仙台校内検索

No.29
管理者のための問題発見・解決法

受付中
研修日程
2019年2月19日(火曜)
~2019年2月22日(金曜)
研修期間(時間)
全4日(26時間)
受講料
35,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
場所
仙台校

研修のねらい

管理者は業績目標の達成のために、日々の業務において直面する様々な問題に対して適切に判断を下し、チームをまとめ迅速な解決・対応にあたる能力が求められている。さらに変化の激しい経営環境下では発生する問題の質・量ともに複雑さを増すとともに、より正確・迅速な対応が必要となります。
本研修では、こうした問題に正しく対応するため、各種の思考法により、問題の本質を見極め、解決策を導き出す道筋を身につけていただき、管理者の行う業務の効率化に資するとともに職場での実践につなげることを目的とします。

このような方におすすめ!!
・問題発見・解決の基本パターンを理解し、正しい問題の捉え方を身に付けたい方
・PDCAの効果的なまわし方を理解し、その習慣化を図りたい方

研修の特長

  1. 変化に対応する新しい管理者の条件
  2. 問題の本質を見極める
  3. 問題解決までのプロセスを理解する(演習)
  4. 職場の問題解決策の検討(演習)

カリキュラム

2月19日(火曜)

9時30分~12時30分
1.変化に対応する新しい管理者の条件
内容: これからの時代に求められる管理者像を明らかにする。(リーダーシップ論の変遷、主要なリーダーシップ論に基づく解説)

13時30分~16時30分
2.問題の本質を見極める
内容: 問題とは何か、理解とともに発見から解決までの一連のプロセスを学ぶ。
  • 問題とは(問題の本質)
  • 発見・解決のプロセスを流れで理解する
  • 問題発見の仕方
  • 事例に基づく解説を加えた後に、なぜなぜによる真因の求め方を個人ワーク演習で実施

2月20日(水曜)

9時30分~12時30分
2.問題の本質を見極める
内容: 問題とは何か、理解とともに発見から解決までの一連のプロセスを学ぶ。
  • 問題とは(問題の本質)
  • 発見・解決のプロセスを流れで理解する
  • 問題発見の仕方
  • 事例に基づく解説を加えた後に、なぜなぜによる真因の求め方を個人ワーク演習で実施

13時30分~17時30分
3.問題解決までのプロセスを理解する(演習)
内容: 各種思考法を用いた問題解決の実践的な進め方を事例で学ぶ。
  • 問題解決手法の理解
  • 情報収集と整理・分析
  • 問題の要因分析と仮説の検討・立証
  • 社内(組織)を巻き込むコミュニケーションスキル

2月21日(木曜)

9時30分~17時30分
(昼休1時間)
3.問題解決までのプロセスを理解する(演習)
内容: 各種思考法を用いた問題解決の実践的な進め方を事例で学ぶ。
  • 問題解決手法の理解
  • 情報収集と整理・分析
  • 問題の要因分析と仮説の検討・立証
  • 社内(組織)を巻き込むコミュニケーションスキル

2月22日(金曜)

9時00分~12時00分
3.問題解決までのプロセスを理解する(演習)
内容: 各種思考法を用いた問題解決の実践的な進め方を事例で学ぶ。
  • 問題解決手法の理解
  • 情報収集と整理・分析
  • 問題の要因分析と仮説の検討・立証
  • 社内(組織)を巻き込むコミュニケーションスキル

13時00分~16時00分
4.職場の問題解決策の検討(演習)
内容: 管理者自身のスキル向上から組織的な活動への橋渡しをする仕組みを理解し、自社(自部門)の問題解決策とその行動計画を検討します。 

講師プロフィール

新井 美砂
(あらい みさ)
アライビジネススクリード  代表

安田火災海上保険株式会社(現 損害保険ジャパン日本興亜株式会社)に入社しシステム開発に従事。米国でマーケティングを学び、油圧機器製造販売業や工業用接着剤製造販売業を営む外資系企業、およびITベンチャー企業にて、経営・マーケティング戦略立案、新事業部の立ち上げに従事する。
平成19年、中小企業診断士の資格を取得後、開業。マーケティングを軸にしたコンサルティング、および研修・セミナーなどの関連業務を行い、現在に至る。中小企業診断士、1級販売士、PMC。

備考

昼食休憩は各日1時間です。
※カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
Mail: sen-kenshu@smrj.go.jp