佐藤 一八

佐藤 一八(さとう かずや)

 

  • 担当国・地域
    アセアン各国(インドネシア・フィリピン・タイ)
  • 所属
    本部(東京)

     

佐藤 一八

自己紹介

 私のこれまでのキャリアの特徴は、第一に「中小企業の海外事業」との関係が深いということです。大手商社に在籍した期間が長いですが、国内外の勤務で取引先の中小企業の海外進出のお手伝いをしておりましたし、早期退職後は中小企業3社に勤務してその会社の海外事業に直接関わってまいりました。
 第二の特徴は、商社勤務時に西アフリカとインドネシアに駐在していたために、「赤道付近の新興国ビジネス」の経験が長いことです。
 第三の特徴は、商社において取り扱う商品分野が多岐に亘る「物資部門」に所属して、初めて接する製品に日々出会いそれをビジネスとする訓練を繰り返してきたために、馴染みのない新規案件にも躊躇せず、むしろそれにチャレンジすることが生きがいになっているということです。
 以上3つの特徴を、私はこの国際化支援アドバイザーの仕事において最大限活かしたいと思っております。

担当国のアドバイス体制

 中小機構では、皆様からのご相談案件それぞれに、国際化支援シニアアドバイザー1名が担当窓口として責任を持って対応致します。
 そして、必要に応じて弁護士・会計士・社会保険労務士・中小企業診断士など各分野のエキスパート265名以上が国内登録のアドバイザーとして、また、各国の事情に詳しい現地在住のアドバイザー165名以上(29か国)が海外登録アドバイザーとして、皆様の国際化支援を支える体制をとっています。
 また、企業のご担当者が現地に出張される際には、事前の手配により、現地アドバイザーがご相談に応じることも可能です。

 

企業へのひとこと

 上述の通り、私は中小企業数社に勤務し、その会社のインサイダーとして海外進出前の準備段階、拠点設立、既存の拠点の経営や合理化を経験しており、中小企業の皆様のお気持ちや悩みを十分承知しているつもりですので、皆様が抱いておられるご希望や悩みを率直に話していただき、最適な戦略や解決策を見出すお手伝いができればと思っております。
 なお、私は数年前から大学院に在籍して人的資源管理の研究もしておりますし、人材紹介のキャリアコンサルタントの仕事経験もありますので、御社の国際化支援にあたっては、そのような方面でもお役に立てれば幸いに存じます。