経営者をサポート >  海外展開(進出・販路拡大) >  国際化支援メールマガジン >  国際化支援メールマガジンバックナンバー(第1号〜第10号)

国際化支援メールマガジンバックナンバー(第1号〜第10号)

※バックナンバーのため、各記事のリンクが切れている場合がございます。 あらかじめご了承ください。

2014年9月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン   [2014年9月10日 #10]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、アメリカ在住の小川アドバイザーがコラムを執筆しております。

────────────────────────────────

■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】世界経済の動きを知る!

【3】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報

【4】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│ 1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────
 「米国には「安心」はない」

中小機構 国際化支援アドバイザー 小川 潔美

――――――――――――――――――――――――――――――――

まず、私自身の失敗談を紹介いたします。学生として渡米した私は、
就職が決まり、学生ビザから就労ビザへの書き換えが必要になりました。

知人に相談したところ、移民弁護士なる人物を紹介され、
その弁護士が私の就労ビザを申請しました。

あいにく、申請期限が迫っていたこと、
そして米国が不況であったため就労ビザ発行を制限していたこともあり
腕の良い弁護士が必要でした。

頭はまだ日本の私は、弁護士に先払いをすれば、
私のケースを最優先に扱ってくれ、
決してミスをするようなことはないであろうとタカをくくっていました。

ところが結果は最悪で、就労ビザが却下されてしまいました。
原因は(後に非常に高額な弁護士を雇い判明したことですが)
最初の弁護士が作った書類に多くの不備があったことでした。

この高額のレッスンは、
その後、私のビジネスに大変役立つことになりました。
どのように役立ったか、例をいくつかお話します。

1.米国では、サービスに対する対価は
「パフォーマンスに対して(すなわち、実績に対して)」
払うもので あるということ。

「満腹の犬は学ばない」の例の通り、
米国ではサービス業は顧客から取漏れがないようしっかり
パフォーマンスする、顧客もパフォーマンスに対して対価を払い、
パフォーマンスが満足いかなければ払わないということ。

実際、米国の専門職と言われる人々の品質はまちまちですので、
結果を見届けてから支払いを行うことが大切です。

2.(もともとはロシアの諺ですが)故レーガン大統領の名言に
「Trust but Verify(信頼しても確認する)」という言葉があります。

どんなに信頼できる情報でも、確認が必要、ということですが、

上記私の失敗談は、
「知人の紹介、先払いなので私の仕事を優先してくれるはず」と
勝手に信じてしまったことが失敗でした。

本来であれば、
この弁護士の仕事を緊密にモニターすべきであったと反省しています。

日本で「安心してお任せください/お任せします」という表現をよく耳にします。
米国では‘安心してお任せ’できることは何もなく、
常に相手方のモニターが必要です。

すなわち、依頼者がコントロールを握っているわけです。
また、仕事を依頼される方も自分が結果に対して全責任を負うことになるので、
通常「安心してお任せください」とは言いません。

そのような表現を相手方がする場合、
契約書や説明書のどこかに必ず免責事項が書かれています。

これから米国でビジネスを行う方たちは、
米国には「安心」はないということに注意ください。

(2014年9月10日)

--------------------------------------------------------------------
■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
-------------------------------------------------------------------- 

中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
しています。

海外ビジネスで困ったことがあれば
国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 2│世界経済の動きを知る!  提供元:世界経済評論IMPACT
└─┴─────────────────────────────

【グローバル都市と多国籍企業の立地】

どこに住むのかという問題は、個々人の生活において非常に大切な問題です。
また、どこに立地するのかという問題は、企業にとって重要な検討事項です。
この立地の問題を検討する際に、国や地域、市町村だけでなく、
都市の存在を無視することはできません。
近年では「グローバル都市(global city)」という言葉も頻繁に取り上げられています。
ここでは、グローバル都市と多国籍企業の立地についてお話ししたいと思います。

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140901hayashi.html(新規ウィンドウ)

 

【動き出したデリー・ムンバイ産業大動脈構想の最新動向】

目下、日印共同の野心的プロジェクトとして、
90億ドル規模に及ぶデリー・ムンバイ産業大動脈(DMIC)構想が
着実に動き出している。

DMIC構想とは、デリー・ムンバイ産業回廊の構築を通じて、
インド西部6州(デリー、ハリヤナ、ウッタル・ウッタル・プラデーシュ、
マディヤ・プラデーシュ、グジャラート、マハラシュトラ)をまたがる地域に

グローバル製造業・商業ハブの形成ことを目指したものである。
DMIC構想は、所得倍増計画に連動して60年代に打ち出された
太平洋ベルト地帯構想を連想させるが、
その青写真は40年までに24の産業都市の形成が目指す壮大なものになっている。

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140811kojima_makoto.html(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 3│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────

■【中小機構 東京】
9月29日 中小企業のための国際物流・海外決済大相談会開催

海外展開を成功に導くためのパートナー探しは重要です。

ただ、資金やノウハウがある大企業ならまだしも、
これから海外展開をする中小企業の中には、
自社にあったパートナー探しで困っている方もいらっしゃると思います。

そもそもパートナーはどのように探したらいいの?
どんな物流業者を選んだらいいの?
決済業者ってどのような点で支援をしてくれるの?

このようなお悩みを一度で解決する出会いの場を提供します。

海外展開のパートナー探しを検討中の方、
物流事業者や決済事業者のサービスの内容を詳しく知りたい方は
是非ご参加ください。

▼詳細およびお申し込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/butsuryu/

 

■【中小機構 東京】
9月16日 ミャンマーにおけるビジネスチャンスと中小企業のグローバル経営

ミャンマーは、2011年3月民主化移行後、アジア最後のフロンティアとして、
ハード、ソフトのインフラ整備はこれからですが、将来の可能性を見込み、
関心も急速に高まっています。

中小企業にとっても、
よく市場を見ることにより、ビジネスチャンスは拓けてくるでしょう。

今回はこうしたミャンマーに焦点をあて、
ビジネスチャンスと中小企業のグローバル経営についてご紹介します。

残席まだありますのでぜひお申し込みください。

▼詳細およびお申し込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/jinzai/tokutei/089609.htm

 

■【中小機構 福岡】
9月12日 データと成功事例で考える「越境ECの可能性」

インターネットを使って、
海外のお客様にモノを売ることが誰でも簡単にできる時代になりました。
しかし、まだまだ成功例も少なく、
最初の一歩を踏み出せない人が多くいらっしゃいます。

「海外に売りたいけれども、どうやってやれば良いかわからない・・」
「うまくいってるショップはどんなやり方をしてるの?」
「越境ECをやるうえで何を注意したらいいの?」

本セミナーでは、そんな方のお悩みを解消すべく、
今知っておくべき「越境EC」について、
越境ECのプロフェッショナルが詳しくお話しします。

▼お申込みおよび詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/schedule/089468.html

 

■【中小機構】
海外展開事業管理者研修 <全9日間>

アジアへの海外展開を志向する企業の経営者・経営管理者が、
その事業判断を行い、実行するために必要な知識・ノウハウを身に付けることが
できる研修です。海外展開の管理者

<会期>
2014年10月8日(水曜)〜10日(金曜)/11月5日(水曜)〜7日(金曜)/12月3日(水曜)〜5日(金曜)

<特長>
・豊富な事例で海外展開の実態がわかります
・自社の「海外展開事業計画書」を作成していただきます
・海外展開事業計画書を評価し、意思決定のポイントを学んでいただきます

▼お申込みおよび詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/list/details2014/086093.html

 

■【中小機構 関東】
10月20日 ビジネス交流会inとみおか

「医工連携事業」セミナーの中で、
ビジネスマッチング事業「ジェグテック」に係るセミナーが開催されます!

医療産業はアベノミクスの成長戦略の一つに位置づけられ、
特に医療機器産業は規制緩和により高成長が期待されています。
これから、参入を目指す企業の方や現在医療分野に携わっている企業の方に、
医療機器産業や医療機器における技術動向、
メーカーが求める製造技術について周知するとともに、
自社技術のPRと受注先開拓のツールとして
注目されるビジネスマッチングの説明の中で、ジェグテックをご紹介します!

▼お申込みはこちら
http://www.tomiokacci.or.jp/ (新規ウィンドウ)

 

■【日本生産性本部】
国際機関が提供する英語での海外研修プログラムへの参加者募集中!

アジア生産性機構(APO)が主催する中小企業の経営者・管理者の能力向上や、
創業者支援・能力向上を目的とした、海外研修プログラムをご案内します。
いずれも現地滞在費や渡航費等の経費補助があり、低コストでご参加が可能です。
アジア新興国等海外市場における新たなビジネスニーズの探索や、
グローバル人材を育成する機会としてご活用ください。

1.ワークショップ:起業・創業促進とパートナーシップ
日程:2014年12月15日(月曜)〜18日(木曜)4日間
開催地:ラオス
対象:起業支援に携わる地方自治体職員、起業家

内容:

アジアの起業成功者の体験談講義を通じて、
起業促進において重要となるポイントを学ぶとともに、
アジアの独自性に焦点をあてた起業促進スキームのベスト・プラクティスを共有します。

2.国際生産性フォーラム ─アジアにおける中小企業のネットワーク強化─
日程:2014年12月8日(月曜)〜10日(水曜)3日間
開催地:スリランカ
対象:業績向上のために生産性向上技法を適用している中小企業経営者・経営幹部

内容:

セミナーを通じ各国の中小企業において実践された
生産性向上のベスト・プラクティスを共有するとともに、
アジアにおける中小企業経営者・経営幹部の関係強化を図ります。

詳細情報は下記リンクよりご確認ください。

▼日本生産性本部 アジアグローバルリーダー育成
http://consul.jpc-net.jp/international_study/apo_index.html(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 4│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────

■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品─

優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチング
サイト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品─』
をオープンいたします。

ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国
内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチン
グや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こ
すきっかけとなることを目指します。

ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
中小企業の方はぜひお申込みください。

PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等
の情報を掲載しております。

▼詳細はこちら
http://jgoodtech.smrj.go.jp/ (新規ウィンドウ)

 

■海外展開に関する情報はここでチェック!

海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

▼『国際化支援レポート』
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html

 

■海外展開を思い立ったらまずは確認

海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
わかりやすく説明しています。
「海外事業を成功させるための方法」
「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。

▼『中小企業の海外展開入門』
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)

 

■ネットを使った販路開拓を支援!

