瀬戸校内検索

No.29
トラブルを未然に防ぐための法務・労務対策

受付終了
研修日程
2018年2月19日(月曜)
~2018年2月21日(水曜)
研修期間(時間)
全3日間(21時間)
受講料
31,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
場所
瀬戸校

研修のねらい

これだけは知っておきたい! リスクマネジメントの勘所

企業活動を行っていく上では、契約違反や債権回収、クレーム対応等の様々な法的トラブルが生じます。また、雇用や賃金、労働時間等に関する労務管理上のトラブルも生じてきます。
この研修では、中小企業が直面しやすい様々な法務・労務のトラブルを未然に防ぐための基礎知識や、影響を最小限に抑えるための方策を理解するとともに、組織への浸透方法について学んでいただきます。

研修の特長

・経営者や経営幹部、管理者が知っておくべき法務・労務の基礎知識を具体的な事例をもとに学びます。
・企業活動における法務・労務トラブルを未然に防ぐ方法や、影響を最小限に抑えるための方策について学びます。
・より強固な企業体質を構築すべく、自社の法務・労務リスクを洗い出し、その予防・対応策や組織への浸透方法について検討します。

カリキュラム

2月19日(月曜)

9時20分~9時40分
開講式・オリエンテーション

9時40分~12時40分
中小企業を取巻く法的環境と企業法務の基本(講義・演習)

講師: 弁護士 西村 俊一


2月20日(火曜)

9時00分~12時30分
中小企業を取巻く法的環境と企業法務の基本(講義・演習)

講師: 弁護士 西村 俊一


13時30分~17時30分
労務管理の基本とトラブルの実際(講義・演習)

講師: 山田洋嗣法律事務所  弁護士 山田 洋嗣


2月21日(水曜)

9時00分~16時30分
労務管理の基本とトラブルの実際(講義・演習)

講師: 山田洋嗣法律事務所  弁護士 山田 洋嗣


16時40分~16時50分
閉講式

講師プロフィール

西村 俊一
(にしむら しゅんいち)
ウィル総合法律事務所 弁護士

昭和51年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業、グロービス経営大学院大学経営研究科修了。平成16年に弁護士登録、冨島・小川法律事務所に入所。商取引や労使間紛争、株主・債権者への対応、クレーム対応など、企業活動全般に係る幅広い事案を取り扱っている。また、交通事故やPL事故、労災事故など、各種事故後の損害賠償に関する交渉・訴訟に数多く対応している。平成30年にウィル総合法律事務所を開設。

山田 洋嗣
(やまだ ようじ)
山田洋嗣法律事務所 弁護士

  昭和50年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業。平成13年に弁護士登録、那須國宏法律事務所に入所。平成19年に山田洋嗣法律事務所を開設。企業側からの労働問題を中心に、独禁法・下請法対応、契約審査等の企業法務全般を主要に取り扱っている。愛知労働局紛争調整委員会委員、愛知県弁護士会常議員等を務めているほか、愛知県経営者協会や愛知県社会保険労務士会等での講演実績も豊富。

科目構成

中小企業を取り巻く法的環境と企業法務の基本(講義・演習)
最近の企業法務の動向を踏まえ、中小企業が事業活動を行う際に直面しやすい法務トラブルとその 予防策について、事例を交えながら学びます。 
・中小企業を取り巻く法的環境
・企業経営におけるコンプライアンスの重要性
・企業法務の基礎知識と留意点
(契約書、債権管理・回収、クレーム対応、情報管理、権利侵害、製品事故 等)
・自社の法務リスクの洗い出しと予防策、体制構築の検討【演習】

労務管理の基本とトラブルの実際(講義・演習)
労務トラブルが増加傾向にあるなか、実際の事例や判例を通じて労務管理に係る基礎知識を理解するとともに、その予防策や体制構築のあり方を学びます。
・労務管理の重要性と今日的課題
・事例から学ぶ労務管理の基本とトラブルの実際
(労働契約の基礎知識、各種ハラスメント対応、労働時間管理、労働契約の終了に関するトラブル対応 等)
・自社の労務リスクの洗い出しと予防策、体制構築の検討【演習】 

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3400
Fax: 0561-48-2224
Mail: se-kenshu@smrj.go.jp