す頭脳集団
繊維、樹脂、金属などに関する技術を基本に、材料に多様な機能を付加して新素材を開発するベンチャー企業が福井県にあります。コンクリート用補強シートとしての活用にカーボン繊維を平たく伸ばす技術への挑戦など、小さな大企業を目指す同社の活躍を紹介します。
TV12-39 こだわりと挑戦!
そば屋さんの多彩なビジネス
「蕎麦に関することは何でもやる」と蕎麦の川上から川下まで何でもこなす名物社長が群馬県にいます。石臼製粉機の開発から開業支援の「そば教室」の講義まで、多彩なビジネスを展開。蕎麦屋のトータルプロデューサーを目指す同社社長の実践経営を紹介します。
TV12-40 ベンチャーは創造への挑戦!
産学官のネットワークで躍進
複写機用トナー、道路凍結防止剤、有用金属イオン含有肥料など高度で独創的な新材料を次々に開発しているベンチャー企業が長野県にあります。大学との共同研究や中小企業支援センターの指導を受け、ベンチャー企業として着実に成果を上げています。研究開発型企業の活躍を紹介します。
TV12-41 ペットボトルをトレーに再生!
なにわのリサイクル企業
使用済みペットボトルを大量に回収して卵パックなどに製品化。回収から販売まで同社がすすめるこの一貫リサイクルシステム事業は、新製品より安価な再生製品づくりを可能にしています。リサイクルビジネスの成功のポイントを紹介します。
TV12-42 得意技術で攻め続ける!
ガラスメーカーの競争力
千葉県の企業が開発した医療歯科用の「デンタルミラー」は、世界シェアの80%を占めています。特殊ガラスの技術を核に、他社の追随を許さないモノ作りで時代に対応したヒット商品を生み続けている同社の高付加価値商品戦略を紹介します。
TV12-43 ビジネスチャンスの総合窓口!
支援センターを積極利用
ワンストップサービスの機能を有する都道府県等中小企業センターでは、中小企業・ベンチャーが抱える情報・資金・人材等の諸問題に対して、専門家によるアドバイス等を行っています。実際に相談に訪れた中小企業者の実例を通じて同センターの活躍を紹介します。
TV12-44 特殊技術で生き残る!
ニーズに合った表面加工処理
吹きつけ加工であるサンドブラスト装置の専業メーカーとして創業から50年、一貫して同装置の開発に取り組み続け、業界トップにのぼりつめた企業が東京都にあります。同社の特殊な加工技術は、様々な業界において不可欠の技術と評価されています。同社の技術開発のポイントを探ります。
TV12-45 不況の宝飾業界の中!
チェーン加入でお店一新
宝飾業界は戦後最悪の不況に見舞われています。同社は宝飾品のボランタリーチェーンの加入を機に、思い切った業態開発を行い、売上げを倍増させることに成功しました。同社と同組合の新業態開発への取り組みを紹介します。
TV12-46 包むこと一筋!
元気一杯食品機器メーカー
春巻、餃子、焼売など中華料理・惣菜の食品加工機械を製造している企業が兵庫県にあります。1台で10種類以上の多彩な食品ができる全自動飲茶製造ロボットの開発など、常にユーザーニーズの実現を目指している同社の技術開発ポイントを紹介します。
TV12-47 麺づくり一筋70年!
老舗企業のこだわり戦略
合成添加物を一切加えない「こだわりのラーメン」を作り続けている老舗企業が福岡県にあります。同社は、日本初ラーメン味の復刻、ご当地ラーメンの開発など中華の常識を破る麺づくりに常に挑戦し続けています。同社の麺づくりへのこだわりと、果敢な経営戦略を紹介します。
TV12-48 顧客の無理が通る技術力!
継手メーカーの生まれ変わり作戦
鋼管製溶接継手市場は、アジアからの製品輸入等により厳しい経営環境の中に置かれています。同社は顧客ニーズを第一と考え、ベテラン技術者の経験ノウハウを最大限に活かしながら製作工程の改善、コストダウン、新分野への進出等に成功しました。同社の生まれ変わり戦略を紹介します。
TV12-49 オリジナル商品が決め手!
鞄屋さんのちょっと差をつける戦略
優れたオリジナル商品開発の決め手は、ちょっとしたアイデアから生まれます。同社はカバン小売店でありながら、ランドセルをはじめとして数々の商品開発を行い、顧客獲得に成功しています。同社オリジナル商品開発の秘訣と共に、「一店逸品運動」を推進する商店街活動との関わりを紹介します。
TV12-50 絣からデニムへ転換!
一貫生産体制で高品質製品
地場産業である備後絣の技術を活かし、絣メーカーからデニム専門メーカーへ転換。同社は自社設備で、綿花から生地加工までの一貫生産を行い、コストダウン、高品質安定を実現させています。デニム生地の国内シェア45%のシェアを占める同社の積極的な事業展開を紹介します。