• 起業支援
  • 経営力の強化
  • 事業の拡大
  • 人材育成
  • ファンド出資
  • 共済制度
  • 支援者向け
経営力の強化 >  国際化支援 >  調査報告書 >  海外調査 >  バンコク >  タイのお正月(ソンクラーン)

タイのお正月(ソンクラーン)

 タイ王国には、お正月が3回有ります。1月1日の新年と2月上旬の中国正月、そしてタイのお正月4月13日です。
 それぞれ、新年なので「サワディー・ピー・マイ・カップ(女性はカー)」、日本語の「新年あけまして、おめでとう」といって挨拶するわけです。


 タイのお正月4月13日はソンクラーンと呼ばれ、4月13日から15日迄、国民の祝日になります。「水掛け祭り」とも言われタイ・プラマーン(バラモン)暦の新年だそうです。タイの人たちは1月1日よりもこの日を盛大にお祝いします。
 日本と同じようにお嬢さん達は、晴れ着を着て寺院にお参りします。寺院に参拝に来た人達は仏像に聖水をかけ金箔を購入して仏像に貼ったりしてタンプン(功徳)するわけです。その後、年始回りをしたりする習慣は日本に似ています。
 この3日間は、お互いに水を掛けあって楽しむのが習慣となっていて、知っている人も知らない人もタイ人も外国人も誰彼構わず道路を歩いていると水を掛けられます。
 この3日間に限っては、水を掛けられても怒ってはいけないことになっています。(もっともこの日以外にいきなり知らない人に水を掛けることはまずないと思いますが。)
 若者達は、小型トラックの荷台に大きな水カメを積んで、町中を走り回り、誰彼構わず水を掛けまくります。
 我が家の子供達も、この日のために大型の水鉄砲を買って準備していましたが、私に似て気の小さな息子は、一度も人に水を掛けることが出来ず、ひたすら水を掛けられたようです。
 バンコックよりも、地方の方が華々しく水を掛け合うようで、特にチェンマイ地方では、バケツで水を掛け合うようです。
 水を掛けられた人を見るのは、本当に可笑しく、私も思わず笑ってしまいましたが、その後、 直ぐに自分が頭から水を掛けられたときには、どうしたら良いのかが分からず、途方にくれました。
 ソンクラーンの時期にタイを訪れる方は、くれぐれも一張羅を着て町を歩かないように、現地駐在員からご報告します。