武居 一雅

武居 一雅(たけい かずまさ)

 

  • 専門領域
    電子機器、輸送用機器等
  • 専門国・地域
    フィリピン、タイ、中国、韓国
  • 所属
    本部(東京)

 

武居 一雅

自己紹介

 自動車部品企業では新製品の技術開発と立ち上げを、電子機器部品企業においては品質管理、生産管理、並びに事業管理など「もの作りの現場」を経験しています。 海外との関係では、韓国で製品開発や生産の改善指導、中国での電子部品の製造委託製品の立上と指導体制推進の経験があり、部品物流の見直しや販売価格とコスト/品質の改善に苦労致しました。 海外現地拠点の経営ではフィリピンとタイで2年間ずつ経験しています。特にデジタル家電の競争力低下で、国内外の生産拠点構造変革への対応と製品移管・新製品立上、さらにリーマンショックに伴うリストラなど、労務分野でも経験もあります。中小機構自動車部品企業では新製品の技術開発と立ち上げを、電子機器部品企業においては品質管理、生産管理、並びに事業管理など「もの作りの現場」を経験しています。 海外との関係では、韓国で製品開発や生産の改善指導、中国での電子部品の製造委託製品の立上と指導体制推進の経験があり、部品物流の見直しや販売価格とコスト/品質の改善に苦労致しました。 海外現地拠点の経営ではフィリピンとタイで2年間ずつ経験しています。特にデジタル家電の競争力低下で、国内外の生産拠点構造変革への対応と製品移管・新製品立上、さらにリーマンショックに伴うリストラなど、労務分野でも経験もあります。中小機構では、海外展開のフィージビリティ・スタディ(F/S)と外国版Webサイト構築支援も実施した経験があります。 神奈川県在住。

主な支援実績

 ・海外への製品移管に係る事業拡大/投資計画立案
・人事、総務、工場管理:組織体制の見直し、内部統制と危機管理体制構築
・事業製品の品質/原価/納期に関する改善促進
・部品供給先の調査・監査、契約/トラブルへの対応指導
・リストラと組織の編成替え、製品レイアウトの見直しと製品コストダウン等の実施
・企業の海外展開計画のF/S支援
・企業のBtoB向け外国版Webサイト構築の支援

企業へのひとこと

    新興国のアセアン地域では、技術力や品質競争力が向上して給与所得水準が上がり、外需のみではなく食品や日用品市場から耐久消費財市場への内需も増えつつあります。 海外市場での新たなチャンスも生まれています。中小企業といえど、単に安くものを作って販売・納入するだけではなく、進出先国や周辺地域で新たな市場も視野に入れた展開が求められます。 従来のような親企業や既存市場に依存する展開から、日本には無い新たなニーズを探り、良いパートナーと人的・ITネットワークによる連携を活用した、いわゆる「線または面」の広がりがあるサプライチェーンやビジネス展開の可能性を秘めていると思います。また現地の事業環境も日進月歩で変化しています。自社独自の隠れたチャンピオン、“ダントツ”を再度掘り起こし、ビジネスモデルのブラッシュアップをして、海外の再構築を望みたいものです。