中小機構では本年度から、
ネットを使った販路開拓を考えている方を対象に、
全国各地でセミナー開催を行っております。
セミナー情報については以下のサイトでご確認いただけます。

▼eコマースセミナーページ
http://ec.smrj.go.jp/index.html(新規ウィンドウ)

――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年10月10日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年8月11日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン   [2014年8月11日 #9]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、カンボジア在住の服部アドバイザーがカンボジアでのビジネスを
行う上での成功の秘訣についてコラムを執筆しております。

────────────────────────────────

■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】世界経済の動きを知る!

【3】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報

【4】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│ 1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────
「カンボジアビジネス成功と失敗の分かれ目」

中小機構 国際化支援アドバイザー 服部 寛

――――――――――――――――――――――――――――――――

私はカンボジア王国シアヌークビルで日本政府ODA円借款事業として開発された
シアヌークビル港経済特区の販売運営指導と
企業誘致活動を2009年から開始し5年になります。

カンボジアで唯一の臨海工業団地で日本品質のインフラを完備し、
原材料輸入・製品再輸出型加工工場の最適の立地を誇るこの経済特区に
これまで3社の日系工場の進出を実現しました。

これまでの視察訪問企業に対して
私がアドバイスしてきたカンボジアでのビジネス成功の秘訣をお話しします。

日系製造業のカンボジア進出は2011年から本格化しましたが、
その流れに乗り進出して来られた会社で、人のいう事を鵜呑みにして信じ、
進出後に進出先のインフラ環境や運営面で聞いていた話と違うという現実に直面して
大変ご苦労された工場がいくつかあります。
また、製造業ではありませんが、実力者を知っているという肩書名刺に騙され、
詐欺事件に巻き込まれ大金を投資してしまったケースもありました。

これらから学ぶべき教訓は、

カンボジア進出時には「口先案内人にはご用心!」「うまい話には気をつけろ!」です。

港で仕事している私はよき水先案内が出来るように訪問者に対しては、
常にいい話からではなく悪い話から入ります。

例えば、カンボジアでは、法令があっても、そのルール通りにはいかず属人主義的に運用され、
それが今なおカンボジア社会に深く根づいている
賄賂体質(領収証が出ない非公式費用)の温床となっていること。

私がいる港湾公社でもその傾向がありますが、各種許認可を司る官庁の公務員の仕事は、
官僚主義的上意下達・文書主義・自主性柔軟性欠如の3つが彼らの仕事のルール。

それ故、この国で新規事業を立ち上げる時は、
人任せではなく自分たちですべてやるという覚悟をもつことが大切で、
且つ、よき助言者を見つけること。

カンボジアでは、
「人の話を簡単に信じるな!」

「必ず、自分の目と耳で現場の空気もしっかり確かめること!」 
の二つがカンボジアビジネスの基本動作です。

逆に、いいお話としては、私自身が隣国2ヶ国を
「物のタイ」「人のベトナム」と名付けたのに対し、

私が「心のカンボジア」と評したカンボジアの人々は、真面目で勤勉な国民性が取り柄です。

国内流通通貨は米ドル、言葉も英語が広く話され、
ビジネス・日常生活では英語さえできれば全く不自由はありません。

更に、シアヌークビルは都会の雑踏や辺境の不便さがなく、
ビーチリゾート観光地であり生活環境が抜群です。

比較的治安がよく政治経済も安定、
そして安心して駐在できる安息地シアヌークビルへ是非お越し下さい!

というのが私のお誘いキャッチフレーズです。

(2014年8月11日)

--------------------------------------------------------------------
■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
-------------------------------------------------------------------- 

中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
しています。

海外ビジネスで困ったことがあれば
国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 2│世界経済の動きを知る!  提供元:世界経済評論IMPACT
└─┴─────────────────────────────

【グローバル中小・中堅企業から学ぶビジネスモデル】

かつてグローバル化と言えば大企業の戦略分野であったが、
今やグローバル化は中小・中堅企業にとっても重要な成長戦略のツールである。

確かに、以前から特定の技術で世界的に注目されている中小・中堅企業というのは数多い。

例えば、痛くない注射針で有名になった企業などは、その典型例であろう。

確かに、特定の技術的な強みを武器に世界的に知名度の高い中小・中堅企業は以前から存在するが、
中小・中堅企業の場合、世界的な技術には注目されるが、
その技術を背後から支えるビジネスモデルにはあまり目が向けられてはこなかった。

しかし、世界的な中小・中堅企業というのは、強い技術だけではなく、
その技術を生かすビジネスモデルを構築している

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140714takai.html(新規ウィンドウ)

 

【中国式ネット取引イノベーション:タオバオの三者認証システム】

中国の2012年のネットユーザー数は5.6億人、普及率は42%であった。
2011年のネットショッピングの市場規模は11兆円であり、消費財小売総額の4.3%に過ぎなかった。
それが2014年現在、まさに爆発的に拡大している。現在はCtoCがネット取引の70%を占めるが、
5年後にはBtoCが過半を占めると予想されている。

CtoCで圧倒的なシェアを誇るのがアリババ系の「タオバオ」(淘宝)である。

北京、上海、広州の3大都市のネットショッピング利用頻度では「タオバオ」が95%を占め、
5%のシェアの「拍拍網」(テンセント)に圧倒的な差をつけている。
なぜこんな大躍進が可能になったのか。

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140728yasumuro.html(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 3│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────

■【中小機構 東京】
第3回SWBS開催のご案内

SWBSは、海外進出に意欲的な中小企業の皆様とそれをサポートする組織との
出会いの場をご提供いたします。
第3回SWBSはサポートメンバーでもある西武信金さまと連携し、ASEAN地域に
限定したベストパートナー選びをサポートいたします。

日時:平成26年9月9日(火曜)13時〜19時15分
会場:西武信用金庫本店 JR中央線 中野駅徒歩2分

参加ご希望の方は、以下のご案内サイトより
開催概要をご確認の上、参加申込をお願い致します。

▼詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/swbs/index.html

 

■【中小機構 東京】

ジェトロでは、インド・バンガロールで開催される南アジア地域最大の工作機械・金属加工機械の
専門展示会「IMTEX2015」における「ジャパン・パビリオン」の出展者を募集しています。
この「ジャパン・パビリオン」においては、参加中小企業の皆さまを対象として、中小機構による
「海外展示会出展サポート」を実施し、海外企業との商談を支える幅広いサポートをご提供します。
本展示会へのご出展を是非ご検討下さい。

<概要>

  • 主催:ジェトロ
  • 会期:2015年1月22日(水曜)〜28日(木曜)
  • 開催地:インド・バンガロール
  • 出品対象物:工作機械、金属加工機械、工具、測定機器、関連部品等
  • 募集小間数:ジャパンパビリオン14小間
  • オンライン登録締め切り:2014年8月14日(木曜)

▼お申し込み及び詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/news/065251.html

 

■【中小機構 東京】

8月28日(木曜)ネットを使って海外でものを売りたい方におすすめです

インターネットを使って、 海外のお客様にモノを売ることが誰でも簡単にできる時代になりました。
しかし、まだまだ成功例も少なく、最初の一歩を踏み出せない人が多くいらっしゃいます。

「海外に売りたいけれども、どうやってやれば良いかわからない・・」
「越境ECをやるうえで何を注意したらいいの?」

本セミナーでは、そんな方のお悩みを解消すべく、今知っておくべき「越境EC」について、
越境ECのプロフェッショナルが詳しくお話しします。

▼お申し込み及び詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/schedule/089351.html

 

■【中小機構 東京】

9月2日(火曜)誰も教えてくれなかった貿易のノウハウを知りたい方におすすめです。

インターネットを使って、海外との取引は簡単になったけれども貿易コストが課題で
なかなか思い通りにいかない。本セミナーでは、今まで取り上げられて来なかった貿易ノウハウを経験豊富なコンサルタントがお話しします。

▼お申し込み及び詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/schedule/089433.html

 

■【中小機構 近畿】

地方開催第1弾!9月4日(木曜)第1回SWBS in 近畿 参加者大募集中です!【無料】

SWBSは、海外進出に意欲的な中小企業の皆様とそれをサポートする組織との
出会いの場をご提供いたします。
官民の海外展開支援機関、海外の貿易・投資促進機関が一堂に集まり、海外展開に関心の
ある中小企業に情報発信する一大イベント【海外展開支援フェスタ】と連携して開催いたします!
※詳細に関しましては中小機構近畿ホームページなどで随時ご案内いたします

▼お申し込みはこちら
※ 海外展開支援フェスタへの参加登録をお願いします。相互入場可能です。
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=17637(新規ウィンドウ表示)

 

■【JICA 全国】

2014年度第1回JICA「中小企業連携促進基礎調査」業務説明会のお知らせ

(独)国際協力機構(JICA)中小企業海外展開支援事業における
標記調査(7月下旬公示予定)にかかる業務説明会を、
8月19日(火曜)、20日(水曜)14時から15時までで行います。
同事業に関心がある、
または応募を検討している企業関係者のみなさまの参加をお待ちしております。

▼お申し込み及び詳細はこちら
https://wisejp.sakura.ne.jp/jica/renkei2014/(新規ウィンドウ表示)

 

■【毎日新聞社 ロシスカヤ・ガゼタ】

日本・ロシアフォーラム2014」への参加者を募集しています

毎日新聞社及びロシスカヤ・ガゼタが主催して、2014年9月9日・9月10日の両日、
モスクワで「日本・ロシアフォーラム2014」を開催します。ビジネス・技術
 ・文化スポーツを接点に両国関係を話し合い、両国の交流を目的としてしています。
昨年の東京での初開催に続く、第2回目の開催になります。
8つの分科会テーマを設け、各分野で両国を代表するパネリストを迎えて議論を深めます。
関心がございましたら、是非、ご参加ください。

  • 開催日:2014年9月9日(火曜)〜10日(水曜)
  • 場所:ワールド・トレード・センター・モスクワ

▼詳細はこちら
https://www.japanrussia-forum.com/(新規ウィンドウ表示)

 

■【アジア生産性機構(APO)】

国際機関が提供する英語での海外研修プログラムへの参加者募集中!

