コンテンツへ
ホーム >  東日本大震災に関する中小企業支援策 >  【取材レポート】被災企業の復興への取り組み

【取材レポート】被災企業の復興への取り組み

復興へさらなる前進─東日本大震災から4年

 震災から4年たち、着実に復興へ前進している岩手、宮城、福島3県の事業者の取り組みをリポートしました。

 ※中小機構が発行する施策普及紙「中小企業振興」平成27年3月1日号〜掲載した記事のウェブページ版です。

本格復興への決意─中小企業振興 中小機構設立10周年記念号より─

 平成26年7月1日で中小機構は設立10年を迎えました。施策普及紙「中小企業振興」10周年記念号では、中小機構がこれまでに展開してきた支援施策を掲載。ここでは、その中から東日本大震災からの復興を決意した企業へのインタビューを抜粋しました。

復興へのシナリオ ─ 被災中小事業者の挑戦と震災復興支援アドバイザー ─

 中小機構では、仮設店舗・工場の整備、専門家の派遣など、支援事業を行っています。ここでは、被災企業の復興へのシナリオとそれを支える復興支援アドバイザーの取り組みを紹介しています。

 ※中小機構が発行する施策普及紙「中小企業振興」平成24年9月1日号〜平成25年6月1日号に掲載した記事のウェブページ版です。

仮設からの報告 ─ 被災中小事業者の復興 ─

 「仮設施設」に入居し、復興・自立に向けて本格始動した被災中小事業者の現況をリポートしました。

 ※中小機構が発行する施策普及紙「中小企業振興」平成24年1月15日号〜8月15日号に掲載した記事のウェブページ版です。

被災企業のゼロからのスタート ─ 仮設施設入居企業インタビュー ─

 中小機構では、市町村の要請に基づき、共同で仮設店舗、仮設工場等の施設を整備しています。
「被災企業のゼロからのスタート」では、将来に向けて歩み始めた中小企業者を取材しました。

※内容は取材当時のものになります。

取材先一覧