東京校内検索

No.21
管理者のリーダーシップ強化講座

キャンセル待ち
研修日程
2018年8月21日(火曜)
~2018年8月23日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
35名
対象
管理者, 新任管理者
・自身が目指すリーダー像を整理したい方
・部下との接し方を学びたい方
・チームを活性化させたい方
場所
東京校

研修のねらい

経営環境が不確実性を増す中で、組織目標を達成するためには、自身と部下・部下同士の信頼関係を構築し、指示・支援によりチーム・部下を育成しながら高い成果を上げていくことが求められています。
本研修では、管理者に求められるリーダーシップの知識・スキルを理解し、効果的に発揮する方法について、演習を交えて学びます。

研修の特長

  • 管理者に求められるリーダーシップを学びます。
  • 「職場の目標達成」を実現するリーダーシップの発揮の仕方を習得します。
  • 理想とするリーダー像の実現に向けた行動計画を作成して、実践につなげます。

カリキュラム

8月21日(火曜)

9時20分~9時40分
オリエンテーション

9時40分~17時40分
(昼休 12時20分~13時20分)
リーダーの役割とリーダーシップ
内容:

管理者と非管理者の役割の違いを理解し、メンバーの自発性を引き出すために求められる管理者の役割や能力、心構えを学ぶとともに、業務への取り組み方、他者との接し方の点検(棚卸、自己分析)を行います。 

  • 自己の棚卸

 —自己理解・他者理解—
 —管理者としての日常の言動を再認識する—

  • 管理者の役割、管理の機能

 —管理者の意識・役割、管理の基本とは—
 —合意形成手法の理解—

  • リーダーシップとは何か

 —理想のリーダー像とリーダーシップの要素—


8月22日(水曜)

9時20分~17時20分
(昼休 12時20分~13時20分)
組織の力を引き出すリーダーシップ
内容:
リーダーシップを効果的に発揮していくためのコミュニケーションの取り方(コミュニケーション力、調整力等)や、部下を動機付けるための効果的なアプローチ手法(コーチング等)を解説するとともに、演習を通じてこれらスキルの定着を図ります。
 
  • コミュニケーションの基本
 —部下後輩に関して知っていること—
 —傾聴とは—
 
  • 部下の意欲・能力を引き出す考え方と手法
 —動機づけのメカニズムを理解する—
 —自発性を促すコーチング—
 —メンタルヘルスマネジメント—

8月23日(木曜)

9時20分~17時20分
(昼休 12時20分~13時20分)
職場で活かす 自己行動計画の作成(演習)
内容:
ここまでの学習内容を振り返り、職場の活性化に向けて今後どのように取り組んでいくのか、目標設定、行動計画を作成します。
  • 自己概念の再発見
  • 組織活性化に向けて自分らしいリーダーを考える

16時50分~17時00分
修了証書の授与

講師プロフィール

高崎 宏史

高崎 宏史
(たかさき ひろふみ)
株式会社人事工学研究所 代表取締役社長

昭和35年生まれ。早稲田大学卒業。食品メーカーで勤務後、(株)人事工学研究所に入社。企画営業部長として勤務する傍ら、研修講師としての活動にも積極的に取り組み、中小企業大学校各校での講師実績も多数。行動科学等のマネジメント研修のフィールドに加え、日本産業カウンセラー協会認定のシニアカウンセラーの資格を持ち、既存の研修スタイルに捉われない新たな視点からのアプローチ(カウンセリング分野からの情報提供、各種診断、クライアントの治療法をベースにした演習等)で高い評価を得ている。現在はコンサルタント専任になり、更なる活躍の場を広げている。キャリアカウンセラー、TAトレーナー。

関連研修情報

備考

  • 研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2,000円程度)を開催する予定です。
  • カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。 

お問い合わせ

中小企業大学校 東京校企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685
Mail: to-kenshu@smrj.go.jp