コンテンツへ

震災一年 仮設商店街の今

震災一年 仮設商店街の今タイトル

中小機構では、東日本大震災被災地域の中小企業者や関係機関の1日も早い復興に向け、仮設店舗、仮設工場等の施設を市町村と共同して整備しています。
震災から1年が経過する今、仮設店舗などに入居し、将来に向けて歩み始めている中小企業の皆様からのメッセージを紹介します。

※ 本特集は、2012年3月2日から3月18日までの期間に特集としてまとめたものです。

被災企業ゼロからのスタート

仮設店舗等に入居され、将来に向けて歩み始めた中小企業の皆様の、現在そして未来に向けての思いを紹介いたします。

仮設施設入居企業からのメッセージタイトル
ファミリーストアおおはし(福島県相馬市)

仮設商店街オープンまでの軌跡

仮設商店街は、皆様の希望と期待を胸に、さまざまなステップを経てオープンに至っています。ここでは、その舞台裏を紹介します。

仮設商店街ができるまで

復興支援アドバイザー制度

仮設商店街に入居されている皆様を含め、被災された事業者や自治体及び商工会・商工会議所などの支援機関を対象に、中小企業の事業再建、地域経済の再生、まちづくりに向けた復興計画の策定等に対し、各分野で実務経験の豊富な専門家を派遣しアドバイスを行っています。

 

東日本大震災に関する中小企業支援策

中小機構では、仮設商店街等整備のほかに相談窓口や共済事業、ファンド事業等さまざまな復興支援策を展開しています。  

 

共同企画J-Net21『特集 震災一年 -復興支援の今-』

J-Net21特集震災一年 復興の今(新規ウィンドウ表示)

中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」では、特集「震災一年 復興支援の今」を公開しています。
震災に係る支援策や、経営上のQ&A集などを掲載しており、被災中小企業に役立つ内容となっています。


 

関係機関からのお知らせ