アジア生産性機構(APO)が主催する中小企業の経営者・管理者の能力向上や、
創業者支援・能力向上を目的とした、海外研修プログラムをご案内します。
いずれも現地滞在費や渡航費等の経費補助があり、低コストでご参加が可能です。
アジア新興国等海外市場における新たなビジネスニーズの探索や、
グローバル人材を育成する機会としてご活用ください。

  1. 中小企業ネットワーク台湾視察団
    日程:2014年10月6日(月曜)〜10日(金曜)5日間
    開催地:台湾 対象:中小企業経営幹部、中小企業コンサルタント
    内容:金融危機や自然災害などのリスクに備え、海外に拠点を持つ中小企業がビジネス回復力をいかに高めていくか、
    アジア太平洋地域の経営者との意見交換や企業視察を通じて学びます。
  2. 中小企業振興視察団
    日程:2014年9月29日(月曜)〜10月3日(金曜)5日間
    開催地:台湾
    対象:中小企業幹部
    内容:生産性・品質・利益率向上を達成している中小企業への訪問や、
    各国からの参加者との議論を通じて、
    中小企業に必要な生産性向上のための方法やツールを学びます。
  3. 米国に学ぶ「スマートグリッドコミュニティ」
    日程:2014年10月13日(月曜)〜17日(金曜)5日間
    開催地:ハワイ(米国)
    対象:電気事業に関わる企業の管理者
    内容:ハワイで視察を通じて最新のスマートグリッド技術に触れながら、
    生産性向上や競争力強化への効果や課題について議論します。

▼詳細情報は下記リンクよりご確認ください。
日本生産性本部 アジアグローバルリーダー育成
http://consul.jpc-net.jp/international_study/apo_index.html(新規ウィンドウ表示)

 

■JAPAN HALAL EXPO 2014の開催について

イスラム市場向けのビジネスやハラルに関する国際フォーラム・展示商談会
「JAPAN HALAL EXPO 2014」が開催されます。
このイベントにはアジア・中東7カ国のハラル関係機関の参加が予定されており、
国内外の多数の関係者が一堂に会し、
イスラム市場の最新動向やインバウンドの新たな取り組み等について、情報発信を行ないます。
現在、フォーラム参加者と展示商談会への出展者を募集しています。

〔名称〕 JAPAN HALAL EXPO 2014
〔会期〕 2014年11月26日(水曜)〜27日(木曜)
〔会場〕 幕張メッセ 国際会議場
〔内容〕 ハラルに関するフォーラム・展示商談会・国別セミナー ほか

〔お問合せ〕 ジャパンハラルエキスポ2014実行委員会(事務局:幕張メッセ)

▼お申し込み及び詳細はこちら
http://japan-halal.jp/(新規ウィンドウ表示)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 4│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────

■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品─

優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサイト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品─』 をオープンいたします。

ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけとなることを目指します。

ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
中小企業の方はぜひお申込みください。

PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等の情報を掲載しております。

▼詳細はこちら
http://jgoodtech.smrj.go.jp/(新規ウィンドウ)

 

■海外展開に関する情報はここでチェック!

海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

▼『国際化支援レポート』
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html

 

■海外展開を思い立ったらまずは確認

海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
わかりやすく説明しています。
「海外事業を成功させるための方法」
「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。

▼『中小企業の海外展開入門』
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)

 

■ネットを使った販路開拓を支援!

中小機構では本年度から、
ネットを使った販路開拓を考えている方を対象に、
全国各地でセミナー開催を行っております。
セミナー情報については以下のサイトでご確認いただけます。

▼eコマースセミナーページ
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構 
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年9月10日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年7月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン   [2014年7月10日 #8]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、ラオス在住の鈴木アドバイザーがラオスの意外に知られていない
一面についてコラムを執筆しております。

また今月から一般社団法人世界経済研究協会発行の世界経済評論IMPACT
との連動企画がスタートしました!

────────────────────────────────

■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】世界経済の動きを知る!

【3】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報

【4】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│ 1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────
「格差社会が拡がるラオス」

中小機構 国際化支援アドバイザー 鈴木 基義

――――――――――――――――――――――――――――――――

2009年までラオスは1人当たりGDPが1000ドルに満たない最貧国であったが、
2013年にはついに1500ドルを超えた。

1500ドルといっても、1年間に1人当たり15万円(1ドル=100円として)の所得
しかないから貧しい国であることに間違いはない。

しかし首都ヴィエンチャンでは、その真逆な現実としての豊かなラオスがまぶしい。

ヴィエンチャン市内の道路のほとんどがアスファルト舗装されたし、
建設ラッシュが続く。

おしゃれなブティックやレストラン、ホテルが次々とオープンしている。
日本食レストランで大きな船盛を注文しているのはラオス人ばかりである。

ヴィエンチャン市内には中古自動車がほとんど走っていない。新車ばかりだ。
ベンツやレクサス、ランドクルーザーが街中を疾走する風景に外国人は当惑する。
「最貧国のはずなのに・・」と首をかしげる外国人は多い。

自動車の輸入関税は110パーセントだから、450万円のトヨタランドクルーザーは
ラオスでは945万円もする。
月80ドルの最低賃金では軽自動車だって買えるわけがないはずだ。

過去10年間のラオスの平均経済成長率は8%。これは、アセアン10ヵ国中で最も高い。
しかしこれだけではラオス経済の不思議を解くには不十分すぎる。

ラオスのこの不思議を解く鍵は、産業構造と就業構造にあるかもしれない。

ラオスの2013年のGDPは約100億ドルである。農業はGDPの28%を占めるに過ぎない。
しかし就業人口の67%は農業に従事しているから農業部門の1人当たりの産出は
613ドルに過ぎない。

一方、工業の産出は33%、就業人口の48%を占めるので、
工業の1人当たりGDPは1036ドルとなる。サービス部門の産出はGDPの39%を占めるが、
就業人口の5.4%を占めるに過ぎないため、一人当たりの産出は、11039ドルと高い。
これはマレーシアの10548ドル、タイの5674ドルと国際比較するなら、
ラオスのサービス部門がいかに高い産出をあげているか想像に難くない。

産業間の比較をすると、
サービス部門の1人当たりの産出(11039ドル)は農業(613ドル)の18倍の水準になる。

ヴィエンチャンのような都市では、
行政やホテル、レストラン、ゴルフ場、銀行などのサービス産業が主要である。
だから首都ヴィエンチャンではベンツやレクサスが走るようになる。
そしてこのことは都市と農村の経済格差の発生を意味している。

同時に都市の中でも、
間違いなく貧富の格差が拡大している事実にも注意深く目を向けなくてはならない。

(2014年7月10日)

--------------------------------------------------------------------
■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
-------------------------------------------------------------------- 

中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
しています。

海外ビジネスで困ったことがあれば
国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 2│世界経済の動きを知る!  提供元:世界経済評論IMPACT
└─┴─────────────────────────────

【タイ・クーデタの経済的背景】

2014年5月22日、戒厳令下のタイで、プラユット司令官による
軍事クーデタが成功した。
クーデタに至る過程で、インラック前首相の公務員人事をめぐる私情介入などが
取りざたされたが、
タイ政局動揺の根底には経済政策をめぐる対立がある。

タイ政治をめぐる登場人物は赤シャツと黄シャツとに分けて考えると分かりやすい。
赤シャツはタクシン派、対する黄シャツは国王を象徴する黄色のシャツを着ているので、
国王派と言ってもよいが、新聞などでは反タクシン派と呼ばれている。
彼らは、既得権益にしがみつく守旧派としてもくくれるし、
王室と利害を一致させているので、王室派、国軍派と言ってもよい。

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140624yoshino.html(新規ウィンドウ)

 

【ガソリン車の次の自動車は果たして】

日本では現在の主流を占めるガソリン車の後を継ぐ次世代自動車が
1990年代後半から投入されてきた。
次世代自動車とは、
ガソリンなど化石燃料依存から脱却しかつ環境の負荷を減らす自動車を指す。

1997年にハイブリッド車が世界に先駆けて販売され、
その後、電気自動車やプラグインハイブリッド車が投入された。
そして、ついに究極のエコカーと呼ばれる水素燃料電池自動車も
14年内に販売される予定となっている。 

日本政府は2020年までの国内の次世代自動車の普及率についてハイブリッド車は20〜30%、
電気自動車・プラグインハイブリッド車は15〜20%と目標を立てているが、
後者はその水準に到底届いていない。

ハイブリッド車以外の次世代自動車は、車体価格が高い上に、
充電等のインフラ網が貧弱なことが理由として挙げられる。
経済産業省は、充電スタンドの設置に補助金を支給して2014年3月末までに
全国で10万基設置することを目指している。

▼続きはこちらから
http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140707fukuda.html(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 3│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────

■【中小機構】海外展開のためのF/S支援事業応募開始しました!

海外への投資や販路開拓等、海外展開を計画する中小企業者の皆様を支援します。
本事業では、中小企業の皆様が主体的に実施するF/S調査について、
海外経験が豊富な専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要な支援を
実施するとともに、必要経費のうちの3分の2について中小機構が負担します。

▼詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html

 

■【中小機構 大阪】

7月18日(金曜)ネットを使って海外でものを売りたい方におすすめです

インターネットを使って、海外のお客様にモノを売ることが誰でも簡単にできる時代になりました。
しかし、まだまだ成功例も少なく、最初の一歩を踏み出せない人が多くいらっしゃいます。

「海外に売りたいけれども、どうやってやれば良いかわからない・・」
「翻訳は?決済は?発送はどうしたら良い?」
「うまくいってるショップはどんなやり方をしてるの?」
「越境ECをやるうえで何を注意したらいいの?」

本セミナーでは、そんな方のお悩みを解消すべく、今知っておくべき「越境EC」について、
越境ECのプロフェッショナルが詳しくお話しします。

▼お申し込みおよび詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/schedule/088105.html

 

■【中小機構 東京】

7月24日(木曜)越境eコマースで知っておくべき実務の知識とは?

