コンテンツへ
ホーム >  東日本大震災に関する中小企業支援策 >  中小機構からのお知らせ >  中小機構からのお知らせ(平成24年1月〜6月) >  調査レポート「被災地域における水産加工業の現状と課題」を公開しました

調査レポート「被災地域における水産加工業の現状と課題」を公開しました

平成24年2月21日    

  中小機構 経営支援情報センターは中小機構調査レポート「被災地域における水産加工業の現状と課題」を公開しました。

要約

○  本調査報告は、水産加工業の更なる復興への提言に先立って、被災地の復旧・復興に向けての取り組みとその過程における課題について、2011 年7 月から11 月にかけて宮城県石巻地区で水産加工品製造企業に対して複数回実施したヒアリング調査結果からとりまとめたものです。

○  調査の結果、行政側の支援に頼らず、被災地の漁師や水産加工業者たちを中心とする、復興に向けた自発的な取り組みが多く確認できました。しかし、復興過程において、雇用の創出、震災前からの取引先の維持、安定的かつ持続的な販路開拓といった課題が浮かび上がりました。

目次

要約

1.はじめに

2.東日本大震災による被災概況

  1. 水産関係施設の被災状況
  2. 宮城県の被災現況
  3. 地域的な特徴と水産加工業

3.復興に向けての取り組みと課題

  1. 被災地の水産加工企業の取り組み
  2. 復興過程における課題

4.終わりに