東京校内検索

No.43
トップセミナー(2)リーダーの決断力とビジョン(虎ノ門)

受付終了
研修日程
2018年3月5日(月曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
35名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
場所
中小機構本部9階会議室(東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル9階)

研修のねらい

 変化の激しい現代のビジネス環境にあっても、外部環境に関係なく結果を出している企業があります。こうした企業のリーダー(経営者)の特徴として、「決断力」を身につけている点が挙げられます。マネジメントに求められるのは判断力、リーダーシップに求められるのは「決断力」と言われますが、リーダーには確かな「決断力」が求められます。
 この研修では、前半の時間で、歴史上のリーダーの決断事例から決断力の重要性を学び、後半の時間で、決断力を支える大局観と軸(ビジョン)について学びます。最後に、リーダーからビジョンが積極的に発信されるようになると、決断の軸が社員と共有されるため、一体感のある組織運営(経営)が実現できるようになることを学びます。

研修の特長

・身近なケースである「歴史上のリーダーの決断事例」から、決断力を考えます。
・決断には大局観と軸が必要であり、ビジョンが軸になることを学びます。
・リーダーになったばかりの方、社内(チーム)の一体感を高めたいリーダーにオススメの研修です。

カリキュラム

3月5日(月曜)

9時20分~9時40分
オリエンテーション

講師: 担当職員


9時40分~12時40分
歴史上のリーダーに学ぶ決断力

講師: 加来 耕三 歴史家・作家

内容: 歴史上のリーダーの決断事例から、決断力の重要性を学びます。

13時40分~16時10分
決断力を支える大局観と軸(ビジョン)

講師: 日沖 健 日沖コンサルティング事務所 代表 中小企業診断士

内容: 決断には事象を俯瞰する大局観と、決定の軸が必要となります。特に、リーダーが大事にしている信念・価値観が軸=ビジョンになることを、グループディスカッションを交えながら学びます。

16時10分~16時40分
ビジョンの発信による組織運営の一体化

講師: 日沖 健 日沖コンサルティング事務所 代表 中小企業診断士

内容: リーダーからビジョンが積極的に発信されるようになると、決断の軸が社員と共有されるため、一体感のある組織運営(経営)が実現できるようになることを学びます。

16時40分~16時50分
修了証書授与

講師: 担当職員


講師プロフィール

加来 耕三
(かく こうぞう)
歴史家・作家

1958年10月、大阪市内に生まれる。1981年3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、1984年3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も多い。著書に『日本史は「嫉妬」でほぼ説明がつく』(方丈社)、『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断 歴史に学ぶ、ビジネス社会の教訓集』(つちや書店)ほか多数。

日沖 健
(ひおき たけし)
日沖コンサルティング事務所 代表 中小企業診断士

1965年、愛知県に生まれる。1988年3月、慶應義塾大学商学部を卒業。日本石油(現・JX)に入社し、大阪支店、社長室、財務部、シンガポール現地法人、IR室に勤務。1998年、Arthur D.Little School of Management修了、MBA with Distinction.
2002年、日沖コンサルティング事務所を開業。企業ビジョン、経営戦略、コーポレート・ファイナンスなどを中心に、コンサルティング、研修・セミナー、研究・調査など幅広く活動している。著書に『ケースで学ぶ 経営戦略の実践』(産業能率大学出版部)、『歴史でわかる リーダーの器』(産業能率大学出版部)ほか。

備考

◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。
◆本研修の実施場所は、中小機構本部9階会議室(東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル9階)になります。場所をお間違いにならないようご確認ください。なお、お問い合わせは、下記の中小企業大学校東京校(東大和市)にてお受けいたします。

お問い合わせ

中小企業大学校東京校企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685
Mail: to-kenshu@smrj.go.jp