瀬戸校内検索

No.22
トップセミナー(瀬戸校)

受付中
研修日程
2018年11月15日(木曜)
~2018年11月16日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(9時間)
受講料
19,000円
定員
35名
対象
経営者, 経営幹部
場所
瀬戸校

研修のねらい

女性や高齢者、外国人といった人材の活用と聞くと、深刻化する人手不足対策や代替労働力を連想される場合が多いかもしれません。
しかし、世の中には、こういった多様な人材を戦略的に活用することで、企業にプラス効果を生み出し、業績を伸ばしている企業も存在します。
また、多様な働き方を模索し導入することで、従業員の定着化を図り、安定的な成長を実現している企業も存在します。
このセミナーでは、多様な人材や働き方を積極的かつ前向きに取り入れることによって企業を強くしていく経営について考察します

研修の特長

  1. 多様な人材活用や働き方がもたらすプラス効果を実感するともに、実際の導入に伴う注意点を学べます。
  2. 多くの事例や実際に取り組んでいる経営者の声を聞くことによって、自社に導入する際の具体的ヒントが得られます。

カリキュラム

11月15日(木曜)

12時40分~
開講式・ オリエンテーション

13時00分~14時00分
多様な人材活用・働き方の現状、効果、注意点、事例等

講師: 株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役 原 正紀


14時00分~15時30分
多様な人材活用・働き方に取り組む企業の紹介

講師: 株式会社光機械製作所 代表取締役社長 西岡 慶子
丸善運輸倉庫株式会社 代表取締役社長 森藤 啓治郎

内容:

多様な人材活用・働き方を実践して成果を出している企業経営者による講演(企業事例案)

  • 女性を積極的に活用し新展開を実現しているものづくり中小企業
  • 外国人、高齢者、障がい者を採用することで組織を活性化させ成果をあげている中小企業
  • 従業員のライフサイクルに応じた働き方を提供し業績をあげる中小企業等

15時30分~16時00分
招聘企業とのパネルディスカッション

講師: <パネリスト> 株式会社光機械製作所 代表取締役社長 西岡 慶子
<パネリスト>丸善運輸倉庫株式会社 代表取締役社長 森藤 啓治郎
<コーディネータ> 株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役 原 正紀

内容:

事例企業を迎え、設定課題に拠る参加者全員による討論


16時00分~17時30分
グループ討議・発表

講師: 株式会社光機械製作所 代表取締役社長 西岡 慶子
丸善運輸倉庫株式会社 代表取締役社長 森藤 啓治郎
株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役 原 正紀


17時30分~19時00分
教養講座

講師: “瀬戸雲上寄席” 落語家 雷門 幸福


11月16日(金曜)

9時30分~10時00分
社員が“入る”、”定着する“のは「社風」次第

講師: 株式会社V字経営研究所 代表取締役 酒井 英之

内容:

入社、定着と“社風”に大きな関係があることについての講演


10時00分~11時00分
社員が自分の会社と仕事を誇りに思える会社の作り方

講師: 株式会社河合電器製作所 代表取締役社長 佐久 真一

内容:

社員が自らの会社と仕事に誇りを持ち、そうした社員と共に成長を図る取り組みを続ける企業経営者による講演


11時00分~11時30分
招聘企業へのインタビュー

講師: 株式会社河合電器製作所 代表取締役社長 佐久 真一
株式会社V字経営研究所 代表取締役 酒井 英之 


11時30分~12時30分
グループ討議・発表

講師: 株式会社河合電器製作所 代表取締役社長 佐久 真一
株式会社V字経営研究所 代表取締役 酒井 英之

内容:

講義に基づき、自社がやれること、やろうと考えることについて討議・発表


12時40分~12時50分
閉講式

講師プロフィール

原 正紀 
(はら まさのり)
株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役

早稲田大学卒業後、大手メーカーを経てリクルート入社。企業や官公庁、大学などとの活動後起業。
採用・定着・育成・人事制度構築などについて多数の企業の成長を支える。人財支援に係る官公庁や教育機関など公的な活動に対する協力も活発に展開。
 

西岡 慶子
(にしおか けいこ)
株式会社光機械製作所 代表取締役社長

閉鎖的なものづくりの現場に、性別などに捉われない実力重視の公平性を採り入れることで、ものづくりの力と社内の活性化を同時に高め続ける革新的経営者。 

森藤 啓治郎
(もりど けいじろう)
丸善運輸倉庫株式会社 代表取締役社長

年齢・障がい・性別など分け隔てなく、社員が職場を人生の誇りと感じ、社員の家族も会社のファンにしてしまうウェットな“浪花節経営”を実践する経営者。 

酒井 英之
(さかい ひでゆき)
株式会社V字経営研究所 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、大手家電メーカーに入社。営業部時代、同社を情報機器メーカーに飛躍させる一翼を担う。この経験を活かし戦略コンサルタントに転身。三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社にて経営戦略部長兼プリンシパルを務め、2014年より現職。 

佐久 真一
(さく しんいち)
株式会社河合電器製作所 代表取締役社長

社内を「お互いさま」の意識で満たし、老若男女隔てなく感情の共有で社員の自立思考を活性化させる
「手放すリーダーシップ」の実践経営者

 

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
Mail: se-kenshu@smrj.go.jp