中小機構について >  情報提供活動 >  視聴覚教材 作成と貸し出し >  視聴覚教材リスト >  視聴覚教材リスト 国際化

視聴覚教材リスト 国際化

国際化

No. タイトル 時間 年度 内容
国際-3 「タイその豊かな未来インダストリー」 27分 4年度 特色ある新しい3つのタイの工業団地や日系企業2社のレポートを中心として、タイ国をめぐる最新の投資環境動向及び海外投資アドバイザー事業や現地での日系中小企業管理担当者セミナー風景を紹介します。
国際-4 海外投資アドバイザー制度の活用(米国編) 30分 4年度 海外投資アドバイザー事業を利用して、米国に進出し成功している中小企業のなかから、立地・事業活動の面で特色ある3社を選び、現地商習慣・雇用事情・現地政府機関との連携・地域への貢献・生活事情等の事例をリポートします。
国際-5 私達はこうしてタイ進出に成功した 27分 5年度 1000社を超える日系企業が進出しているタイ。その首都バンコクで活躍する日系中小企業の経営者から「なぜタイを選んだのか、投資先としてタイの魅力と問題点、これから海外投資をする企業家へのアドバイス」をリポートし、自動車部品製造業及び繊維の卸商業を長年営み成功した社長の一日の活動状況を紹介します。さらにバーツ経営圏の動向や国際交流の状況も報告します。
国際-6 「東南アジア進出に新時代到来」
(タイ・インドシナの投資環境を探る)
25分 6年度 現在、メコン河の周辺国ベトナム、ラオス、カンボディア、タイなどの経済成長には目を見張るものがあります。アジアを「戦場から市場へ」の合言葉に基づきタイは着々とこれら周辺国に自国の経済活動を拡げています。 現地ロケを通して、日本の中小企業も着実に根をおろしている姿を浮き彫りにします。 また、現地駐在員の奥様方にも出演して頂き、これらの国での生活実態を紹介し、新しいアジアの物の流れと資本の移動を明らかにします。
国際-7 「第2の創業への道」
(中小企業の海外展開事例、タイ消費財編)
40分 8年度 タイに進出した日本企業6社の活動レポートを基に事前準備、工場立ち上げ、現地運営などさまざまな観点から中小企業の海外進出における成否のポイントを探ります。
国際-8 「中小企業のための中国投資ガイド」1
〜日系中小企業の中国投資の現状と課題〜
16分 13年度 最近の中国の経済的変化、中国投資のメリット・課題等を中心に総論的な進出に係る判断ポイントをご紹介します。
国際-9 「中小企業のための中国投資ガイド」2
〜進出ステップ及び留意ポイント(製造業編)〜
16分 13年度 既に中国に進出している企業、特に製造業にスポットを絞り、進出後の経営状況、進出に際しての苦労・留意点等の事例をご紹介します。
国際-10 「中小企業のための中国投資ガイド」3
〜地域別投資環境(華東・華南・華北)〜
16分 13年度 今後の中国進出に際して、地域別の投資環境の違い等について中国側の外資受け入れ体制の状況を交えてご紹介します。