平成8年度放映分

平成8年度ビジネス・ズームアップ TBS系放送

規格:VTR(VHS方式) 時間:15分

No. タイトル 内容
TV8-1 消費者が喜ぶアイデア商品!
便利さ追求で急成長
「消費者に満足してもらえる製品提供を心がけ」ホースを巻取るリール、風呂用の節水機器等新たなアイデアを取り入れた数々の商品開発に成功している北九州の企業を訪ね、生活者を「喜ばせる」商品開発のノウハウをレポートします。
TV8-2 企業と投資家の夢の出会い!
ベンチャープラザJAPAN
創造的中小企業を支援する国の事業の一貫としてベンチャー企業と投資家の出会いの広場「ベンチャープラザJAPAN」を訪ね、投資家へのプレゼンテーションや専門家による情報提供等を通じ、ベンチャー企業の支援策を探ります。
TV8-3 鋳物の伝統が息づく!
多品種少量生産で急成長
鋳物工場と言えば3Kイメージを抱くが、「アメニティオフィスの集大成」といえるまで、環境を整備し、労務面も作業服の廃止、名前も「さん」付け呼び等、ハードもソフトも近代的な岐阜県の鋳物専門メーカーの経営戦略をレポートします。
TV8-4 新規事業に挑戦!
寿司ロボットに魅せられた男
「米を使うビジネス」と「機械化ができないとされていた職人芸の機械化」という発想をドッキングさせ、寿司ロボットを寿司職人の伝統技能の行きに持ち込んだ東京の包装機械メーカーを訪ね、寿司ロボット開発のポイントをレポートします。
TV8-5 顧客ニーズをつかめ!
衛星で配車管理システム
業界で初めて衛星からの電波を受けて車の正確な位置を把握するGPS技術を利用した配車管理システムや自動車教習所向けの模擬運転教育システム等を開発し、大企業が多い通信機業界で健闘している企業の戦略を新潟からレポートします。
TV8-6 中小企業の時代
日本経済の担い手として
円高等に加え、わが国の高コスト構造等が産業停滞の要因とされ、中小企業に変革を迫っています。番組では中小企業の時代〜日本経済の産業の担い手として〜を謳った平成8年度版「中小企業白書」の分析と活力ある中小企業の姿を伝えます。
TV8-7 ホタテの貝殻が変身!
リサイクルでタイル誕生
青森県のホタテ生産量は年間9万トンに上がるが、加工の際に出る貝殻の処分が悩みの種。その貝殻を原料としたホタテタイルやそれ以外の製品化に取り組む青森県の企業の環境・リサイクルに賭ける努力をレポートします。
TV8-8 電線加工機からネオンへ!
新分野で新製品開発
電線加工機のメーカーから創業23年目でネオントランスの小型軽量・低電圧を実現したほか、CRネオンシステムを開発し、ネオン業界の市場を広げる等新しい分野でヒット商品を生み出している企業の成功のポイントを探ります。
TV8-9 工作機械メーカーが挑戦!
養魚で新分野進出
機械メーカーが養魚分野に進出し、全くの素人が様々な苦労を克服して業績を伸ばしています。工作機械技術を活かしてプランクトンの自動収穫装置や水槽の自動掃除機等も開発し、成果を上げている高知県の企業をレポートします。
TV8-10 不況を乗り切れ!
中小企業リストラ物語
バブルの崩壊、急激な円高等により中小企業は激しい状況に置かれています。今回は京都のプレス下請け企業のリストラ、体制整備等懸命な努力と同社のソフトウエア部門から独立した企業の生き残り戦略をレポートします。
TV8-11 モノクロ写真をカラーに!
デジタル技術で会社創業
コンピュータグラフィックスを応用した写真に近い建設のシュミレーション、ヴァーチャルフォトを始めとするデジタル写真加工サービス、コンピュータソフト開発等を行う宮城県の企業の創業者意欲と新しいビジネスの方向を探ります。
TV8-12 水の力で起死回生!
超音波バリ取り洗浄
精密部品の製造工程で金属やプラスチックにバリが発生し、その除去に人手と時間がかかります。神奈川県のこの企業は超音波で発生する空洞破壊現象を活用し、バリの除去と洗浄を行う装置を開発しました。同社の製品開発の秘訣を探ります。
TV8-13 おいしいそばを求めて!