中小機構では、海外への販売を検討している中小企業の方を対象に
「eコマースセミナー海外販路開拓編」を行います。
これから越境eコマースに取り組もうとする方への貿易実務の基礎知識と、
中小企業が海外展開をしようとした場合のIT活用策についてお話をします。

▼お申し込み及び詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/schedule/088055.html

 

■【タイ王国大使館経済・投資事務所(BOI東京事務所)、国際機関日本アセアンセンター】
タイ投資セミナー(7月30日北九州、7月31日広島)開催のご案内

タイの経済状況や優遇措置、
日本企業にとってのビジネスチャンスについて最新の情報を提供する
「タイ投資セミナー」を開催いたします。
ご関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

<講演内容>

  • タイにおける現在の投資環境と投資機会
  • ASEAN経済共同体(AEC)時代の日本企業の動向とタイ
  • タイ国での会社経営上の注意事項

▼詳細・申込みはこちら
【北九州】(PDFファイル/新規ウィンドウ)
http://www.boi.go.th/upload/tokyo02072014/SMRJ_20140730_Kitakyushu_Seminar.pdf
【広島】(PDFファイル/新規ウィンドウ)
http://www.boi.go.th/upload/tokyo02072014/SMRJ_20140731_Hiroshima_Seminar.pdf

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

 

■【ミャンマー投資セミナーのご案内】

日本アセアンセンターは、
駐日ミャンマー連邦共和国大使館と共催にて
「ミャンマー投資セミナー」
─最新の投資環境と会社設立について─を開催いたします。

○日時 平成26年8月4日(月曜)13時30分〜16時30分(受付開始:13時)

○内容

  • ミャンマー最新の投資環境について
  • 企業進出における魅力と課題
  • ミャンマーおけるビジネス展開と人材育成
  • ミャンマーにおけるインフラビジネスの可能性
  • ティラワ経済特区のビジネス環境

○参加費 無料

▼ご関心のある皆様は、以下のサイトからお申込みください。
http://www.asean.or.jp/ja/invest-info/eventinfo-2014-17/(新規ウィンドウ)

 

■【アジア生産性機構(APO)】

国際機関が提供する英語での海外研修プログラムへの参加者募集中!

アジア生産性機構(APO)が主催する中小企業の経営者・管理者の能力向上や、
創業者支援・能力向上を目的とした、海外研修プログラムをご案内します。
いずれも現地滞在費や渡航費等の経費補助があり、低コストでご参加が可能です。
アジア新興国等海外市場における新たなビジネスニーズの探索や、
グローバル人材を育成する機会としてご活用ください。

  1. 中小企業ネットワーク台湾視察団
    日程:2014年10月6日(月曜)〜10日(金曜)
    開催地:台湾
    対象:中小企業経営幹部、中小企業コンサルタント
    内容:金融危機や自然災害などのリスクに備え、海外に拠点を持つ中小企業が
    ビジネス回復力をいかに高めていくか、
    アジア太平洋地域の経営者との意見交換や企業視察を通じて学びます。
  2. 中小企業リーン生産方式視察団
    日程:2014年9月15日(月曜)〜19日(金曜)5日間
    開催地:マレーシア
    対象:中小企業上級幹部
    内容:マレーシアでリーン生産方式を導入する中小企業を訪問し、成功体験を学び、
    自社の生産性・品質向上へのヒントを習得します。
  3. イギリスに学ぶ「フードサプライヤーチェーンの革新的リスクマネジメント」
    日程:2014年10月13日(月曜)〜18日(土曜)6日間
    開催地:イギリス
    対象:食品産業における経営幹部・管理者
    内容:食品サプライチェーンにおける品質・安全性・物流等に関する
    リスクマネジメントをイギリス食品産業から学びます。
  4. トップマネジメントフォーラム ―中小企業のためのグローバル経営―
    日程:2014年11月25日(火曜)〜27(木曜)3日間
    開催地:韓国
    対象:中小企業トップマネジメント
    内容:BOP層ビジネス・ソーシャルイノベーション等新しい概念を取り入れながら、
    最先端で効果的なグローバル経営とは何か、
    各国の経営者との会議を通じて洞察力を養います。

 

▼詳細情報はこちら
http://consul.jpc-net.jp/international_study/apo_index.html(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 4│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────

■J-GoodTech(ジェグテック)

優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサイト『J-GoodTech(ジェグテック)』 をオープンいたします。

ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけとなることを目指します。

ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
中小企業の方はぜひお申込みください。

PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等の情報を掲載しております。

▼詳細はこちら
http://jgoodtech.smrj.go.jp/(新規ウィンドウ)

 

■海外展開に関する情報はここでチェック!

海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

▼『国際化支援レポート』
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html

 

■海外展開を思い立ったらまずは確認

海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
わかりやすく説明しています。
「海外事業を成功させるための方法」
「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。

▼『中小企業の海外展開入門』
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)

 

■ネットを使った販路開拓を支援!

中小機構では本年度から、
ネットを使った販路開拓を考えている方を対象に、
全国各地でセミナー開催を行っております。
セミナー情報については以下のサイトでご確認いただけます。

▼eコマースセミナーページ
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構 
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年8月11日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年6月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン  [2014年6月10日 #7]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、シンガポールの佐藤アドバイザーがシンガポールの意外な一面や
海外進出にあたってのポイントについてコラムを執筆しております。

────────────────────────────────

■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報

【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│ 1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────
「海外進出 頭も日本から出よう」

中小機構 国際化支援アドバイザー 佐藤 剛己

―――――――――――――――――――――――――――――――

シンガポールを拠点に、アセアン全体(と日本)を相手に仕事をしています。
今回は、シンガポールに進出する日本企業について、
私がやや懸念していることお話します。

日本の情報には感度が高いのに当地情報には概して関心が
低いという面があることです。

このことはシンガポール固有の問題ではなく、
海外全般に関わることであるとの印象をもっています。

「クールジャパン」のかけ声で海外進出を目指しても、
市場を取り込むにはローカル情報を吸収して洞察を深めることが欠かせません。

それが欠けていたために失敗した、という話は事欠きません。

大手日系企業や政府関係者も集まるセミナーでのこと。
同じテーブルになった方々と経済犯罪の話になりました。
取引詐欺からマネロン、贈収賄など。

ある方が「シンガポールは安全で、そんな犯罪はほとんどないですねえ」。

周囲もウンウンという感じ。

「いやいや、シンガポールも褒められたものではありません」と私が具体例を上げると、
皆さんとても驚いた様子でした。「シンガポール=安全」が誤解を生んでいるのです。

アセアンの中で特にシンガポール人は「コンプライアンス事案はない」と
真顔で言うケースがあります。

このような誤解を抱くのは日本人だけではありませんが、
外国メディアやシンガポール人弁護士に接触できれば、違う情報はいくらでも出てきます。

例えば「scam Singapore」をグーグル検索してみてください。
画像を含めて、日本語情報からは得られないシンガポールの姿に驚かれることでしょう。

ビジネスシーンでも、日本人だけに頼って情報不足を招き、
失敗した事例は多くあります。
若者向け衣料品を扱う日本人企業家と話をしたところ、進出準備では大手企業に全て任せっきり。

進出前の展示会で盛況だったので、ビジネスは順調に進むと思い安心していた。
現地に来ると梯子は全て外れ、その時になって初めて、
地元業者との協業契約が極端に自社に不利になっていることを知った。
契約破棄までに1年半かかった、ということでした。

同じ衣料系でもシンガポール人の30歳になる若者は、自己資金でアパレル店を市街地にオープン。
今は「日本のxxx(有名ブランド)をどうしてもシンガポールに呼びたい」と、
何度も東京の日本人パートナーを訪ねて情報収集やネットワーク作りをしています。

海外進出では新しい相手、販路、顧客との接触が発生します。
欧米企業は「Know Your Client (KYC)」の標語の下、新規相手や市場への与信調査を徹底します。

「情報武装」した多国籍企業が競合となる以上、日本企業の皆さんも進出する時には、
頭も日本から出て、地元市場への十分なインサイトを得ることが大切だと思っています。

(2014年6月10日)

--------------------------------------------------------------------
■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
-------------------------------------------------------------------- 

中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
しています。

海外ビジネスで困ったことがあれば
国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 2│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────

■【中小機構】海外展開のためのF/S支援事業応募開始しました!

海外への投資や販路開拓等、海外展開を計画する中小企業者の皆様を支援します。
本事業では、中小企業の皆様が主体的に実施するF/S調査について、
海外経験が豊富な専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要な支援を
実施するとともに、必要経費のうちの3分の2について中小機構が負担します。

▼詳細はこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html

 

■【無料!】海外進出のお得な支援策が一度にわかるマッチング会参加者を募集中!

中小機構では、中小企業さまの円滑な海外展開を支援する目的で、全国の中小企業さま等と
中小企業の海外展開を推進・サポートする組織(サポートメンバー)の出会いの場を提供
するSMEワールドビジネスサポート懇談会(SWBS)を発足いたしました。

第1回SWBSでは、161社251名の皆さまにご参加いただきました。
ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

第2回SWBSでは、中小企業の皆さまの関心が高い欧州市場を起点として世界市場で「売れる」
商品づくりについての【特別無料セミナー】を14時〜14時45分に会場内にて実施いたします。
海外進出の成功・失敗事例等、押さえるべきポイントを講師の経験を基にお話いただきます
ので奮ってご参加ください。(概要を添付します。)

 

<第2回SWBS開催日時>
第2回:7月2日(水)14時〜19時45分 @第2秋山ビル 2階

<ご参加のメリット>

  1. 公募中の助成金情報・案件の優先対応等、当日参加者に提供されるお得なサポート情報あり!
  2. 海外展開に関する官民両方の具体的なサポート情報がワンストップで入手可能です。
  3. 海外展開に関するネットワークが形成できます。
  4. 交流会会場にて、事務局スタッフがお会いしたいサポートメンバーとお繋ぎいたします!
    (サポートメンバーが交流会不参加等の場合はご紹介でき兼ねます。何卒ご了承ください。)
  5. 【無料】の特別セミナーを同会場にて14時〜14時45分に実施!

 

テーマ(仮):

世界市場で「売れる」中小企業の商品づくりとは ─欧州を起点とした海外進出─

セミナー講師:

ロンドンを拠点にするデザインコンサルティング会社 シーモアパウエル 池田武央氏

参加ご希望の方は、以下の申込みフォームよりお申込みをお願い致します。
お席に限りがあります。【先着順】となりますので、お早めにお申込みください!

