コンテンツへ
ホーム >  東日本大震災に関する中小企業支援策 >  仮設施設整備事業 仮設施設一覧

仮設施設整備事業 仮設施設一覧

仮設施設整備事業

 中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)では、東日本大震災被災地域の中小企業者や関係機関の1日も早い復興に向けて、被害を受けた地域において、市町村の要請に基づいて、仮設店舗、仮設工場等の施設を市町村と共同して整備しています。
 想定される入居企業の業種や事業実態を踏まえつつ市町村や関係者と協議し、協議が整ったところから、市町村で準備いただいた土地に、事業の再開を希望される複数の中小企業者等にご入居いただく仮設施設(仮設店舗、仮設工場、仮設事務所等)の建設を行っています。
 完成した仮設施設は、市町村に無償で一括貸与し、被災された中小企業者等に無償で貸与していただきます。また、仮設施設は、原則として1年以内に市町村に無償で譲渡します。

仮設施設整備事業等 全体状況(平成28年10月11日更新)

仮設施設整備事業等の全体状況についてお知らせいたします。

仮設施設整備事業 仮設施設一覧(平成28年3月10日更新)

 各県の仮設施設一覧になります。

※PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。