山田 渉

山田 渉(やまだ わたる)

 

  • 担当国・地域
    中国、香港
  • 所属
    本部(東京)

 

山田 渉

自己紹介

1973年から約37年間総合商社で勤務、中国(北京・上海)を中心に、シンガポール、香港、台湾の中国文化圏に合計12年間駐在・研修の経験があります。この間、プラント・建設機械から履物・化粧品まで各種商品を担当しました。国内勤務中は市場戦略の策定や海外店の管理を業務とする管理部門が長く、上記中国関連市場以外に韓国、インド、ロシア、豪州なども担当しました。特に中国では外資卸合弁が認可される前から、上海の最大流通グループとの合弁による卸会社設立の市場調査から経営計画の作成、設立手続き等の実務を行いました。2001年同合弁卸会社設立後は現地経営幹部の一人として経営・管理全般に携わったと同時に、中国国内取引を中心に中国製品の輸出等を推進。この間、上海地域の政府機関や官民企業との人脈を築きました。

 

企業へのひとこと

中国経済は10年ほど前までの二桁成長は既に望めませんが、ここ10年ほどは7%以上の成長を維持しています。これからも世界第二の経済大国として、それなりの発展を継続すると見られています。最近の中国の変化によって、日本の中小企業の中国に対する戦略は変わって来ました。周りの雰囲気で我も我もと資本投資する形態は減少しましたが、「世界の市場」として、日本製品の高度技術、安全性、デザイン等は大いに中国を魅了するものであり、輸出は勿論、技術移転や委託生産など、リスクを低減した形態での取り組みは、工夫次第で大いにビジネスチャンスがあります。インバウンドビジネスや越境EC、香港やアセアン諸国との連携案件等、ポイントさえ掴めば理解しにくい市場では決してありません。少しでも中小企業の皆様のお役に立てるような具体的なアドバイスを心掛けて行きたいと思っています。