瀬戸校内検索

受講者の声(2019年度)

19-04「チームマネジメント力強化講座」

2019年5月28日~5月30日

内容

5月28日から5月30日の3日間、チームのメンバーが相互に認め合い、高い業績目標を達成するために必要なチームの作り方を学び、自社のチームで実践するための行動計画を作成することを目的として、原裕二講師による「チームマネジメント力強化講座」の研修を実施しました。
3日間を通して、グループ編成で、講義と演習を交えながらの進行でした。初日は、チームを活性化させる管理者の役割について、目隠しをしたメンバーをリーダーが目的地まで誘導するゲームなどを通して体感し、2日目はチーム活動の結果を左右する要因と成功のポイント、マネジメントの段取りなどについて紙箱つくりの演習などを通して理解しました。最終日は、自律性を高めるためのグループ討議や、部下指導のスキルについてロールプレイを実施し、最後に、各自個人ワークにて「チームマネジメントのための行動計画」を作成して、研修を終了しました。

19-04「チームマネジメント力強化講座」

受講者の声(アンケートより)
  • 体を動かして実践したり、色々な視点で研修受講できました。他律、他責というワードはこれまで使った事が無く、一つ幅が広がりました。
  • 映像による具体例と、2日目の実作業における気付きや振り返りの出来る内容が、今後の仕事へ生かせそうに感じ、とても良い体験となりました。
  • 演習ワークで伝達の甘さや報連相の徹底、指示、役割分担の難しさと大事さを痛感しました。自律型人材育成を念頭におき、日々の業務に活かしたいと思います。
  • 強いチームとは「同じ目標に向かって1人ひとりが自走可能な状態」といつも会社でそこを目標にしていましたが、改めて「自律型人材」の話を聞き、私が目指していたのはこれだ!と思いました。他律、他責は自分の中にもあり、育ててしまっているかもしれない事も知れ良かったです。実践型の研修で夢中になれ楽しみながら学べました。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

19-03「リーダーシップ強化講座」

2019年5月21日~5月23日

内容

5月21日から5月23日の3日間、管理者に求められるリーダーシップの知識・スキルを理解し、効果的に発揮する方法について、演習を交えて学ぶ研修を実施しました。
リーダーシップのあり方については、スポーツでの多くの実例を紹介され、脳の特性から説き起こして説明され、3日間を通して、資料の説明は最小限にとどめ、受講生に考えさせ、記述させ、グループ内でシェアするという進め方が中心でした。最終日は、「ワールド・カフェ」という手法により、メンバーを適宜変えながら、グループ討議を行い、最後に、各人がどんなリーダーになりたいか、そのために今後何をするかをまとめ、研修を終了しました。

19-03「リーダーシップ強化講座」

受講者の声(アンケートより)
  • グループいちがんになって一つの事をやることでグループの雰囲気も上がっていいなと思える講義でよかったです。
  • マイナスイメージをプラスに代える手段が参考になった。脳のメカニズムが知れて勉強になった。
  • 3日間の講義大変参考になりました。ありがとうございました。過去、リーダシップをあつかった研修の中では異色であり、それがとても自分に合いました。自分をみつめ直せた3日間だったと思います。明日からは新しい自分を見つけ頑張っていきます。部下だけでなく、子育てにも活用します。
  • 自分自身に使命感を持って「できるんだ!」という強いアイデンティティで物事を進めていけば、これからの自分の人生においてもきっと明るい未来が築けると確信しました。3日間非常に楽しく有意義な時間を与えてもらえたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

19-34「会社を強くする2S活用術」

2019年5月14日~5月16日

内容

5月14日から5月16日の3日間、単なる職場の美化活動ではなく、ムダを省いて利益を生み出すための2S(=整理・整頓)について、基本的な考え方から自社で活用出来る実践方法までを身につけることを目的として、松井順一講師による「会社を強くする2S活用術」の研修を実施しました。
1日目は、講義とレゴブロックの組み立て作業を通じて、品質と効率の改善について気づきを得、2日目は、チェックシートを使用して自社の現状について問題点を認識し、ケーススタディを通して改善の着眼点を考え、後ろ向きなメンバーに対し、意識を高めるためのロールプレイも実施しました。3日目に、自社の2S実行計画を作成する作業を行い、研修を終了しました。

