支援者をサポート >  地域支援機関等サポート事業 >  認定支援機関向け経営改善・事業再生研修テキスト等の公開

認定支援機関向け経営改善・事業再生研修テキスト等の公開

認定支援機関向け経営改善・事業再生研修のテキストを公開いたします。
テキストにはテーマごとに問題が設定されています。テキストをダウンロードして問題に挑戦し、末尾に掲載している解答で確認ください。
テキスト等の著作権は当機構に帰属し、その改変、営利目的での使用を禁じます。

実践力向上編

  経営改善・事業再生計画の実践的な作り込みのケーススタディを通して応用力を身に付け、高めることを目的としております。ケーススタディの事例それぞれについて経営改善計画書または事業再生計画書、解答事例集(計画作成の手引き書)を掲載しております。ご活用ください。

 

○講義テキスト

―ケースワーク―

1 「事業再生計画書」の策定支援(A社の事例)
   設問1 会社概要の把握(29〜48ページ)
   設問2 窮境原因と経営課題の把握(53〜60ページ)
   設問3 アクションプランの策定 (65〜78ページ)
   設問4 計数計画の策定(87〜94ページ)
   設問5 経営者のコミットメント(113〜116ページ)

2 「経営改善計画書」の策定支援(B社の事例)
   設問6 経営課題の把握(123〜140ページ)
   設問7 アクションプランの策定(147〜150ページ)
   設問8 店舗別採算分析 (153〜156ページ)

3 取引金融機関の合意形成(C社の事例)
   設問9 バンクミーティングの開催(161〜168ページ)
   設問10 合意形成のプロセス(177〜180ページ)

 

4 モニタリングの実践
   設問11 アクションプラン(C社の事例)(189〜192ページ)
   設問12 経営管理体制の整備(D社の事例)(197〜202ページ)

5 金融支援の手法の選択と判断1(E社の事例)
   設問13 合実計画の要件(209〜216ページ)
   設問14 合実計画の要件を満たさない場合の対応(223〜226ページ)

6 金融支援の手法の選択と判断2(F社の事例)
   設問15 暫定リスケの利用(233〜240ページ)
   設問16 計画が達成できなかった場合の対応(243〜246ページ)

7 確認テスト
   設問17 暫定リスケの利用(251〜257ページ)

 

○設問解答

Copyright © 2014年 独立行政法人中小企業基盤整備機構 All Rights Reserved

 

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

 

お問い合わせ先

経営支援部 支援機関サポート課
   電話:03−5470−1581   FAX:03-5470-1526