瀬戸校内検索

No.16
実践で学ぶ 5Sと目で見る管理

受付終了
研修日程
2017年10月2日(月曜)
2017年10月3日(火曜)
2017年11月1日(水曜)
2017年11月2日(木曜)
研修期間(時間)
全4日(27時間)
受講料
38,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
場所
瀬戸校

研修のねらい

ムダ取り実践!生産性を高める現場改善の実践法

製造現場に多く存在する、すぐには必要とされない材料や工具、さらに仕掛品が、逆に作業を妨げ、ムダを生み、企業利益を圧迫することがあります。本研修では製造現場でのムリ・ムダ・ムラを発見し、整理・整頓・清掃・清潔・躾(5S)と見える化を実現する手順を学び、自社の現場改善と改善活動定着手法を習得します。

研修の特長

・5Sの視点で職場の問題点を把握する方法が学べます。 
・目で見る管理でムリ・ムダ・ムラの発見の仕方が学べます。 
・自社の現状にあった実践的な現場改善を実施し、改善活動を定着させる推進計画を策定します。 

カリキュラム

10月2日(月曜)

9時20分~9時40分
開講式・オリエンテーション

9時40分~12時40分
現場改善の基本的考え方と簡単に使える手法

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役  高垣 俊壽


13時40分~17時40分
「5S」と「目で見る管理」の考え方・進め方(講義と事例研究)

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役  高垣 俊壽


10月3日(火曜)

9時00分~15時00分
(昼休 12時00分~13時00分)
「5S」と「目で見る管理」の考え方・進め方(講義と事例研究)

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役  高垣 俊壽


15時00分~17時30分
自社現場の課題発見

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役 高垣 俊壽、アワノ経営企画 代表 粟野 英明、 株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部 木島 知也


11月1日(水曜)

9時30分~17時00分
自社課題研究(インターバル期間の成果検証と改善推進計画表の作成)

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役 高垣 俊壽、アワノ経営企画 代表 粟野 英明、 株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部 木島 知也


11月2日(木曜)

9時00分~16時00分
自社課題研究(インターバル期間の成果検証と改善推進計画表の作成)

講師: 有限会社高垣経営技術 代表取締役 高垣 俊壽、アワノ経営企画 代表 粟野 英明、 株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部 木島 知也


16時10分~16時20分
閉講式

講師プロフィール

粟野 英明
(あわの ひであき)
アワノ経営企画 代表

 1947年生まれ。岐阜経済大学経済学科卒。中小企業診断士。(株)東海理化電機製作所入社。品質管理、購買管理、協力工場の改善指導等を担当。2003年アワノ経営企画を創業、独立。ISO9001、ISO14001システムの構築及び運用支援、生産管理等の企業支援、企業診断、改善等で活躍中

高垣 俊壽
(たかがき としひさ)
有限会社高垣経営技術 代表取締役

  1950年生まれ。名古屋大学工学部卒。中小企業診断士、技術士。凸版印刷(株)入社。品質管理・生産管理部門での多様な経験を活かし、1993年から経営コンサルタント業務を始める。現在、(有)高垣経営技術 代表取締役。専門分野は工場管理(生産管理、品質管理、原価管理、IE等による改善)、製品及び技術開発など数多くの企業に対して多岐にわたるコンサルティング活動を展開中。

木島 知也
(きじま ともなり)
株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部

  産業能率大学経営情報学部卒。中小企業診断士。日本電話施設(株)入社。システム開発部門で電話、銀行関係などの基幹業務システム開発に従事。2002年名南経営コンサルティング入社。経営計画立案や5S・QCなどの現場改善活動の支援を得意分野とする。近年は金融機関等の依頼により、業績不振企業の再建にも携わる。

受講者の声

  • 今まで何となく知っていた程度でしたが、研修に参加してより理解を深めることができました。
  • 5Sについて多くを学べたので自社に持ち帰り、早速取組みを始めます。
  • 具体的にスケジュールを設定し計画を策定したので、やるべきことが明確になり頭の中の整理ができました。
  • 自分で考えた対策に加えて、別の視点から見た対策のアドバイスもあり、大変参考になりました。

科目構成


現場改善の基本と簡単に使える手法
生産現場を取り巻く外部環境から生産現場に求められる要求事項を知り、現場改善の重要性や実際の事例に基づく品質・原価・納期管理における現場改善のあり方・進め方のポイントについて、簡単に使える手法を交えながら学んでいただきます。

「5S」と「目で見る管理」の考え方・進め方(講義と事例研究)
現場改善の基本である「5S」と「目で見る管理」の考え方・進め方について、問題点の発見や実践方法等、多くの改善事例を交えながらわかりやすく具体的に学んでいただきます。

自社現場の課題発見
改善したい職場の写真を持参していただき、これまでの講義を踏まえて後期までに行っていただく作業内容やその進め方を説明し、インターバル期間の課題を明確にします。

【インターバル期間】
今までに学んだ手法を活用し、自社の生産現場で改善活動に取り組んでいただきます。また、前期の講義中に作成したワークシートに基づいて、改善テーマに関連する現状調査を行っていただきます。

自社課題研究 (インターバル期間の成果検証と改善推進計画表の作成)
インターバル期間中に収集した自社の資料や写真等を用いて「自社の改善テーマ」を検討し、現場改善を進めるために必要な改善テーマ、目標、実施手順、役割分担、スケジュール等を「改善推進計画表」として作成していただきます。作成した「改善推進計画表」は、自社に持ち帰り実践に役立てていただきます。  

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3400
Fax: 0561-48-2224
Mail: se-kenshu@smrj.go.jp