製粉会社の海外展開
そば粉の原料は国産品が最高級とされているが、価格の変動が激しく安定供給が困難。この難問に農家と契約栽培を結ぶ一方、中国で栽培技術を指導し、品質面で満足できる原料を確保する等東奔西走する秋田県の経営者の哲学を探ります。
TV8-14 ハロー!ブクブクこんにちは
超音波で水中通信
超音波による各種測定器の開発等、常に隙間産業を狙うという静岡県の超音波機器メーカー。超音波を活かした工業用測定器の開発や新たに一般向き水中トランシーバー等新分野に挑戦する同社の隙間戦略をレポートします。
TV8-15 かまぼこ日本縦断!
サービスエリアで販路開拓
近年、魚肉練製品業界は生産量、販売高とも横ばい。そんな中、フランクフルトソーセージをヒントに蒲鉾の新しい食べ方を考案し、高速道路を中心に販路を開拓して売り上げを伸ばしている企業の新市場開拓のアイデアをレポートします。
TV8-16 ソーラー、きのこ、インターネット?
機械メーカーの多角化戦略
岡山県の省力化機器メーカーが自社開発したソーラーシステムを活かし、「あわび茸」の生産・栽培システムの販路開拓にインターネットを活用する事例等を通して、中小企業の情報化の重要性と情報化の推進方法を考えます。
TV8-17 新方式で点字印刷!
技術を活かし福祉分野へ
点字作成は刻印機でアルミ版や紙に凹凸を付ける方法が一般的だが、磨耗しやすく、コスト高等が問題。そこで磨耗の心配がなく、印刷文字の上に重ねて点字印刷できる技術を開発した北海道の印刷業者の前向きな企業姿勢をレポートします。
TV8-18 たかが氷?されど氷!
夢を氷に込めて商品開発
氷の可能性を徹底追及したユニーク商品開発!名水を活用した冷凍しても凍らないかき氷、クリスマスツリーの氷彫刻の販売等々、氷に夢を乗せた商品を提供したいとする北海道の氷会社の想いとマーケティング戦略をレポートします。
TV8-19 ふるさとの山を守れ!
信州カラマツでドーム建設
輸入材を原料とするメーカーが多い中、国産材にこだわり、利用価値の低い素材を高強度の集成材に加工し、持ち前の設計力と技術力で巨大ドーム等を建設する長野県の木材業者。この企業の技術開発への挑戦と環境保全の姿勢を紹介します。
TV8-20 共同化でチャレンジ!
中小書店の販売作戦
書店の大型化・チェーン化が進む中、千葉市の書店業者は個々の書店では困難な図書館等の大口納入先へ共同納品する組織を結成。現在では32ヶ所の図書館等から約25万冊の受注に成功しています。その組合の共同事業をレポートします。
TV8-21 髪の毛より細い穴開けます
特殊技術で市場開拓
航空機、医療機器等の部品では小径・深穴加工等の微細加工技術は欠かせないが、微細加工は機会の高度活用や熟練が必要。若者を難問に挑戦させるとともに、共同受注グループを結成し、高微細加工に挑戦する企業の戦略をレポートします。
TV8-22 海外に対抗できる製品造り!
プラスチックメーカーの挑戦
親企業から工場の海外移転を迫られる中、国内で海外に対抗できる企業づくりを目指し、自動化による24時間稼働を達成。また研究所を開設しエレクトロニクスや医療等新分野に進出する技術等の向上に取り組む滋賀県の企業を紹介します。
TV8-23 薄型・軽量・超小型!
特殊モーターで世界に翔げ!
ノート型パソコン用ファンモーターで世界の60%、ポケベルの着信を知らせる振動モーターでも70%のシェアを誇る神奈川県の企業。同社の小型モーターに特化して「軽薄短小時代」に対応する技術戦略のポイントをレポートします。
TV8-24 魚ルメクラブ!
紀伊長島の地域おこし
三重県・紀伊長島町の民宿や農家で構成する異業種グループは地元ならではの味作りを追求し、全国の特産物の利用とCIの徹底により、集客・売上増加を図る一方、協同組合化しロードサイド店を開店する等元気グループの活動を紹介します。
TV8-25 異業種が結集!
マルチメディアへの挑戦
急速に進展するマルチメディア会社に対応するため、宮城県の印刷・広告デザイン等の異業種グループが情報交換、技術提供等の研鑚を重ねて組合を設立し、新事業に挑戦します。同グループの活動を通じて情報化社会への対応を考えます。
TV8-26 親企業1社依存からの脱皮!
