平成23年度調査報告書

本年度は、「中小企業海外事業活動実態調査」は、国内の中小企業に対するアンケート調査(調査対象:51,000社、調査期間平成24年3月〜4月)などにより中小企業の海外展開の現状、課題、今後の展望、海外展開に係る支援サービスのニーズ等を調査するものです。

 

 今回の調査では、製造業だけでなく、サービス業も海外展開を加速させていることがうかがえました。また、独自の製品やサービスをもつ中小企業にあっては、技術力を高めてきた中国や韓国等の海外企業との厳しい価格競争や円高の影響を受け、生き残りのために、製造コストの削減、とりわけ安い人件費の確保を求めて、製造・販売拠点の海外展開に取り組んでいました。

さらに、進出先においては、海外製造拠点に加えて、海外販売拠点としての機能も強化されてきています。海外拠点における販路開拓も重要な機能として位置づけられ、特に中国国内での市場開拓や、さらに第3国への輸出に積極的に取り組む事例もみられました。

 一方、中小企業が海外展開するにあたり、海外展開の計画段階では、海外展開資金の確保が、そして実施段階では、海外展開後の現地マネジメント人材の育成・確保などが、大きな課題となっていました。

 

 

 本調査が、海外で事業を展開している中小企業の方々や、今後海外展開を目指している中小企業の方々、さらに中小企業を支援している関係機関の方々にとって、有意義な情報となることを期待しています。 

 最後に、本調査の実施にあたり、多大なご協力を賜りました中小企業の皆様には、厚く御礼申し上げますとともに、皆様のますますのご発展を祈念いたします。

 

平成23年度調査報告書

〈以下すべてPDFファイル〉

目次(PDF)

1.調査実施概要(PDF)

2.回答企業の概要(PDF)

3.海外展開企業の概要(PDF)

4.海外非展開企業の活動状況(PDF)

5.海外展開環境の変化による影響(PDF)

6.資料編(アンケート調査票)(PDF)

要約版報告書(PDF)

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 販路支援部 販路支援課(海外展開支援担当)
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
電話:03-5470-1522 FAX:03-5470-1527
E-mail:kei-kokusai@smrj.go.jp