中小機構について >  個人情報保護 >  中小企業基盤整備機構の個人情報保護

中小企業基盤整備機構の個人情報保護

 「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」とは、個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防ぐため、独立行政法人等が個人情報の取り扱いに当たって守るべきルールを定めた法律です。中小企業基盤整備機構におきましても、同法の趣旨を踏まえて個人情報の適切な取扱を行ってまいります。

 

 同法に基づき、中小企業基盤整備機構が保有する個人情報に関して、本人関与の仕組(開示請求制度、訂正請求制度、利用停止請求制度)があります。

開示請求制度

 誰でも、独立行政法人等が保有している自分の個人情報について開示を請求することができます。

訂正請求制度

 誰でも、開示を受けた個人情報について、内容が事実でないと思うときは、訂正を請求することができます。

利用停止請求制度

 誰でも、開示を受けた個人情報について、不適法な取得、利用又は提供が行われていると思うときは、利用の停止等を請求することができます。

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。