東京校内検索

No.15
部下指導の考え方・進め方

受付終了
研修日程
2018年4月18日(水曜)
2018年4月19日(木曜)
2018年5月23日(水曜)
2018年5月24日(木曜)
研修期間(時間)
全4日(26時間)
受講料
35,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
・部下・後輩の指導に悩んでいる方
・教える技術を身につけたい方
・初めて部下をもった管理者の方
場所
東京校

研修のねらい

働き方の多様化に加え、若手社員の主体性やコミュニケーション能力の不足が指摘されている中、管理者には部下を理解し、コミュニケーションを十分に図りながら、適切な手法で指導していくことが求められています。
本研修では、部下指導の基本的な考え方を学んだ上で、現場で活用できる手法と計画的な部下育成の取り組み方について、演習を交えて学びます。またインターバルを活用して、現場での部下指導で学んだ内容の実践に取り組みます。

研修の特長

  • 部下指導の基本となるコミュニケーションやリーダーシップも併せて学べます。
  • 演習による実践の繰り返しによって、現場で活きる部下指導の手法を身につけられます。
  • 職場に戻って実践するインターバル課題が、より深い「学び」になります。
※インターバル期間に「現場での部下指導の実践」の宿題があります。

カリキュラム

4月18日(水曜)

9時20分~9時40分
オリエンテーション

9時40分~15時40分
(昼休 12時20分~13時20分)
部下指導の考え方と進め方
内容:  部下がパフォーマンスを最大限発揮できるようにするために、上司として部下指導に臨む際の考え方や姿勢、具体的な指導の進め方について、事例を交えて学びます。
 
  • 部下の成長と上司の影響・役割
  • 自身のコミュニケーションの強み・弱みの把握

15時40分~17時40分
部下指導の実践的な手法(演習)
内容:  効果的な部下指導を行うために、部下の習熟度に合わせた接し方や指導の仕方を学びます。
 
  • 部下の習熟度に合わせた接し方と指導
     —ティーチングとコーチングの使い分け—
  • やる気を起こすメカニズム

4月19日(木曜)

9時20分~12時20分
部下指導の実践的な手法(演習)
内容:  同上

13時20分~17時20分
部下育成プランの作成(演習)
内容:  部下指導を計画的に取り組む際のポイントと計画の立て方を学び、自身の職場を想定した「部下育成プラン」の作成に取り組みます。
 
  • 適切な目標設定と部下への期待の明確化
  • 計画立案のロジックツリーの作り方
  • 上司や周囲の協力の必要性
  • 教える技術25の鉄則(セルフチェック)

インターバル課題「現場での部下指導の実践」
内容:  作成した「部下育成プラン」を基に、学んだ手法を活かして職場で部下指導に取り組みます。

5月23日(水曜)

9時20分~14時20分
(昼休 12時20分~13時20分)
現場実践の振り返り
内容:  インターバルでの実践結果を振り返り、課題の整理を行います。
 
  • 教える技術25の鉄則(セルフチェック)
  • 実践結果の振り返り —中間レビューと修正—

14時20分~16時20分
部下指導のブラッシュアップ
内容:  インターバルでの実践結果の振り返りを踏まえて、「教え方」や「計画」の見直しを行い、ブラッシュアップを図ります。
 
  • 「部下育成プラン」のブラッシュアップ
  • “今までの自分”と“なりたい自分”(演習)
  • ストレスコントロール力を身につける

5月24日(木曜)

9時20分~16時20分
(昼休 12時20分~13時20分)
部下指導のブラッシュアップ
内容: 同上

16時20分~16時30分
修了証書の授与

講師プロフィール

塚田 治

塚田 治
(つかだ おさむ)
ハル・コンサルティンググループ有限会社 代表取締役

1953年生まれ。日本大学法学部卒業。(株)リクルートフロムエー営業部門長等を経て、1997年ハル・コンサルティンググループ創設。組織活性化のためのコンサルティングをはじめ、人事システムの再構築や管理職研修で活躍。中小企業診断士。一般社団法人社会基礎力検定協会理事長。
主な著書に「エゴグラムが教える—最良のリーダー—こうすれば人間関係は劇的に変わる」などがある。

受講者の声

  • コミュニケーションが大事なことはわかっていたが、自分がいかに出来ていないかをグループの話し合いで気づかされた。
  • 演習を通じて、今の自分に足りないものが見えてきた。
  • 講義がとても参考になった。職場に戻って実践する事で初めて身についたかどうかだと思うので、努力したい。

関連研修情報

備考

  • 研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2,000円程度)を開催する予定です。
  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。 

お問い合わせ

中小企業大学校 東京校企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685
Mail: to-kenshu@smrj.go.jp