5社で共同受注グループ結成
福井県の機械関連下請け企業5社は、各社の得意分野を持ちより共同グループを結成。設計から制作・検査の一貫システムを構築して県外企業から共同受注に成功しています。1社依存体質からの脱皮を目指す同グループの活動をレポートします。
TV8-27 主婦のアイデアを事業化!
寿飾りで急成長
「正月飾り」を生活様式や流通業態に対応させて企業化に成功した女性経営者が神奈川県にいます。考案した寿飾りは従来にないデザインと新しさが受けてインテリア商品としてヒット。商品開発の秘訣と企業化のポイントをレポートします。
TV8-28 靴型づくりの技術を活かせ!
精密鋳造で新分野進出
阪神大震災にめげず、神戸市の金型企業が新技術への挑戦を理念に、靴金型の製造だけでなく、高齢者に優しい靴づくりを目指して足・靴型スキャナーを開発し、足形データを蓄積する等快適靴の開発にも取り組む企業の活躍をレポートします。
TV8-29 技術開発で生き残り!
転写紙メーカーの果敢な挑戦
有田焼の模様を焼き付けた有田グラスの開発、無鉛耐酸顔料を使ったガラスやステンレス板への写真転写焼き付け等地元窯業技術センターを積極的に活用し、新分野進出に挑む陶磁器転写紙メーカーの活躍をレポートします。
TV8-30 特産品で地域おこし!
伝統工芸の里・宮之城
鹿児島県宮之城町は日本最大の孟宗竹の栽培面積を持つ竹細工の里だが、近年、プラスチックの代替品等により厳しい環境下にあります。地元竹製品業者が組合を結成し、地元特産品のイメージアップに取り組む姿をレポートします。
TV8-31 汚れた海が甦る!
夢の浄化装置"ポセイドン"誕生
湾や湖の水質汚染が各地で問題になっているが、長崎県の異業種組合は海域に海水の流動を酸素を供給する「海域浄化装置」を開発、漁業者や自治体の関心を集めています。同組合の製品開発の経緯と成功のポイントをレポートします。
TV8-32 異業種がつくった魔法のゴルフクラブ 新潟県燕市・三条市は洋食器の産地。その地元の自動車修理工場主、教師、医師等8人は交流会の会合をきっかけに伝統の技を活かし、従来のゴルフクラブの常識を覆すクラブを誕生させました。同会の活躍と製品開発をレポートします。
TV8-33 海の海底散歩
アクアスペースカー発進!
山口県の船舶設計企業が水中陸両用ピークルを発想して7年。小規模企業では越えられなかった壁を国や県等の各種支援制度の活用と大手企業との提携で克服。机上のアイデアから事業化に踏み出した同社の新事業創出のポイントを探ります。
TV8-34 激化する郊外商戦!
新潟に大型SC
新潟県の高田・直江津地区の中小小売業者が団結し、高度化事業を利用して大型スーパーと共生方SCを完成。車社会に対応するために駐車場は2350台にする等多くの工夫をこらしています。厳しい商業環境にがんばる組合の姿を紹介します。
TV8-35 電子分野からうどん作りへ
新規事業へ即断即決!
宮城県のVTRやOA機器関連部品の下請け企業は取引先の海外への生産シフトで受注減となったが、地域の協力を得て「うどん」の製造・販売に取り組み、空洞化の危機を克服しています。同社の新規事業進出へのポイントを探ります。
TV8-36 全社あげての体質改善!!
作業用手袋メーカーの挑戦
激変する経営環境の中で、「足腰の強い強靱な会社体質づくり」をめざし、小集団活動、組織改編等を通じて効果を上げている企業が広島県にあります。作業用手袋メーカーの全社一丸となった体質改善への取り組みとその効果を紹介します。
TV8-37 おからがケーキに変身!
豆腐屋さんのニュービジネス
「おから」は家畜の餌以外に活用法がなかったが、徳島県の豆腐屋さんは、これを原料にカロリー半分のケーキを作ったところ、注文が殺到して生産が追いつかない状況とか。同社の資源の有効利用と地域振興に賭ける活躍をレポートします。
TV8-38 えっ!白い杖が音声案内?