 

<SWBS参加申込WEBフォーム>
https://www.smrj.go.jp/enq/kikou/keiei/087533.html

 

■【タイ王国大使館経済・投資事務所(BOI東京事務所)、国際機関日本アセアンセンター】
タイ投資セミナー:自動車部品・機械産業における投資機会及び個別商談会(横浜)開催のご案内

タイ投資委員会バンコク本部から講演者を迎え、
タイの自動車部品産業や機械産業における投資環境について最新の情報を提供する
「タイ投資セミナー」及び、「タイ企業との個別商談会」を開催いたします。
ご関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】

2014年6月24日(火曜)
「タイ投資セミナー」9時30分〜12時(受付9時)
「タイ企業との個別商談会」13時30分〜16時30分(受付13時15分)

【会場】

横浜ベイホテル東急地下2階「クイーンズグランドボールルーム」
横浜市西区みなとみらい2-3-7 Tel:045-682-2222(代表)
(地図)http://ybht.co.jp/access/(新規ウィンドウ)

【申込締切】2014年6月17日(火曜)

【参加費】無料

【定員】セミナー=120名(先着順)、商談会=商談予定コマ数に達し次第締切

 

▼詳細はこちら
http://www.asean.or.jp/ja/invest-info/eventinfo-2014-07/(新規ウィンドウ)

 

┌─┬─────────────────────────────
│ 3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────

■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─

優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチング
サイト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』
をオープンいたします。

ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国
内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチン
グや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こ
すきっかけとなることを目指します。

ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
中小企業の方はぜひお申込みください。

PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等
の情報を掲載しております。

 

▼詳細はこちら
http://jgoodtech.smrj.go.jp/(新規ウィンドウ)

 

■海外展開に関する情報はここでチェック!

海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

▼『国際化支援レポート』
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html

 

■海外展開を思い立ったらまずは確認

海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
わかりやすく説明しています。
「海外事業を成功させるための方法」
「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。

▼『中小企業の海外展開入門』
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)

 

■ネットを使った販路開拓を支援!

中小機構では本年度から、
ネットを使った販路開拓を考えている方を対象に、
全国各地でセミナー開催を行っております。
セミナー情報については以下のサイトでご確認いただけます。

▼eコマースセミナーページ
http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構 
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年7月10日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、info-kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年5月12日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン  [2014年5月12日 #6]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

 当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
 メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

 今月は、フィリピンの佐藤アドバイザーが投資環境としての
 フィリピンの魅力についてコラムを執筆しております。

────────────────────────────────
■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────   
 「投資環境としてのフィリピンの魅力」
 
          中小機構 国際化支援アドバイザー 佐藤 隆寛 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
                         
 昨今、目の付けどころのいい日系企業様から海外進出先として
 フィリピンが注目を浴びております。
 
 私もフィリピンにて業務に携わり約20年経ちましたが、
 今までにない熱い風を肌で感じております。

 理由は中国、タイでの生産リスク回避、他国での賃金上昇などがあげられますが、
 何と言ってもフィリピンの魅力は
 人口が1億人を突破し人材が豊富という事ではないでしょうか。

 2013年のデータによると人件費上昇率は年5%程度、大学卒業者が毎年55万人、
 年間200万人の人口増加、平均年齢23歳と人口構成が綺麗なピラミッド型で、
 この状況が2040年までは続くと予測されています。

 では他国の様に人件費が高騰するかというと、しないと推測します。

 理由としては、まず10人に1人が海外で就労し、国内に産業が少なく、
 政府発表の失業率は7.1%、民間団体の調査で言えば25.4%というデータがあり、
 圧倒的に働く場の需要と供給のバランスが整っていないからです。

 なおPEZA(フィリピン経済区庁)に登録した企業は、法人所得税免除期間が4ー8年、
 免除期間後は国税・地方税の代わりに総所得に対する5%課税のみで、関税免除等々あり、
 他国と比べても非常に高いインセンティブが用意されております。

 以上の事から現在は
 半導体メーカー、自動車・二輪、プリンターメーカー、ハーネスメーカーなどの
 日系企業が進出し、労働集約型企業には適した環境にあります。

 では何故、他国に比べフィリピンは日系企業の進出数が伸び悩んだのか?

 国の戦略ミス、地場産業の縮小、衰退などもありますが、
 やはり、負のイメージが強過ぎたからだと推測します。

 フィリピンのイメージ = 危ない  

 実際に住んでいる人間からすると、日本食は美味しく安価、教育環境も良く、
 家族帯同でも問題なく、非常に快適に過ごせます。

 改めてイメージとは恐ろしいと痛感致します。

 さて本題のフィリピン進出ですが、他国と比べた場合、情報、資料が少なく、
 進出の型を決めるまでに皆様苦労されております。
 
 ただ会社設立等は詳細を詰め、
 業者に委託すれば後はスムーズに進み、完了するのを待つだけです。
 
 本当に海外進出に伴い時間を費やし苦労するのは、場所の選定、
 部材調達などのFS、人材選定・育成になります。
 
 ただ海外進出で一番問題意識を持たなくてはいけないのは、日系企業様の口癖、
 
 『日本だったら...』。 海外進出は異文化、習慣が異なるのは当たり前。
 
 言葉の問題は、努力によって対処出来ますが、赴任者は、どう意識を設定し、
 その都度、どの様な方法がベストかを敏速に選択、決定をしなければなりません。

 また業務をオールマイティにこなし、臨機応変かつスピーデイな対応で、
 異文化の人材をどうマネージするか。
 それが海外、グローバル社会での本当の競争力、成功につながると信じております。

                                (2014年5月12日)

 -------------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 -------------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
 門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
 しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

 ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html


┌─┬─────────────────────────────
│2│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────
  ■【中小企業白書に掲載!】200名限定の海外進出マッチング会への参加企業様を募集中

 参加者枠が少々残っております。参加ご希望の方は、以下のご案内サイトより、
 開催概要をご確認の上、参加申込をお願い致します。
 
 <SWBSご案内サイト>
 http://www.smrj.go.jp/keiei/swbs/index.html

 中小企業白書にも先進的な取り組みとして掲載されました!
 コラム3-4-4 中小企業基盤整備機構との民間企業との連携の試み(429ページ)
(新規ウィンドウ・PDFファイル)
 
 <開催日時>
 第1回:5月21日(水曜日)15時-20時 @第2秋山ビル 2階
 第2回: 7月2日(水曜日)15時-20時 @第2秋山ビル 2階

  ■タイ企業経営者との商談会、セミナーの参加企業を募集します!(5月28日〜30日、大阪)
    中小機構では、日本の中小企業との業務提携や、
  日本の中小企業の技術や製品の取り扱いを希望している
  アジア地域の企業経営者との交流・マッチング事業を実施しています。
  今回、タイの自動車・医療機器部品、産業用機械分野などの企業経営者を招聘し、
  5月28日(水曜日)〜30日(金曜日)、大阪で商談会を開催します。

  タイへの進出を検討している中小企業にとって、
  日本にいながら海外企業との連携構築、現地パートナーを確保できる機会です。
  進出を検討する又は現地パートナーの確保を目指す中小企業の皆様は、
  是非、この機会に商談会にご参加下さい!
 
  また、商談会・セミナーの参加費は無料です。また、商談会には中小機構で通訳を確保しますので、
    日本語で商談を行うことができます。
  先着順にて商談を受け付けておりますので、お早目にお申し込みください(事前予約制)。

 <商談会>
 日時:2014年5月28日(水曜日)〜30日(金曜日)
    10時30分〜17時(30日は16時まで)
 場所:インテックス大阪6号館Aゾーン(中小企業総合展2014 in Kansai内)
    大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102

 ▼タイ企業一覧、詳細、お申込みはこちらから
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/event/087800.html

 <セミナー>
 日時:2014年5月29日(木曜日)10時30分〜12時
 場所:インテックス大阪6号館Aゾーン(中小企業総合展2014 in Kansai内)
 テーマ:モノづくり企業のタイ進出のポイント〜課題克服と成功の秘訣とは〜

 ▼詳細、お申込みはこちらから
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/seminar2/087799.html


 
  ■NY NOW夏展において海外展示会出展サポートを行います!

  中小機構では、日本貿易振興機構(JETRO)と連携し、NY NOW夏展における
  JETROジャパン・パビリオン参加中小企業の皆さまを対象に「海外展示会
  出展サポート」を実施します。
  ※JETROジャパン・パビリオンへの出展にはJETROへのお申込みが必要になり
 ます。ご留意ください。

 [NY NOW夏展概要]
  会期:2014年8月17日(日曜日)〜20日(水曜日)
  開催地:米国・ニューヨーク
  出品対象物:ギフト商品、デザイン雑貨、日用品 
  JETROオンライン登録締め切り:2014年5月15日(木曜日)

 ▼詳細はこちら
 「海外展示会出展サポートについて」
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/news/065251.html 

 「NY NOW 2014夏展 ジャパンパビリオン」 (JETROのHPにリンクします)
 http://www.jetro.go.jp/events/item/20130328465/(新規ウィンドウ)


 ■ミャンマー視察ツアー参加者募集

 

 ミャンマーは、2011年、民主化へ大きく舵を取って以降、
 経済改革、開放、活発な海外交流を行っております。
 日本との交流も急速に深まり、政府要人、財界人、市民レベルで交流が進んでいます。
 今般、ミャンマー経済・投資センター及び株式会社共同エンタープライズが共催で、
 皆様にミャンマーへの理解を深めていただけるよう、
 ミャンマー企業、ビジネスマンとのネットワーキングランチや懇談会等を
 企画いたしました。ご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちいたしております。
 
  開催日時・場所:
 7月20日(日曜日)〜25日(金曜日)まで、ヤンゴン及びマンダレー主要2都市を視察

 募集人数:20名  
 参加費用:29万5千円
 第一次申込締切:5月16日(金曜日)
 
 ▼詳細および申込みはこちら
 http://www.jmeic.org/(新規ウィンドウ)

  
 ■日本・ブルガリア「ビジネス・フォーラム」のご案内

  ブルガリア共和国の中小企業促進庁長官および投資庁長官の来日にあわせ、
  日本・ブルガリア両国間のビジネスをテーマとしたフォーラムを開催します。
  ブルガリアのビジネスおよび投資環境について情報収集する絶好の機会ですので、
  奮ってご参加下さい。
 
  日 時:6月9日(月曜日)14時〜18時
  場 所:ジェトロ本部会議室(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
  参加費:無料
  申込締切:6月2日(火曜日)(定員(100名)になり次第、締め切り。)

  ▼詳細はこちら
  http://www.jetro.go.jp/events/item/20140501891/(新規ウィンドウ)

 
┌─┬─────────────────────────────
│3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

 優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチング
 サイト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』
 をオープンいたします。

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国
 内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチン
 グや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こ
 すきっかけとなることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。

 PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等
 の情報を掲載しております。

 ▼詳細はこちら
 http://jgoodtech.smrj.go.jp(新規ウィンドウ)


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
 に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

 ▼『国際化支援レポート』
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開を思い立ったらまずは確認
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
 国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
 わかりやすく説明しています。
 「海外事業を成功させるための方法」
 「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。
 
 ▼『中小企業の海外展開入門』
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)

 ■ネットを使った販路開拓を支援!

