経営者をサポート >  ものづくり企業への支援 >  ものづくり支援(研究開発支援) >  戦略的基盤技術高度化支援事業

戦略的基盤技術高度化支援事業

中小製造業の研究開発から販路開拓までの取り組みを、補助金などにより支援する事業です。

国(経済産業局)が、共同体(ものづくり中小企業・小規模事業者、大学、公設試等で構成)を補助します!

「戦略的基盤技術高度化支援事業」の概要

 戦略的基盤技術高度化支援事業は、通称「サポイン事業」(サポーティング・インダストリーの略)と呼ばれ、ものづくり基盤技術の向上につながる研究開発から販路開拓までの取り組みを支援する事業です。

 特に、複数の中小企業者、最終製品製造業者や大学、公設試験研究機関等が協力した研究開発であって、この事業の成果を利用した製品の売上見込みや事業化スケジュールが明確に示されている提案を支援します。

 

対象者

法の認定を受けた ものづくり中小企業・小規模事業者を含み、大学、公設試験研究機関等により構成される共同体

 

支援内容

◆対象事業:

中小ものづくり高度化法の認定を受けた計画を基本とした研究開発事業

◆補助事業期間:

2年度又は3年度

◆補助金額:

初年度4,500万円以下(補助率:2/3以内)
(大学、公設試等は1,500万円以下)
2年目は初年度補助金交付決定額の2/3以内(1,000万円以内)
3年目は初年度補助金交付決定額の半額以内(750万円以内)

サポインの27年度公募情報は下記のとおりです。

申請に関するご相談

サポイン事業の申請に必要な提案書の作成について、中小機構の全国9ヵ所の地域本部で相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

経済産業大臣の認定を受けるために必要な研究開発計画の作成についてのご相談も受け付けています。

参考

サポイン事業は中小企業技術革新制度(SBIR)に指定されています。

お問い合わせ先

経営支援部 経営支援課(ものづくり支援担当)

電話:03-5470-1523(直通)