19-34「会社を強くする2S活用術」

受講者の声(アンケートより)
  • 2Sの考え方そのものが根本的に変わった。レゴブロックを使用しての講義は新鮮味があり、理解度・重要性への意識が高まった。
  • 2Sを深く掘り下げる事で、2Sに対して考え方がかわった。自社に内容を持ち帰り、原因を見つける事によって今までと違う見方があると思う。
  • 連関図法を用いての実践は、要因を突き止めていくのは非常に難しく、日頃からの鍛錬が重要なのだと改めて気付かされた。
  • 午後からの演習は長かったですが、とても参考になりました。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

19-02「原価管理講座」

2019年4月24日~4月26日

内容

4月24日から4月26日の3日間、自社のコストダウン活動を改善し、利益を向上させるための実践力を高めることを目的として、大塚泰雄、添田英敬の2講師による「原価管理講座」の研修を実施しました。
初日の「原価管理」、「コストダウンの進め方」についての講義の後、2日目から、3日目の午前中まで、レゴブロックを使用した「IE改善の演習」を行い、3日目の午後、材料費、加工費のコストダウンの目のつけどころ、各部門で管理すべきロスについて講義があり、研修を終了しました。

19-02「原価管理講座」

受講者の声(アンケートより)
  • 基本的な考え方から気付きを得られる事もあった。定量化してなければ、そもそも改善活動は困難。見える化を実行しなければならないと強く感じた。
  • これまで独学で取りくんできた内容であったため、専門の方から指導を頂き、今後の業務に受講内容が反映できそうな感じがした。
  • 今までの原価意識に違う角度が見えるようになった。
  • 机の上だけでなく、演習を行うと実際の仕事に置きかえるイメージがしやすかった。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

19-01「新任管理者研修(4月)」

2019年4月17日~4月19日

内容

4月17日から4月19日の3日間、波多野卓司講師による「新任管理者研修(4月)」の研修を実施しました。
初日は、座学でマネジメントの基本と管理者としての姿勢を学んだ後、ペアを組成したり、グループを組成して車座になったりしながら、自分の原点を確認し、価値観を整理する手法を、対話や議論を繰り返しながら学びました。2日目は「持ち味(自分流)棚卸しシート」を使用して、自分の持ち味を整理したり、カウンセリングとコーチングの手法を学び、コーチングの実習を行いました。最終日は、受講者の課題ごとにグループ分けを行い、グループごとに課題解決に向けた対策を作成して、その成果を、寸劇を交えて発表しました。最後に各自「リーダーシップ実行シート」を作成し、グループ内でシェアをして研修を終了しました。

19-01「新任管理者研修(4月)」

受講者の声(アンケートより)
  • 上司とはどういう存在なのか、部下とどのように関わっていったらいいのかがわかり、とても参考になりました。グループワーク:あなたのことが知りたいは、他の会社の人とのコミュニケーションにも役に立ちとても楽しかったです。
  • 「訊く」「聴く」「認知」、認知をしていなかった自分がいたのですが、認知される事がとても気持ちよく、これからは相手を認知していくコミュニケーションをしていこうと思います。相手を知ることの大切さが分かりました。
  • カウンセリングとコーチングの意味合いと重要性がよく分かり、すぐに実践したいと思いました。今後も、まずは部下が気軽に相談が出来る環境作りを進めたいと思います。
  • グループミーティング→発表と言う形で笑いが有り、楽しく学ばせて頂きました。問題点を皆で考え、一語一句書き出す事、全員参加で行っていくスタイルがとても参考になりました。現状、社内では発言したらつっこまれて発言しなければ良かったなど思う事が多々有ります。皆と話し合う時に取り入れたいと思いました。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。