コンテンツへ

中小機構の施設の提供について

東日本大震災災害対策のための中小企業基盤整備機構の施設の提供について

中小機構
平成23年3月17日

 

上記災害対策のため、被災地及びその周辺に所在する中小企業基盤整備機構の施設のうち安全が確保されたものについて、被災された自治体からの要請に応じて、自治体に提供する(一時使用)ことと致しました。

 

  1. 中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」という。)では、北海道、東北5県(青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県)栃木県及び千葉県において保有する施設について、被災した地方自治体から建設資材置き場、仮設住宅等の震災対策の用途に利用したい旨の要請があった場合には、提供(一時使用)することといたしました。施設の所在する地方自治体にもその旨伝えることとしております。
     
  2. 既に、中小機構は、相馬市から相馬中核工業団地、石巻市から石巻トゥモロービジネスタウン、奥州市から江刺中核工業団地の未分譲用地について、一時使用の提供の要請を受け、機構としては協力していく旨をお答えしているところです。
     
  3. 今後も、中小機構は、被災された自治体から相談を受けた場合は、施設の安全状況を確認したうえで、施設の所在する地方自治体と協議の上、可能な限り要請に応じていく予定です。なお、今後、施設の被害からの復旧次第で提供できる施設は増える可能性があります。

 

 

(参考) 既に、自治体に提供(一時使用)することにした産業用地

 

  1. 相馬中核工業団地(所在地 福島県相馬市)
    団地規模(分譲対象用地)約365.4ヘクタール
    提供可能用地 12区画28.3ヘクタール
     
  2. 石巻トゥモロービジネスタウン(所在地 宮城県石巻市)
    団地規模(分譲対象用地)約20.6ヘクタール
    提供可能用地 22区画13.1ヘクタール
     
  3. 江刺中核工業団地(所在地 岩手県奥州市)
    団地規模(分譲対象用地)約92.0ヘクタール
    提供可能用地 2区画6.1ヘクタール

 

資材・廃材、建設機材、救援物資等の置き場、仮設住宅等の利用を予定。

 

産業用地(団地)

 

団地名 所在地
旭川リサーチパーク 北海道旭川市緑が丘東
釧路・白糠団地 北海道白糠郡白糠町
空知団地 北海道美唄市茶志内町、
空知郡奈井江町字茶志内
道央栗沢団地 北海道岩見沢市栗沢町由良
夕張緑陽団地 北海道夕張市沼ノ沢
青森中核工業団地 青森県青森市
弘前オフィス・アルカディア 青森県弘前市
盛岡西リサーチパーク 岩手県滝沢村
オフィスアルカディア・北上 岩手県北上市
江刺中核工業団地 岩手県奥州市
江刺フロンティアパーク 岩手県奥州市
石巻トゥモロービジネスタウン 宮城県石巻市
新庄中核工業団地 山形県新庄市 
米沢オフィス・アルカディア 山形県米沢市
米沢八幡原中核工業団地 山形県米沢市
相馬中核工業団地 東地区 福島県相馬市
相馬中核工業団地 西地区 福島県相馬市
いわき四倉中核工業団地 福島県いわき市
宇都宮西中核工業団地 栃木県上都賀郡西方町大字本城及び鹿沼市深程

インキュベーション施設

研修施設

団地名 所在地
中小企業大学校仙台校 宮城県仙台市

(注)各施設において提供の対象となるのは、既に分譲されたり、貸与されたりしている部分以外の土地や建屋となります。
(注)一部の施設については、地震による損壊が見られることから、利用に当たっての安全性を確保するため、必要な修復を実施した上で提供することになります。