瀬戸校内検索

No.27
成果を上げる仕事管理術

受付中
研修日程
2018年2月6日(火曜)
~2018年2月8日(木曜)
研修期間(時間)
全3日間(21時間)
受講料
31,000円
定員
35名
対象
管理者, 新任管理者
場所
瀬戸校

研修のねらい

目標達成のためのプロジェクトマネジメント

企業活動において、効率・効果性が求められる中、管理者はプロジェクトを計画的に実行し、目標達成するためのマネジメントする役割が、ますます重要になってきています。
この研修では、プロジェクトマネジメントに基づいたプロジェクト管理技術・知識、心得について、演習を交えながら学び、あらゆる局面で応用の利く仕事の効率・効果的な進め方と管理手法を身に付けていただきます。

研修の特長

・目標達成に向けた「プロジェクトマネジメント」の考え方と実践法が学べます。
・あらゆる局面で応用の利く仕事の段取り力の高め方が学べます。
・目標達成のための問題解決力の高め方が学べます。

カリキュラム

2月6日(火曜)

9時20分~9時40分
開講式・オリエンテーション

9時40分~17時40分
成果に直結する仕事の進め方

講師: 天S株式会社  代表取締役社長  浅見 淳一


2月7日(水曜)

9時00分~17時30分
プロジェクトマネジメントの基本と実践法 【グループ演習】

講師: 天S株式会社  代表取締役社長  浅見 淳一


2月8日(木曜)

9時00分~12時30分
プロジェクトマネジメントの基本と実践法 【グループ演習】

講師: 天S株式会社  代表取締役社長  浅見 淳一


13時30分~16時30分
実戦!プロジェクト展開の具体策【演習】

講師: 天S株式会社  代表取締役社長  浅見 淳一


16時40分~16時50分
閉講式

講師プロフィール

浅見 淳一
(あさみ じゅんいち)
天S株式会社 代表取締役社長

  富士ゼロックス株式会社、株式会社富士ゼロックス総合研究所に28年間勤務。国内大手企業の主管営業マネジャー、新規事業の立ち上げ、プロジェクトマネジメント・営業などの社内外の研修講師などのコンサルタント業務に従事後、独立。現在、プロジェクトマネジメントの講師・コンサルタント活動の他、研修のコンサルタント、営業研修の講師として活動。主な著書として、「プロジェクトマネジメント理論編」(総合法令出版)、「PM流法人営業の教科書」(総合法令出版)。

受講者の声

  • マーケティングの基本SWOT分析を通して知識だけでなく考える行動の大切さを学んだ。また、プロジェクトの進め方(例題・演習)の基本は参考になった。SWOT分析でのワークシート活用、とても良かった。知識だけで書いたことが無かった。
  • 座学で聞くだけでなく、理解しやすいようにワークシートでの実践、発表をする事で、頭に入りやすかったです。SWOT分析・STP戦略については自身の営業活動で実践したいと考えます。チーム内でのプロジェクト計画も体感できて良かったです。
  • 初日に作ったプロジェクトのWBS、WPをもとに役割分担や所要時間、スケジュール、クリティカルパスなど、これまで私の仕事の中でやった事のない内容を学ぶことができました。チーム内で協力しながらの実践だったので、難しい内容でしたが、ある程度理解できました。講義のスピード、休憩のタイミングがゆとりがあり良いです。
  • 私に業務としてクライアントからの特注品の企画~納品までを段どる業務がありますが、時々現状の進捗があいまいになり、ストップしてしまうことがあります。この業務をプロジェクト化して、可視化することでスムーズに進められそうです。カスタマイズして実践していきます。

科目構成

成果に直結する仕事の進め方
経営環境分析などにより、仕事の課題を明確化した上で、目標を見据えたプロジェクトの立て方や進め方など、チームづくりの勘所をふまえて学びます。
・経営環境の変化に対応する仕事の基本
・5C分析による課題明確化と問題解決法
・目標達成に向けたプロジェクト・チームづくりの進め方

プロジェクトマネジメントの基本と実践法【グループ演習】
「目的の明確化」、「環境変化と制約条件」、「時間と成果」をキーにしてプロジェクトの手順・業務プロセスの設定について学ぶとともに、作業リストや工程表作成などマネジメントの勘所をグループ演習交えて学びます。
・プロジェクトの目的明確化と業務プロセスの設定方法
・時間管理に役立つ作業リスト化と工程表作成方法
・成果を上げるためのプロジェクト管理と評価

実践!プロジェクト展開の具体策 【演習】

これまで学んだことを振り返り、職場においてプロジェクトを遂行していくために必要な進捗管理の方法や問題解決法をふまえ、自社展開のための実行計画の作成を行います。
・プロジェクトの進捗に応じた問題解決手法
・自社・自身の新プロジェクトの提案書作成・発表
 

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3400
Fax: 0561-48-2224
Mail: se-kenshu@smrj.go.jp