コンテンツへ

あい菜館あさひ(石巻市)

あい菜館あさひ・及川陽子様あい菜館あさひ・及川陽子様

─被災前の営業、お取り扱いされていました商品・サービスやお仕事の内容をお聞かせください。

 石巻市中里の石巻バイパス沿いで、パチンコ店の中に入っている喫茶店でコーヒーサービスをしていました。

 

─被災の状況をお聞かせください。

 石巻市中里は元々地盤が低いところだったようで、普段でも大雨時に冠水する様な場所で、地震の後、徐々に水があがってきたんです。津波の直接被害というよりも浸水被害という感じですね。私の自宅は別の場所にあったのですが震災後に店に行ってみたら1階全部が浸水したようでした。
 私は、以前スーパーで販売に携わった経験がありましたし、当時はものがない状態ということもあり、自分たちも生活しなければという思いから、6月頃から新たに石巻駅前で小さな八百屋を始めたんです。
 

 

あい菜館あさひ店内

─仮設施設の入居申し込みをされた時のお考えなどお聞かせください。

 最初の駅前のお店は、秋頃に一旦閉めて仮設店舗に申し込んだんです。現在はここでの店舗販売のほかに、女川への移動販売も行っています。

 

─仮設施設に入居されて、希望、きっかけとなったお考えを実現出来ていますかお聞かせください。

 現在は他県からの人が来てくれているのでにぎわっていると思います。ただ震災から1年が経過しましたので、そういう人たちは徐々に減ってくるでしょうから、厳しくなっていくと思いますね。
 ただ、この店は生鮮野菜などを販売しているので、地元の方にご利用いただいてます。

 

 

─今後の展望、将来に対するお考え等をお聞かせください。

あい菜館あさひ外観
 これからはやはり地元の人に利用していただかなければならないと思っています。それだけに今後は地元の人が来やすく、利用しやすいような仕掛けが必要だと思いますね。
 この仮設商店街を利用いただく方はやはり高齢の方が多いですから、当店でもお客さんが休んでもらえるようなスペースを設けたりしています。
 

 

【入居仮設施設】

平成24年3月13日取材

企業データ

住所:宮城県石巻市立町二丁目157番1
名称:あい菜館あさひ

 

ウメシンスポーツ