コンテンツへ
ホーム >  東日本大震災に関する中小企業支援策 >  中小機構からのお知らせ >  中小機構からのお知らせ(平成23年10月〜12月) >  調査レポート「被災地域における雇用創出と産業振興について(産業連関分析によるシミュレーションを中心に)」を公開しました

調査レポート「被災地域における雇用創出と産業振興について(産業連関分析によるシミュレーションを中心に)」を公開しました

平成23年11月22日    

  中小機構 経営支援情報センターは中小機構調査レポート「被災地域における雇用創出と産業振興について」を公開しました。

要約

○  本調査は被災地域の雇用に対し、震災と復興プロセスが与えるインパクトを定量的に推計するとともに、その後の中長期的な地域発展と雇用創出へ向けた定性分析を行いました。

○  宮城県石巻市をモデルに、被災後の建設需要があたえる経済効果・雇用創出効果を産業連関分析によって検証しました。加えて、同市の統計データ等をもとに、今後の産業振興と雇用創出の可能性を探ります。

目次

要約

1.背景と目的

  1. 石巻市の就業構造
  2. 人口・就業者数の推移と少子高齢化の進展
  3. 生産額からみた産業構造の推移 - 生産額シェアと特化係数

2.被災状況とそのインパクト

  1. 直接被害の状況
  2. 被害の波及効果

3.一次復旧にともなう雇用創出

  1. 復旧に係る建設投資額の試算
  2. 一次復旧にともなう雇用の創出

4.復興期における雇用創出

  1. 復興のタイムスパンと投資比率
  2. 想定される投資金額と、その按分
  3. 復興需要にともなう雇用の創出

5.長期的な産業振興と雇用創出に向けて

  1. 産業連関表から見た主要産業と波及効果
  2. 主要産業のこれまでの動向と短期的な見込み
  3. 結語:水産業の復興を中心に