制度の特徴

制度の特徴

高度化事業に係る制度には、次のような特徴があります。


(1)政策性の高い制度
組合などによる 集団化、共同化、協業化などの事業や第三セクターなどが中小企業者を支援する事業など、政策性の高いものを対象としています。


(2)貸付条件の優遇
貸付条件は、長期・低利の固定利率とな っており優遇されています。また、特別の法律に基づく事業などは無利子となっています。
貸付期間は、20年以内です。


(3)コンサルティングの実施
貸付けを行うにあたっては、事前に事業計画について専門的な立場から適切なアドバイスが行われます。そのため、過大な投資などが避けられるだけでなく、他の成功事例を踏まえた助言が受けられ、事業の円滑な実施が可能となります。
また、診断助言は貸付後も随時行われます。


(4)都道府県が窓口
高度化資金は、一般的に都道府県が貸付けの窓口となっており 、都道府県と当機構が協調して貸付けを行います。


(5)各種税制の特例措置
人口30万人以上の市等で高度化事業により取得した工場、店舗、倉庫等で行う事業については、事業所税が非課税となるなど、税制面で優遇措置が用意されています。