国際中小企業会議(ISBC)

国際中小企業会議(ISBC)

国際中小企業会議(ISBC)

 世界各国の中小企業経営者、政策担当者、研究者等が一堂に会し、意見交換、ディスカッション、研究成果の発表などを通して「中小企業の声」を世界に発信しています。また、各国中小企業関係者の連携と相互理解を深める場として、中小企業の発展に貢献しています。

国際中小企業会議(ISBC)とは

ISBC(International Small Business Congress)は、1973年に日米の中小企業関係者により、環太平洋地域の中小企業に関する研究や団体交流のための会合の必要性から設けられた会議です。
第1回のISBC会議は、1974年11月にハワイ・ホノルルで「汎太平洋中小企業会議」として16ヶ国、120名の参加を得て、開催されました。
この第一回目の会議の成功をきっかけに、この会議を環太平洋地域のみではなく、世界的なものにするべきだと言う意見が多く寄せられ、現在の国際的な会議へと発展しました。
政府・学会・中小企業団体・中小企業関係機関・中小企業者が中小企業に関する意見交換、研究成果の発表や討論を通じて世界の中小企業の発展に寄与することを目的として、毎年一回世界各国で開催されており、日本でも過去3回、東京(2回)と名古屋で開催されています。

 

ISBC写真

国際事務局 (Honorary Secretary)

国際会議事務局は、米国中小企業庁(SBA)から、全米独立企業連盟(NFIB)を経て、第23回のアテネ会議以降、独立行政法人中小企業基盤整備機構に設置されておりました。
2011年6月からは、カナダの独立企業連盟(CFIB)が国際事務局となっています。

 

国際事務局は以下の業務を行なっています。
(1)加盟を希望する国との窓口・調整
(2)会議主催国等との調整
(3)各委員会の開催・検討事項の調整 等

運営委員会 (Steering Committee)

国際中小企業会議には、本会議の次回以降開催国、運営方針等を決定する意思決定機関として運営委員会が設置されており、現在アジア、欧州、米州等の代表によって構成されています。
独立行政法人中小企業基盤整備機構も運営委員会の委員に就任しています。

ISBC写真

日本中小企業国際協議会

日本においては、ISBCの窓口機関として日本中小企業国際協議会が組織されており、政府関係の中小企業関係機関、中小企業調査研究機関の全国組織、中小企業関係団体の全国組織等により構成されています。
日本中小企業国際協議会事務局は、現在、独立行政法人中小企業基盤整備機構が担っており、毎年開催されるISBCへの日本からの参加にあたっては、日本中小企業国際協議会事務局がミッション団を構成し、参加しております。

 

ISBCスキーム図

その他国際機関へのリンク

お問い合わせ先

事務局:日本中小企業国際協議会事務局
(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 国際交流センター 内)
Tel:03-5470-1603
FAX:03-5470-1602