光センサーで福祉機器開発
光センサーの技術を武器に26歳で会社をおこし、光を遠くかつ薄く飛ばせるコンパクトレンズを開発、この技術をベースに交通安全装置や視覚障害社用電子白杖等の福祉機器の開発に日夜取り組むベンチャー企業の活躍をレポートします。
TV8-39 魔法のハンドで夢をつかめ!
我ら技術屋家族
平成3年創業、従業員6人と規模は小さいながら髪の毛程度の薄さのラベルを台紙から剥がし張り付けるラベル張り付け機等自動化・省力化機器を、次々と開発する神奈川県の技術屋社長の創業者の夢と製品開発のポイントを探ります。
TV8-40 鮮やか!何でも切れる!
縫製機器から切断機を開発
厚手の生地を裁断するナイフに始まり、切断の困難な網や樹脂入りの合わせガラスを切断する機械を開発、さらに陶器や治金、セラミックス等の切断にも用途を拡大。切ることに技術を傾注している東京・下町企業の挑戦物語を紹介します。
TV8-41 北の町深浦生まれ!
ワカメ100%のヘルシー麺
地元産ワカメを100%原料として、カルシウムやミネラルが豊富なヘルシーフード「ワカメ麺」を地元水産加工研究所の協力を得て開発した青森県・深浦町の第3セクター企業を訪ね、地域資源活用型事業のポイントをレポートします。
TV8-42 独自路線で製造直販!
こだわりのカントリー家具
静岡県の家具メーカーは自社製品のアメリカン・カントリー家具を売るため、インテリア雑貨を加えた直営店を展開しています。アメリカ文化を消費者にわかりやすく伝える店舗づくりで売り上げを伸ばす製版一体経営をレポートします。
TV8-43 間伐材を活かし生ごみ処理!
一石二鳥の環境ビジネス
間伐材をキノコ栽培用培地等に使うため「バイオおが粉製造器」を開発、その「おが粉」の用途拡大で「分解消滅型生ゴミ処理機」を開発する等、資源の有効利用を通じて環境ビジネスを進める和歌山県の企業の情熱と努力を紹介します。
TV8-44 糖尿病患者のお手伝い!
健康管理食の宅配ビジネス
糖尿病患者は全国で1千万人といわれているが、食事管理が家族の大きな悩み。その悩みを解消するため、糖尿病患者向け食事サービスで業績を伸ばしている東京の企業を訪ね、サービスメニューの発想と成功のポイントを探ります。
TV8-45 時代を包む!
パッケージメーカーの商品開発
薬の置き箱作りからトータルパッケージメーカーを目指し、企画力とアイデアを武器に開発した製品は数百種類。「ますの寿司」や「オバQチョコ」のパッケージなど次々と独創的な商品を生み出す富山県の企業の商品開発の秘密を探ります。
TV8-46 高周波技術を活かす!
ガン治療器開発
「お客さまが儲かる機械をつくる」を哲学に、高周波応用機器を続々と開発。また、8年の歳月と25億円の研究費をかけて、京大と共同研究で世界的に注目されるガン治療器を開発する等常に一歩前進に努力する大阪の企業をレポートします。
TV8-47 空中撮影で活躍!
夢の飛行マシン発進
雲仙普賢岳の火砕流の空中撮影で活躍した、タコの原理を応用した産業用飛行機やカメラマンが同乗できないヨットレース用のカメラ等無人撮影装置の開発に情熱を傾注する熊本県創業者の姿をレポートします。
TV8-48 過疎の町の世界企業!
シリコーン製人工乳房
国内には約600社の義肢装具企業があるといわれ、その多くが地元での受注生産。その中で、世界9ヶ国の特許取得商品を作るとともに、乳ガン患者用の人工乳房等メディカルアートの開発に挑戦する島根県の世界企業の経営戦略を探ります。
TV8-49 廃棄ビンを再資源化!
新型カレット製造器
平成9年4月からの容器包装リサイクル法の施行に伴い、廃棄ビンの資源化を推進しようと小型移動式のカレット製造器を始め、建設資材用の砂状やパウダー状等幅広い用途に利用できる化レット器を開発した沖縄県の企業努力を紹介します。
TV8-50 紅いもを活かせ
読谷村の村おこし
村おこし事業は多くの地域で挑戦しているが、事業化がなかなか困難である。地元商工会が取り組んできた村おこし事業を発展させるため村民100%の出資会社で、村おこし理念を守りつつ企業としての自立を目指す沖縄県の企業をレポートします。