 中小機構では本年度から、
 ネットを使った販路開拓を考えている方を対象に、
 全国各地でセミナー開催を行っております。
 セミナー情報については以下のサイトでご確認いただけます。

 ▼eコマースセミナーページ
 http://www.smrj.go.jp/keiei/e-commerce/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構 
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年6月10日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

2014年4月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国際化支援メールマガジン  [2014年4月10日 #5]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

 当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
 メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

 今月は、マレーシアの早瀬アドバイザーがマレー語についてコラムを執
 筆しております。

────────────────────────────────
■Contents■

【1】海外最前線! 海外展開の視点

【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────
│1│─海外最前線! 海外展開の視点─
└─┴─────────────────────────────   
 「マレー語は簡単!」
 
          中小機構 国際化支援アドバイザー  早瀬紘一 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
                         
 マレー語はマレーシアの公用語です。
 シンガポール、ブルネイでも公用語として採択されています。

 インドネシア語とは方言関係にあり、
 マレー語が話せることにより、アクセス可能となる地域は、かなり広範
 囲に渡ります。

 マレーシアはマレー系、中華系、インド系、その他少数民族が同居する
 多民族国家です。英国の植民地だったことから英語が広く通用します。

 しかしながらマレーシア国民全員が英語を話すのではなく、一部の教育
 を受けていない人々は英語を話すことができません。

 たとえば、工場の現場作業者は英語を話せない方が多いです。

 そういう場合にも対応できるのがマレー語です。

 つまり、マレー語は教育レベルや人種にかかわらずマレーシアにおける
 全ての人々とのコミュニケーションの手段となるのです。

 マレー語を使えば工場現場やレストランなどで多く働いている外国人労
 働者とも直接話をすることができます。

 マレーシアで働く300万人を超える外国人労働者の半数はインドネシア
 人です。彼らの言語はマレー語をベースとしたインドネシア語です。
 ネパールやベトナム、ミャンマーなど他の国から来た労働者達も驚くほ
 ど短期間でマレー語会話を身につけます。

 マレー語がいかに憶えやすいか、という証左でしょう。

 マレー語の文字はアルファベット26文字ですから、
 ローマ字の読み方を知っていれば3か月で日常会話を身につけることが
 できるはずです。

 以下の単語はマレーシアに来たばかりの日本人がすぐに憶える単語です。
 人はオラン(Orang)、 
 飯(めし)はナシ(Nasi)、
 魚はイカン(Ikan)、
 菓子はクエ(Kuih)、

 日本語の茶碗はチャワン(Cawan)、
 ちゃんぽんはチャンプル(Campur)でマレー語が語源となっています。

 ちなみに日本で発行されている旅行雑誌の「じゃらん」は
 マレー語の「道」という意味の”Jalan(ジャラン)”から取ったもので
 す。

 マレー語の発音がローマ字読みと少し違うのは子音の”c”の発音と母音
 の”e”です。
 “c”は英語の”ch”に相当する発音になります。
 上の例にもあるようにチャワンはCawanと書きます。

 Caで「チャ」、Ciで「チ」、Cuで「チュ」、Coで「チョ」です。
 母音の”e”は「エ」と発音する場合と「ウ」と発音する場合があります。

 他には名詞を修飾する言葉は後につけることを憶えればいいでしょう。
 Orang Jepun(ジュプン)で日本人。
 「私は日本人です」はSaya Orang Jepunと言います。
 「オランウータン」はOrang utanで「森の人」という意味です。

 動詞の変化はありません。
 「私はもう食べました」、はSaya sudah makanです。
 Makan(マカン) は「食べる」という意味です。
 sudah(スダ)は「すでに」という意味で、sudahを付けると過去形の
 文になります。

 どうですか、英語より簡単でしょう。
                                (2014年4月10日)

 -------------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 -------------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、海外ビジネスの専
 門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立ったアドバイスを提供
 しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

 ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html


┌─┬─────────────────────────────
│2│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴─────────────────────────────

  ■【中小機構】
 海外展開のためのF/S支援事業応募受付中

 海外への投資や販路開拓等、海外展開を計画する中小企業者の皆様を支
 援します。
 本事業では、中小企業の皆様が主体的に実施するF/S調査について、
 海外経験が豊富な専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要
 な支援を実施するとともに、必要経費のうちの3分の2について中小機構
 が負担します。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html


  ■【香港貿易発展局】
 香港ギフト&プレミアム・フェアショーケース出展のご案内(4月16日締切)
 
 世界中から約50,000人のバイヤーが来場するアジア最大級の
 ギフトフェア「香港ギフト&プレミアム・フェア」(4月27日-30日)において、
 ショーケース形式の展示スペースへの出展を募集しています!

 <メリット>
 1.出展料が格安→US$330で4日間展示されます
 2.簡単な出展方法→展示品を送るだけ。現地に行く必要はありません。
 3.テストマーケテイングに最適。

  ▼香港ギフト&プレミアム・フェアについて
  http://hkgiftspremiumfair.hktdc.com/dm/2014/mini/index_jp.html(新規ウィンドウ)

 ▼ショーケース出展についてのお問い合わせはこちらまで
 電話番号:03-5210-5850(代表)
 e-mail: tokyo.office@hktdc.org(担当:室田)

 ■【東京商工会議所】
 海外展開公的支援機関および政府系金融機関事業説明会
 
 海外展開を成功に導くには、海外展開支援を実施している支援機関への
 相談および支援事業を上手く活用することが不可欠です。
 本セミナーでは、中小企業の海外展開を支援する
 公的支援機関および政府系金融機関の担当者が各機関での支援事業を紹介いたします。


 ▼詳細はこちら
 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-51903.html(新規ウィンドウ)

 
┌─┬─────────────────────────────
│3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴─────────────────────────────
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

 優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチング
 サイト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』
 を平成26年4月にオープンいたします。 

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国
 内大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチン
 グや仲介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こ
 すきっかけとなることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。

 PRサイトでは、掲載企業事例の動画や買い手となる大手メーカー・商社等
 の情報を掲載しております。

 ▼詳細はこちら
 http://jgoodtech.smrj.go.jp/(新規ウィンドウ)


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開
 に関する実務情報・取組み事例を掲載しています。

 ▼『国際化支援レポート』
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開を思い立ったらまずは確認
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方を対象に、
 国際ビジネスを進めるための基本的なポイントを事例を交えて
 わかりやすく説明しています。
 「海外事業を成功させるための方法」
 「海外展開成功のためのリスク事例集」を新しく追加しています。
 
 ▼『中小企業の海外展開入門』
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/(新規ウィンドウ)


――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集
独立行政法人中小企業基盤機構 
販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

次号:2014年5月12日 配信予定
通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しております
が、提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なっ
てください。本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンク
されているWebサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が
生じたとしても、中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

2014年3月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          国際化支援メールマガジン        [2014年3月10日 #4]   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、ミャンマーの迫川アドバイザーがミャンマーのアパート事情について
コラムを執筆しております。

──────────────────────────────────────
■Contents■

   【1】海外最前線! 海外展開の視点

   【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

   【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――――────

┌─┬────────────────────────────────── 
│1 │―海外最前線! 海外展開の視点―
└─┴──────────────────────────────────   
 『日本の常識、海外の非常識 ―ミャンマーアパート事情―』
 
            中小機構 国際化支援アドバイザー 迫川 敏明 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――────
                         
 ミャンマーブームと言われ久しいですが、
 現地の不動産価格の異常さには目を見張るものがあります。
 
 外国人向けサービスアパートなどは供給不足も相まって3,000から5,000ドルの
 相場となりアジアで最も駐在員の生活費が高い都市になってしまいました。
 
 怖いことにこの傾向はまだ当分続きそうです。
 
 私もアパート探しに非常に苦労した1人です。
 不動産仲介会社があるにはありますが
 大家の希望の金額に上乗せして利ザヤを稼いだりする悪徳業者も目に付きます。
 
 私も他国で生活した経験がありますのでミャンマーでアパートを借りる際の注意点をアドバイスします。           

 1.家賃
 ミャンマーではアパートの家賃の支払いは1年分一括前払いです。オフィスも同様です。
 ですので必ず事前に会社に言っておかなくてはなりません。かなりの出費になります。                                                 
 
 2.設備
 水回りや電気設備は必ず手間でも念入りに確認すること。
 私のアパートなどはどうも水回りが悪く、シャワー室は水がちゃんと排水溝に流れません。
 雨季にはカビだらけになりますし健康にも影響を与えます。
 
 私の知人のアパートは電源ブレーカーが古くもう少しで火事になりかけました。
 家賃を1年分支払った後に何か問題が発生しても大家さんはなかなか直してくれず、
 最終的には自分で修理する羽目になります。
 また乾季の終わりごろには毎日のように停電が起きますので
 小さめの発電機は必ずつけてもらうように交渉してください。

 3.大家さん
 インド人の大家さんのアパートは割と内装がお洒落でちゃんとしたものが多い印象があります。
 住環境は仕事にも影響しますのでアパート探しは時間をかけて納得する物件を借りましょう。

                                            (2014年3月10日)

 -------------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 -------------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、
 海外ビジネスの専門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立った
 アドバイスを提供しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

 ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html


┌─┬───────────────────────────────────
│2 │現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴───────────────────────────────────  

  ■【中小機構】 海外展開のためのF/S支援事業の公募を開始しました!

 海外への投資や販路開拓等、海外展開を計画する中小企業者の皆様を支援します。
 本事業では、中小企業の皆様が主体的に実施するF/S調査について、海外経験が
 豊富な専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要な支援を実施するとともに、
 必要経費のうちの3分の2について中小機構が負担します。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html

 
 ■【中小機構】 パッケージ型海外展開支援事業
  (Webを活用した販路開拓について、一連の支援をパッケージで提供します) 

 中小企業・小規模事業者が、自社の外国語ホームページを活用して海外に向けて情報発信し、
 新たな海外販路の構築や海外販売の強化を効果的に進められるよう支援します。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/information/085313.html 


  ■オレゴン州投資セミナー─Doing Business in Oregon─ 参加者募集!
  
