開示請求の流れ

開示請求の流れ

1.開示請求に係る相談

  • 請求内容の特定
    法人文書ファイル管理簿、公開情報や窓口における打合わせ等により、開示請求する内容(法人文書)を決めてください。

 

2.開示請求書の提出

  • 開示請求手数料の納付
    開示請求書に所要の記載事項を記入し、開示請求手数料300円を添えて、情報公開窓口に提出してください。なお、開示請求書の提出は郵送でも可能です。開示請求手数料は現金もしくは銀行振込で納付してください。

 

3.開示請求書の補正

開示請求書の記載内容に不備等があった場合に必要になります。この補正を行っている期間は開示決定等の期限の30日には算入されません。

 

4. 開示等の決定

 

5. 開示決定通知書等の受領

開示決定等に不服のあるときは異議申し立てができます。

 

 

6. 開示実施申出書の提出

  • 開示実施手数料の納付
  • 手数料の減免手続き 等

 

7.法人文書の開示実施

閲覧、写し等の受領

 

8.更なる開示の申出

 

 

※ 2.から4.までは原則30日以内。