中小機構について >  情報公開 >  中小企業基盤整備機構の情報公開 >  開示決定等に関する注意事項

開示決定等に関する注意事項

開示決定等の期限

開示請求をした法人文書については、開示請求をした日の翌日から数えて30日以内に開示、不開示等の決定が行われます。ただし、開示請求書の補正が行われた場合は、当該補正に要した日数はこの30日間という期間には算入されません。

開示決定等の期限をあらわした図

※ 窓口での受付は開示請求書の提出とともに開示請求手数料の納付が必要となります。

 

開示決定等の通知

開示決定等は、書面により通知されるため、この開示決定通知書等が開示請求者の手元に届くのには開示決定期限に加え、数日を要することがありますのでご留意ください。

 

開示決定等の期限の延長

  1. 正当な理由がある場合には、開示決定等を行う期限を30日を越えない範囲で延長する場合があり、その場合はその旨の通知が書面で行われます。
  2. 開示請求に係る法人文書が著しく大量であるため、開示請求があった日から60日以内にそのすべてについて開示決定等をすることにより事務の遂行に著しい支障が生じるおそれがある場合には、開示請求に係る法人文書のうち相当の部分の開示決定等を60日以内に行った上で、残りの法人文書については60日を越えて相当の期間内に開示決定等を行います。この場合、その旨の通知が書面で行われます。