   オレゴン州経済開発局及びオレゴン日米協会は、
   ジェトロ共催、中小機構後援の下、東京、大阪において本投資セミナーを開催し、
   他州と比較し、オレゴン州の魅力をご紹介するとともに、
   新規事業に必要な手続(法律、会計、建設等)について、
  各分野の専門家よりわかり易くご説明いたします。 
     
 【大阪セミナー】
   4月16日(水曜日) ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター北館 B2 ルーム
         13時30分〜17時(先着順)  
  
  【東京セミナー】 
   4月18日(金曜日)  ジェトロ本部 5階  展示場
                  13時30分〜17時15分(先着順)
          
 ▼詳細および申込みはこちら
 http://www.oregonjapan.org/index.html(新規ウィンドウ) (先着順、4月8日締切)


┌─┬───────────────────────────────────
│3 │その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴───────────────────────────────────  
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

  優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサ
 イト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』を
 平成26年4月にオープンいたします。 

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内
 大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲
 介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけ
 となることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。
 
 ▼詳細はこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/j-goodtech/index.html#boshu


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開に
 関する実務情報・取組み事例をタイムリーに掲載します。

 ▼『国際化支援レポート』
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開思い立ったらまずはチェック!
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方が、10 の質問に答えることで、
 自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます。
 
 ▼『中小企業の海外展開セルフチェック』
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/selfcheck/(新規ウィンドウ)

 
  ■海外展開に関連する中小企業施策をチェック

 海外展開に関する中小企業施策を
 お客様のニーズごとに分類してわかりやすく紹介しています。

 ▼『海外展開支援ナビ』
 http://www.tkc.jp/overseas/(新規ウィンドウ)


――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■発行・編集
 独立行政法人中小企業基盤機構 販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

 次号:2014年4月10日 配信予定
 通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しておりますが、
提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なってください。
本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンクされている
Webサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が生じたとしても、
中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

2014年2月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             国際化支援メールマガジン        2014年2月10日 #3]   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月は、
タイの楠本アドバイザーが日本とタイの企業文化の違いについてコラムを執筆しております。

──────────────────────────────────
■Contents■

   【1】海外最前線! 海外展開の視点

   【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

   【3】その他    海外展開に関する各種情報提供
――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────── 
│1│海外最前線! 海外展開の視点
└─┴───────────────────────────────   
 『日本の常識、海外の非常識 ―トイレ掃除―』
 
            中小機構 国際化支援アドバイザー 楠本 隆志
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  
私が進出をお手伝いしたある合弁企業の話です。

日本側は関西に本社のある従業員100名程度の中小企業。
タイ側は従業員数4000名を超えるタイでも有名な大企業。
出資比率は日本側70%、タイ側30%。

合弁会社に70歳のみるからに精悍な日本人のK社長が自信満々に赴任してこられました。
なんでも同業他社の中国法人を立ち上げ、成功させたひとをスカウトしたそうです。

着任後しばらくしてタイ側オーナーから私に電話がありました。

「K社長が人事部長、経理部長を含む全従業員にトイレ掃除をさせた。
今後、このようなことのないように連絡してほしい」というのです。

すぐさま日本本社H社長に電話を入れました。

H社長は「現地法人の運営はK社長にまかせています。
うちの会社でもよく従業員全員でトイレ掃除をします。つまらないことで電話しないでください」
という返事。

現地法人のK社長は「私もいっしょにトイレ掃除をしました。社員教育だと思っています。
これからもやります」と言明。

その旨、タイ側オーナーに伝えたところ正式な書面によるクレームとなりました。

タイでは原則として従業員に規定以外の仕事をさせてはいけないことになっています。
運転手に梱包を手伝わせたところ、翌日辞表が届いた、などよく聞く話です。

ではタイでは決められた仕事以外はしないのでしょうか。

このタイ側オーナーはクレームの際に、

「誤解しないでください。経営者と従業員の間に信頼関係ができていれば、
従業員にトイレ掃除をさせてもいいのです。ただいきなり管理職にトイレ掃除をさせるのはまずいです。
時間をかけて従業員に日本の企業文化を少しずつ理解してもらいながら、信頼関係を築いていくことです」

と説明してくれました。

                            (2014年2月10日)

 ---------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 ---------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、
 海外ビジネスの専門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立った
 アドバイスを提供しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

 ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html

┌─┬───────────────────────────────
│2 │現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴───────────────────────────────  

  ■【中小機構】 パッケージ型海外展開支援事業公募開始しました!
  (Webを活用した販路開拓について、一連の支援をパッケージで提供します) 

 中小機構では、
 中小企業・小規模事業者が、自社の外国語ホームページを活用して海外に向けて情報発信し、
 新たな海外販路の構築や海外販売の強化を効果的に進められるよう支援します。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/information/085313.html 

 
  ■【中小機構】中小企業のためミャンマーセミナー in 福岡 参加者募集中!

  中小機構九州では、
  海外進出先として注目を集めるミャンマーについての最新事情と
  ティラワ経済特区開発の現状と将来像について講演を行います。
  申込みは先着順ですので、お早めの申込みをおすすめいたします。

  ○日時:平成26年2月26日(木曜日)
  ○場所:中小機構 九州本部 1階セミナールーム
  ○定員:60名(事前申込み制、先着順)

 ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/kyushu/seminar/076001.html


 ■【JICA】「中小企業連携促進基礎調査」 第2回公示を開始いたしました!
 
 本制度では、中小企業からの主体的な提案に基づき、
 JICAと提案法人の間で業務委託契約を締結し、
 途上国の開発課題の解決に寄与しうる中小企業の持続的な海外事業実施に
 必要な基礎情報の収集、事業計画案の策定等に係る調査を行っていただきます。
 
 ▼詳細はこちら
 http://www.jica.go.jp/activities/schemes/priv_partner/fs/index.html#kouji(新規ウィンドウ)


  ■【イスラエル大使館経済部】 「スタートアップ・ネーション イスラエル」

 2014年3月4日(火曜日)東京・ホテルオークラにて
 「スタートアップ・ネーション イスラエル」と題し、
 イスラエルの投資ファンド・セミナーを(財)中東協力センターと共同開催します。

 イスラエルの投資関連企業7―8社が来日を計画中で、セミナーでは来日企業による
 先端技術を持つポートフォリオ企業の紹介や、イスラエルの投資環境やVCの特徴などの
 講演となる予定しています。 
 セミナーの開催日の午前中には、参加イスラエル企業との個別会議を、
 セミナー終了後には簡単な名刺交換会を予定しています。
 是非、参加をご検討ください!!

 ▼詳細はこちら
 http://itrade.gov.il/japan/startup_nation_israel_2014/(新規ウィンドウ)

 
  ■【JETRO】 「サービス産業海外展開支援シンポジウム」 参加者募集中!
 
 2014年3月5日(水曜日)13時30分より東京ビッグサイト国際会議場にて
 サービス産業海外展開支援シンポジウム 加速するグローバル展開─先進企業に学ぶポイント
 と留意点─を日本経済新聞社様とともに開催します。
 
 ▼詳細はこちら
 http://www.jetro.go.jp/industry/service/events/20140114127-event(新規ウィンドウ)
 

┌─┬───────────────────────────────
│3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴───────────────────────────────  
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

  優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサ
 イト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』を
 平成26年4月にオープンいたします。 

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内
 大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲
 介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけ
 となることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。
 
 ▼詳細はこちら
 http://www.smrj.go.jp/keiei/j-goodtech/index.html#boshu


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開に
 関する実務情報・取組み事例をタイムリーに掲載します。

 ▼『国際化支援レポート』
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開思い立ったらまずはチェック!
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方が、10 の質問に答えることで、
 自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます。
 
 ▼『中小企業の海外展開セルフチェック』
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/selfcheck/(新規ウィンドウ)

 
  ■海外展開に関連する中小企業施策をチェック

 海外展開に関する中小企業施策を
 お客様のニーズごとに分類してわかりやすく紹介しています。

 ▼『海外展開支援ナビ』
 http://www.tkc.jp/overseas/(新規ウィンドウ)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■発行・編集
 独立行政法人中小企業基盤機構 販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

 次号:2014年3月10日 配信予定
 通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しておりますが、
提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なってください。
本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンクされている
Webサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が生じたとしても、
中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

2014年1月10日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          国際化支援メールマガジン        [2014年1月10日 #2]   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月はインドネシアのジャカルタでの交通渋滞について、
春日アドバイザーがコラムを執筆しております。

──────────────────────────────────
■Contents■

   【1】海外最前線! 海外展開の視点

   【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

   【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────── 
│1│━海外最前線! 海外展開の視点━
└─┴───────────────────────────────   
 『日本の常識、海外の非常識 ─ジャカルタでの交通渋滞との戦い─』
 
            中小機構 国際化支援アドバイザー 春日 勇治
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 皆様にとって、今年一年良いお年になります様に、
 南十字星の見えるジャカルタの空からお祈りいたします。

 私は、今年で25年目のジャカルタ生活を迎えました。

 インドネシア経済発展の影響で、いままで憧れでしかなかった
 自動車、オートバイや家電製品などが少し背伸びをすれば
 手に届くところまできております。
 今のインドネシア経済は、日本の高度経済成長時代のようです。

 このように経済面で勢いのあるインドネシアですが、
 最近特に困っていることはジャカルタ市内での移動です。

 相手先訪問や待ち合わせをするときに、約束の時間を厳守することが
 至難の業となってきております。

 というのも、市内の交通量が以前より増加し、閑散時は10分程度で移動できる
 ところが、渋滞に巻き込まれると1時間もかかることが多々あるためです。

 私が赴任した25年前のジャカルタ市内で、交通渋滞が起こるのは一部の
 地区だけでした。

 インドネシア語で「JAM KARET」という言葉があります。
 日本語訳では「ゴムのような時間」という意味です。

 この言葉のように、
 インドネシアの方は、日本人と異なって、時間に対して大変寛容です。

 午前10時に待ち合わせの約束をしても、10時前に来る方は少なく、
 多くの方は10時を過ぎてから来られます。

 遅れて来たとしても、そのことを遅れたと感じる方が少ないことに、
 日本人の時間感覚と異なり、私自身イライラを感じていました。

 しかし、今は交通渋滞との戦いでイライラしております。


 皆様、ジャカルタにお越しの際は、
 1)時間的な余裕を持って行動する事をお勧めします。
   1時間から2時間程、必ず余裕や調整時間が必要です。 

 2)トイレはホテル・事務所・レストラン等、
     車に乗る前に必ず行っておかれた方が良いです。
  
     雨期は大雨等にて道路冠水も多々あり、大渋滞になりやすい時期です。
   雨期の9月から3月迄(約半年)は注意が必要です。

    こんな大渋滞のジャカルタですが、郷に入れば郷に従えの精神で、
     平穏な心を持つ修行の場として、毎日の交通渋滞との戦いにて鍛錬しております。

                                      (2014年1月10日)

 ---------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 ---------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、
 海外ビジネスの専門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立った
 アドバイスを提供しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

  ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
 

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html


┌─┬───────────────────────────────
│2│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴───────────────────────────────  
 
 ■タイビジネスセミナー&商談会【東京1月28日(火曜日)、広島1月30日(木曜日)】

 今回は、航空機・自動車部品・医療機器などの新分野への展開を目指す 
 タイ企業20社の経営者が日本の中小企業との業務提携や優れた技術・製品
 の取り扱いを求めて来日します。
 
 タイの企業経営者との出会いやビジネスチャンスを希望する
 日本の中小企業の皆様、この機会にご参加ください! 

