東京校内検索

特長

  • 長年のノウハウを活かした教材
    国の中小企業施策実施機関として豊富な中小企業の支援ケースを使った実践的な演習教材や、コンサルタントとしての業務範囲を網羅したオリジナルテキストなど、中小企業支援の長い歴史で蓄積された情報を活かした教材を使用します。
  • 中小企業を熟知した講師陣
    コンサルティングの現場で活躍する中小企業診断士をはじめ中小企業支援を熟知した講師陣が演習・実習を指導することで、現場の生きた知識や経験を学び取っていただきます。
  • 卒業後の身分
    養成課程修了後は、中小企業庁へ申請することにより、経済産業大臣が登録する中小企業診断士になることができます。
  • 充実した研修環境
    校内は緑に囲まれ、図書館、パソコン教室、食堂、寮などの施設があります。 
    施設のご案内

修得水準の審査

中小企業診断士養成課程の修了までに、2度の修得度チェックを行います。

「経営診断1.」は企業診断実習(2実習)において、中小企業診断士となるのに必要な学識の応用能力の修得を審査します。
「経営診断2.」は企業診断(3実習)および筆記審査を含む面接審査において、中小企業診断士となるのに必要な実務能力の修得を審査します。

徹底して頭と技量を磨くプログラム

約6か月間の養成期間では、ただ座って講義を聞くというスタイルではありません。演習も実習も議論を中心としたワークショップスタイルで進められます。当校が長年にわたって蓄積してきた事例に基づく演習でも、実際の企業経営の現場での実習でも、経験豊富なインストラクターの指導のもと、同じ受講生同士が徹底して議論に加わるグループディスカッションにより、切磋琢磨しながら鍛え上げられていくプログラムです。
このプログラムを通して、現場感覚に根ざした的確な支援施策の活用を考慮に入れた助言ができる中小企業診断士の養成を目指します。

養成課程トピックス

演習と実習によるプログラム構成

330時間以上行われる演習は、実際の中小企業の支援ケースを基にしたグループワークによる徹底分析と討議を経て、具体的な支援につながる思考力を養っていきます。
修了までの中小企業に対する5回の実習では、8名程度の実習班に分かれ、実際の中小企業の経営現場を舞台に徹底した現地調査や経営者ヒアリングから、問題点の把握、課題の追求、解決策の立案、報告書の作成まで中小企業診断士と同じ手順、同じ作業を経験していきます。
このプロセスでは、分析力、問題形成力、論理的思考力、PCを使った報告書作成力、プレゼンテーションスキルなどを身につけていきます。

養成すべき能力と意識

お問い合わせ

独立行政法人中小企業基盤整備機構
中小企業大学校東京校 支援研修課
Tel: 042-565-1273
Fax: 042-590-2686