コンテンツへ
ホーム >  東日本大震災に関する中小企業支援策 >  中小機構からのお知らせ >  中小機構からのお知らせ(平成23年5月〜6月) >  東日本大震災の被災事業者のための仮設施設整備事業の着工について(福島県いわき市久之浜地区、宮城県塩竈市海岸通り地区)

東日本大震災の被災事業者のための仮設施設整備事業の着工について(福島県いわき市久之浜地区、宮城県塩竈市海岸通り地区)

平成23年6月9日    


 中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」という。)は、東日本大震災により甚大な被害を受けた地域の中小企業等が早期に事業を再開できるように、仮設施設整備事業に着工します。
 中小機構が実施する仮設施設整備事業は、被災事業者等が入居して事業を行うために、地元自治体が提供した土地に、中小機構が仮設事業施設を建設して自治体に貸与する事業です。

 6月6日(月曜)現在で、33市町村210件の要望が寄せられており、現在、一日も早い着工に向け、自治体に建設予定地や入居企業等に関する情報の提供をお願いしつつ、協議を進めているところです。
 今般、自治体及び中小機構による準備が整った以下の2案件について、6月9日、関係自治体と中小機構が基本契約を締結し着工することとなりました。完成は8月初旬の予定です。

いわき市久之浜地区

市内の商店街で最も津波被害の激しい久之浜地区の商業者等を対象として、小学校校庭に仮設店舗、事務所を整備します。

  • 場所:福島県いわき市久之浜町久之浜字糠塚15
  • 種別:仮設店舗及び仮設事務所
  • 区画数:12区画
  • 入居予定者:小売業、サービス業、飲食業等
  • 建物構造:軽量鉄骨造 1階建て
  • 延床面積:約280平方メートル
  • 仮設施設整備事業開始:6月9日(工事着工6月10日)

塩竈市海岸通り地区

「マリンゲート塩釜」や市内の商店街で被災を受けた商業者等を対象として、共同店舗等施設を整備します。

  • 場所:宮城県塩竈市海岸通り226番5号地内
  • 種別:仮設店舗等
  • 区画数:20区画
  • 入居予定者:小売業、飲食業等 (6月中旬公募予定)
  • 建物構造:軽量鉄骨造 1階建て
  • 延床面積:約700平方メートル
  • 仮設施設整備事業開始:6月9日(工事着工6月10日)