 【開催日・場所】
  ○東京会場 2014年1月28日(火曜日) 
  ○広島会場 2014年1月30日(木曜日)

  ▼詳細および申込みはこちら
  http://www.smrj.go.jp/ceo/thailand/


 ■海外展開セミナーin北陸【富山1月22日(水曜日)、石川1月23日(木曜日)、福井1月24日(金曜日)】
  
 製造業産業の成長著しいタイに焦点をあて、同国の最新情報やビジネス推進
 における留意点について学べるセミナーを北陸3都市で開催いたします。

  ▼『海外展開セミナーin富山』
  http://www.smrj.go.jp/hokuriku/seminar/081412.html
 
  ▼『海外展開セミナーin石川』
  http://www.smrj.go.jp/hokuriku/seminar/081413.html
 

┌─┬───────────────────────────────
│3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴───────────────────────────────  
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

  優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサ
 イト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』を
 平成26年4月にオープンいたします。 

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内
 大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲
 介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけ
 となることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/j-goodtech/index.html#boshu


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開に
 関する実務情報・取組み事例をタイムリーに掲載します。

  ▼『国際化支援レポート』
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開思い立ったらまずはチェック!
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方が、10 の質問に答えることで、
 自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます。
 
  ▼『中小企業の海外展開セルフチェック』
  http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/selfcheck/(新規ウィンドウ)

 
  ■海外展開に関連する中小企業施策をチェック

 海外展開に関する中小企業施策を
 お客様のニーズごとに分類してわかりやすく紹介しています。

  ▼『海外展開支援ナビ』
  http://www.tkc.jp/overseas/(新規ウィンドウ)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■発行・編集
 独立行政法人中小企業基盤機構 販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

 次号:2014年2月10日 配信予定
 通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しておりますが、
提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なってください。
本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンクされている
Webサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が生じたとしても、
中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

2013年12月19日発行

 

毎月海外展開に役立つ情報を提供♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          国際化支援メールマガジン       [2013年12月19日 #1]   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


中小機構、国際化支援メールマガジン事務局です。

当メールは、中小機構の国際化支援メニューをご利用いただき、
メール配信の希望をいただきました方にお送りしております。

今月はベトナムでの交渉について、
新妻アドバイザーがコラムを執筆しております。

──────────────────────────────────
■Contents■

   【1】海外最前線! 海外展開の視点

   【2】現在募集中! 中小機構の海外展開支援施策・イベント情報  

   【3】その他
――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌─┬─────────────────────────────── 
│1│━海外最前線! 海外展開の視点━
└─┴───────────────────────────────   
 『日本の常識、海外の非常識 ─ベトナムでの交渉編─』
 
            中小機構 国際化支援アドバイザー 新妻 東一
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 日本ではおおよそ買手が売手より立場が強い傾向にあります。
  だからどうしても買手が売手に対して交渉の際に無理難題を言ったり、
  居丈高になったりすることが多くなります。

  そうした日本の商慣習をそのまま海外に持ち出すと、
  とんでもないしっぺ返しを食うことがあります。
 
  ベトナムのみならず、海外では買手も売手も基本的には対等の立場です。
 
  そのため、自分がバイヤーであることをいいことに、売手に無理難題や
 居丈高に商談に臨んでもうまくいきません。

 まだ経験の浅い、若いときには私も商談でカッとなってしまうことが多く、
 相手を怒らせてしまい、会社の先輩にもよく叱られました。
 特にベトナムでは商談が行き詰まっていても、感情をあらわにしては
 所詮負けです。
 
 ここは冷静沈着に相手を説き伏せるつもりで、粘り強く交渉するに
 越したことはありません。

 ベトナム市場での交渉も同じです。

 この相手が価格や品質に対する情報をもっていない買手であるとみたら、
 外国人であろうと同国人に対してであろうと売手は価格や条件を
 ふっかけてきます。
 
 買手は購入したい商品の価格相場や品質の情報は事前に備えて
 おく必要があるのです。
 
 その上で交渉です。

 よくあるのは、買手の言い値と売手の言い値の間をとって妥協するという
 やり方ですが、落としどころの価格は別にあって、
 互いに価格をふっかけているようなものですので、市場で野菜を買うならまだし
 も、輸出入の価格交渉ではあまりにも大人気ないと思います。

 ここはやはり掛け値なしで数字を示して、誠実に交渉することが重要です。
 
 もちろん、余裕があるときには売手に譲ることもあります。
 あのとき助けてあげたら、今度はこちらに譲歩してもらう、
 といった「ギブ・アンド・テイク」もなければいけません。
 
 そして、交渉者には決定権をもたせることも重要です。国際的な契約交渉
 で、決定権のない買手や売手は相手にしてもらえません。
 
 「結論は本社に持って帰って相談します」などという態度では
 決まるものも決まらないことを肝に銘じるべきではないでしょうか。
                           
      (2013年12月19日)

 ---------------------------------------------------------------- 
 ■今月の海外展開の視点はお役に立ちましたか?
 ---------------------------------------------------------------- 

 中小機構ではお客様の個別具体的なご相談に対し、
 海外ビジネスの専門家が、全国10ヶ所において経営支援の観点に立った
 アドバイスを提供しています。
 
 海外ビジネスで困ったことがあれば
 国際化支援アドバイス制度を是非ご利用ください!

  ▼『国際化支援アドバイス』の申込みはこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/advice/032970.html


┌─┬───────────────────────────────
│2│現在募集中! 海外展開支援施策・イベント情報
└─┴───────────────────────────────  
 
 ■タイビジネスセミナー&商談会【東京1月28日(火曜日)、広島1月30日(木曜日)】

 今回は、航空機・自動車部品・医療機器などの新分野への展開を目指す 
 タイ企業20社の経営者が日本の中小企業との業務提携や優れた技術・製品
 の取り扱いを求めて来日します。
 
 タイの企業経営者との出会いやビジネスチャンスを希望する
 日本の中小企業の皆様、この機会にご参加ください! 

 【開催日・場所】
  ○東京会場 2014年1月28日(火曜日) 
  ○広島会場 2014年1月30日(木曜日)

  ▼詳細および申込みはこちら
  http://www.smrj.go.jp/ceo/thailand/


 ■海外展開セミナーin北陸【富山1月22日(水曜日)、石川1月23日(木曜日)、福井1月24日(金曜日)】
  
 製造業産業の成長著しいタイに焦点をあて、同国の最新情報やビジネス推進
 における留意点について学べるセミナーを北陸3都市で開催いたします。

  ▼『海外展開セミナーin富山』
  http://www.smrj.go.jp/hokuriku/seminar/081412.html
 
  ▼『海外展開セミナーin石川』
  http://www.smrj.go.jp/hokuriku/seminar/081413.html
 

┌─┬───────────────────────────────
│3│その他 海外展開に関する各種情報提供
└─┴───────────────────────────────  
 
 ■J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─ 

  優れた技術や製品を有する日本の中小企業が集結したウェブマッチングサ
 イト『J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─』を
 平成26年4月にオープンいたします。 

 ニッチトップやオンリーワンなど日本の優良企業の技術・製品情報を国内
 大手メーカーや海外企業に向けて発信、展示会でのリアルのマッチングや仲
 介サポートも加えて紹介し、世界を変えるイノベーションを起こすきっかけ
 となることを目指します。

 ニッチ市場でシェアの高い製品・技術を保持しており、
 大手メーカーや海外に積極的に販路を拡大したい意欲のある
 中小企業の方はぜひお申込みください。
 
  ▼詳細はこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/j-goodtech/index.html#boshu


 ■海外展開に関する情報はここでチェック!
  
 海外展開を検討・実施している中小企業の皆様に、海外への事業展開に
 関する実務情報・取組み事例をタイムリーに掲載します。

  ▼『国際化支援レポート』
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/index.html


 ■海外展開思い立ったらまずはチェック!
 
 海外展開を始めようとする中小企業の方が、10 の質問に答えることで、
 自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます。
 
  ▼『中小企業の海外展開セルフチェック』
  http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/selfcheck/(新規ウィンドウ)

 
  ■海外展開に関連する中小企業施策をチェック

 海外展開に関する中小企業施策を
 お客様のニーズごとに分類してわかりやすく紹介しています。

  ▼『海外展開支援ナビ』
  http://www.tkc.jp/overseas/(新規ウィンドウ)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■発行・編集
 独立行政法人中小企業基盤機構 販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)

 次号:2014年1月10日 配信予定
 通常号は毎月10日発行(+号外)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メールマガジンの配信停止】
 件名に「メール配信停止」と入力し、
 kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
  
【配信先メールアドレス変更方法】
 件名に「メール配信先アドレス変更」と入力し、
 旧アドレスを明記のうえ、kokurepo@smrj.go.jpまでメールをお送りください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(著作権について)
本メールマガジンの著作権は中小機構に帰属します。本文の内容の無断
での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。

(免責事項)
中小機構が提供する情報はできる限り正確にするよう努力しておりますが、
提供した情報等の正確性の確認・採否は皆様の責任と判断で行なってください。
本文を通じて皆様に提供した情報の利用(本文中からリンクされている
Webサイトの利用を含みます)により、不利益を被る事態が生じたとしても、
中小機構はその責任を負いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

お問い合わせ

販路支援部販路支援課(海外展開支援担当)
Tel:03-5470-1522 FAX:03-5470-1527